お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エイリアン:スカイコマンド

G
  • 字幕

ヤツら(地球外生命体)は遂に、地球(ここ)にやって来た

20XX年、北米大陸に飛来した3つの隕石から巨大生物が出現した。猛スピードで空を飛び、エネルギー波で地上を焼き尽くす3体の怪獣。アメリカは瞬く間に、全滅の危機を迎える。捕捉不可能な怪物に、従来の兵器では手も足も出ない。唯一の希望は、特殊ヘルメットを装着し脳波で戦闘機を操る“ニューロ・ジェット・システム”だった。システム開発者のエマが率いるのは、身体に障害を持つ異色のパイロット・チーム。大空の戦いを征し、生き残るのは人類か?エイリアンか?

詳細情報

原題
ALIEN CONVERGENCE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2017-10-20 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

エイリアン:スカイコマンドの評価・レビュー

1.8
観た人
41
観たい人
12
  • 2.3

    inogeさん2021/07/09 23:05

    アサイラムにしてはストーリーはかなり頑張ってると思う、ハラハラはしないけど楽しめました。
    ただCGはアサイラムクオリティでした、ツッコミ所満載です。
    登場人物のイシロウが気になる、イチローからヒント得たのかな?日本には居ないような名前で笑える。

  • 1.0

    つよさん2021/06/17 21:46

    宇宙人襲来。
    脳波で操縦するハイテク戦闘機で戦う。
    色分けはヒーローモノみたい。
    変なTVゲームみたいな映像。
    イシロウってまた変な日本の名前。でも変換で猪四郎と出てきて調べたら、1954年『ゴジラ』の監督が本多猪四郎。

  • 2.2

    MAHさん2021/03/10 17:01

    ジャケットださ〜い!
    戦闘機ものかと思って見らんやろ…

    ヒロインのキャロラインイヴァリがとても綺麗

    それ以外はB級
    危機なはずなのに言い合いばかり
    なんかアメリカの危機なのに小さいコミュニティで起きてるみたいに描くなぁ
    頭で飛ばす戦闘機、それはそれでブットんでる
    闘うの正味5分じゃないか?
    アサイラム製作なのかw

  • 2.0

    toshimoviesさん2021/01/30 13:26

    宇宙から飛来した3体の怪獣に攻撃され、壊滅の危機に瀕した地球。人類に残された唯一の希望は脳戦闘機だった…。地球外生命体と最新鋭戦闘機の戦いを描くアサイラム・SFアクション。
    危機感も緊迫感も伝わらない。正直、駄作。
    カリフォルニア州クレストライン・ガイラ天文台。脳波で戦闘機を操る"ニューロ・ジェット・システム"。国防高等研究計画局(DARPA)。国内62%停電。3つの隕石。高速飛行生物。閉所恐怖症。"ラーガ"。モンスター・ゼロ作戦。ブーツを冷蔵庫に。冷凍ミサイル。三身合体。「親父を驚かせたな」

  • −−

    J四郎さん2020/12/06 13:00

    えっとですね。説明しますとアサイラムの映画なんです。
    それだけで全てが分かりますよね?
    タイトルもリドリー・スコット的な何かをパクっている気もしますが俺の勘違いですよね?

    お空から三つの隕石が地球に降ってきて、そこからガオーッと怪獣が生まれます。そいつを軍のそこそこ美人なおねいさんの開発した脳波コントロール戦闘機でやっつけるぞーって話です。それだけです。
    ツバラヤ・イシロウなんてリスペクトしてんだかおちょくってるんだか微妙なネーミングの登場人物までいます。

    この映画、CGのチープさはいつもの事なんですがアサイラムもんとしてはまだマシな方かも知れません。設定もストーリーもベタですがもうちょい資金力があれば面白くなりそうですから。怪獣たちも落ちた施設によって異なる特殊スキルを得ているのも盛り上がります。もちろんそれを活かしていませんがね。

    アサイラムブランドは品行方正な映画ファンが手を出してはいけない代物なんですが、今作もクソ真面目に観ると貴重な人生の時間をもっていかれます。
    おねいさん(ちょっと美人)がある出来事に感情的になって「怪物なんか死んじゃえ!」と常人には考えつかない捨て台詞を吐くんですが。その字幕を観て飲んでたコーヒーを吹き出しそうになりました。

  • 1.1

    ママンさん2020/08/25 20:51

    ムービープラスにて録画鑑賞👀

    もうdisるのも可哀想だけど、映画バイオハザードの車椅子の博士いたやん?あれの真似すんのやめろよ❗️って思ったのだけは残しておくww

    冷蔵庫の中のブーツのネタとか疲れた🌀

  • 1.0

    みぃすけさん2020/08/17 01:56

    ムービープラスで放送してたから見たんだけど、アサイラム臭しかしないから調べたら、やっぱりアサイラムwww

    ということで察してくださいw

  • 1.0

    ぽちさん2020/05/05 00:51

    数分に一回襲ってくるツッコミ所と、破綻した設定・ストーリーの中で大根演技をドヤ顔で演じる役者。チープなCGとテンポの悪い演出。
    アサイラムの魅力を凝縮したような今作は観かたを知っていればかなり楽しめる作品。

    オーバーな表現ではなく本当に数分に一回「おいおい・・・」と脱力出来る。
    昔流行ったおバカ映画「スカイハイ」などのギャグの連発よりよっぽど笑えてエネルギッシュ。

    そしてそれを狙っているのではなく天然だと言うところに魅力がある。

    キャロラインがかなりの美人でお約束のタンクトップ巨乳。アサイラム専属の役者としての今後に期待できそう。

    アサイラム作品につっ込むのは無粋と言うものだが、あまりに見事なボケなのでこれだけは・・・・
    「お前が乗るんかい!!」
    脳波で遠隔操作でしょ?なんで乗るの。

    ま、とにかくアサイラム魂を感じられる楽しい作品。
    合言葉は「つっ込んだら負け」だ!!

  • 1.5

    マサさん2020/04/25 16:16

    アサイラム案件。脳波で操る戦闘機が隕石のごとく地球にやってきた宇宙生物に挑む!イシロウやチームはどうでも良くて親子だけでおいしい所を持っていく!時間の関係で三匹の怪物が合体するところなどはかなりの力技!CGはいつもの感じなので期待をしてはならぬ!

  • −−

    人間食べ食べカエルさん2017/11/12 12:25

    宇宙怪獣が地球に襲来!従来の兵器では全く歯が立たない最強の怪獣どもに、身体に障害を持つパイロット達がチームを組んで、脳波で操縦する最新鋭のバトル戦闘機を駆使して戦いを挑む!という超面白そうな内容ですが、アサイラム製なので限界怪獣が暴れる限界映画となっています。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す