お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

プロジェクト・ゼロ

G
  • 字幕

恐怖の粛清――該当者、殲滅(ZERO:ゼロ)計画

麻薬中毒者の数が年々増加するのを受け、麻薬撲滅運動の一環として進められている、ある実験があった。それは自殺を促す薬“ベイビー・ブルー”を使用した中毒者の一掃を謀る極秘計画だった。麻薬市場にばら撒かれたベイビー・ブルーは、知らずに服用した者を次々に死へと追いやり、ベネットもその犠牲となってしまう。ジェスは、ベネットが命を断つ光景を目の当たりにした事により、残された友人達と共に麻薬から足を洗う事を決める。しかしその決意とは裏腹にバグズは顔なじみのディーラーからサービスとしてベイビー・ブルーを渡されるのだった…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

プロジェクト・ゼロの評価・レビュー

2
観た人
92
観たい人
29
  • 2.5

    真っ黒こげ太郎さん2020/07/06 01:03

    「本作品には暴力的な表現やグロテスクなシーンが含まれます」

    警告文が復活した!!!!!www
    このブレまくりな感じも流石のトランスワールドアソシエイツ!w




    麻薬中毒者が若者を中心に広まりつつあるアメリカ(多分)。
    麻薬撲滅の為に政府の科学者によって開発された新型麻薬「ベイビー・ブルー」。
    ベイビー・ブルーは吸った人間を自殺衝動に駆られさせ自殺させるというヤベェ薬で、この薬を世間に拡散して麻薬中毒者を根絶やしにするという大変クレイジーな計画が進行していた。

    しかし、ベイビー・ブルーは自殺願望だけでは殺人願望と狂人化も増殖させる大変デンジャラスな薬だったのだ!!!

    更にそのベイビー・ブルーがアホなヤク中毒の若者達の手に渡った!!
    若者達はベイビー・ブルーを吸った奴が目の前で自殺した事をきっかけに、ヤク断ちの為に農場のオンボロ館にお泊りすることになるが、若者の一人が「ヤク断ちの最後の一服」と称してベイビー・ブルーを持ち込んでいた!!!
    そして案の定、ベイビー・ブルーを吸った若者が狂暴化!!!!
    更に屋敷のドアが壊れ脱出不能になったりして屋敷内は地獄と化す!!!

    一方、ヤクを生み出した議員は証拠隠滅の為に売りさばいたベイビー・ブルーを手に入れた若者達を捜していた。




    麻薬中毒の若者グループが、殺人衝動を誘発する麻薬を吸ったことから惨劇へと発展してゆくパニック・ホラー。

    ジャケットはアウトブレイク物っぽい感じですが、実際は狂暴化する麻薬を吸った若者達が狂暴化してゆく狂人ホラー映画の一種でした。
    そもそも舞台がボロ小屋だからジャケットみたいな場面は出ません。w

    んでもって今作、「ジュラシックシャーク」をリリースした超Z級映画配給所のトランスワールドアソシエイツ配給なので、作品単体の出来としては正直微妙です。w

    登場人物はヤクとセッ○クスと悪ふざけしか頭にないという、ホラー映画で物凄いよくあるタイプの連中。
    オマケに麻薬中毒な所為で真っ当な思考はできないし、やたらと言い争いしてるわで全く完全移入できん。
    こんな連中だから死んでも悲壮感の欠片もありません。
    多分麻薬で死ななくても覆面の殺人鬼に成敗されてるんじゃないかな。w

    そんな魅力のない登場人物の死を盛り上げるためか、殺害描写は結構な血みどろスプラッター。
    (まぁ実を言うとそれ目的でレンタルしたんだが。w)
    ただ、冒頭の自傷シーンや胴体真っ二つからの内臓デロリンチョな場面は中々悪くないが、それ以外は血糊で誤魔化したり、そもそもCGの血しぶきをやたら使ってたり、スプラッター映画としてはそこまで目新しさがないのも難点。
    ホラー演出もドッキリシーンを入れたりしてるが、これが全く上手くない。
    ラストシーンはドッキリのつもりだったんだろうけど、脅かし方が下手すぎてそこまで驚かんかったぞ。

    クライマックス、最初に麻薬で狂暴化した奴が「デモンズ」っぽくなったり、科学者が生き残りの若者を殺そうとする「ナイトオブ・ザ・リビングデッド」オマージュなシーンもあったりするけど、元ネタに比べると月とすっぽんレベル。

    そんなこんなで、この手の狂人ホラーとしてはあんまり出来は良くありません。
    正直ネタ要素になる「処刑軍団ザップ」やプリズンブレイク要素のある「ゾンビ・ホスピタル」の方が、まだ見どころはあるんじゃないのかね。w


    幸い、この手の若者がひどい目に合うホラー物としてはベタながら話はまとまってるし、登場人物の書き分けはそこそこに出来ている。
    それなりに展開は工夫してるし、スプラッター的見せ場もある、クライマックスの逃走劇もそこそこに見入ったりするので、褒める様な内容ではないがそこまで悲惨な出来ではないと思う。


    トランスワールドアソシエイツ配給作品としてはマシな部類だし、見どころもちょこちょこあるので、ギリギリ暇つぶしにはなる…のだろうか。
    まぁしょぼくて出来もアレなんで、オススメはしないんだけどね。

  • 2.0

    STAR坊主さん2020/04/21 18:21

    薬物中毒者に新しい薬物を与えて
    自殺や殺人を促させる。
    ゾンビ映画のようなスプラッター

    ちょっと普通すぎて
    目的もなんだかわからん

  • 2.0

    みゅーさん2020/04/10 19:04

    テレワークのお供⑧

    今日はスコア低い映画を観る日になってしまった。
    この映画は麻薬中毒者を0にするためとある薬で自殺させちゃおう、なお話。

    出てくる人のみんな頭おかしい感じが笑えてくる。
    そして普通にグロい。
    最初の方でいきなり腕切り始めるスケール大きいリスカは普通に痛そうで「痛い痛い!」って感じでした。

    みんなの狂乱具合を楽しむ映画。
    ただ、テレワークには適してない。

  • 3.0

    なりかけゾンビさん2020/04/08 07:07

    ヤク漬けパーティーから血まみれパーティーへ


    麻薬中毒者撲滅のために生まれた薬は、自殺を促すというもの。ただし中には自殺しないで錯乱して周りの人間を襲う者も、、、

    錯乱したヤツが壁をかじって歯が欠けるシーンが一番痛々しかった

  • 1.0

    鍋レモンさん2019/11/25 16:29

    ⚪概要とあらすじ
    薬の副作用により凶悪なサイコキラーへと変貌した者が引き起こす惨劇! とめどない殺意と、生存への執念が激しく衝突する衝撃の実験スリラー。

    麻薬中毒者の数が年々増加するのを受け、麻薬撲滅運動の一環として進められている、ある実験があった。それは自殺を促す薬“ベイビー・ブルー”を使用した中毒者の一掃を謀る極秘計画だった。麻薬市場にばら撒かれたベイビー・ブルーは、知らずに服用した者を次々に死へと追いやり、ベネットもその犠牲となってしまう。ジェスは、ベネットが命を断つ光景を目の当たりにした事により、残された友人達と共に麻薬から足を洗う事を決めるが、その頃ベイビー・ブルーを服用した者の中から他人への異常な殺戮衝動に駆られる者が現れ始め...。

    ⚪感想
    「彼女は最高に輝く女だったのに!」

    いやこれはジャケット詐欺すぎる!!更生施設のように見えるのに実際はただの叔父さんの家だった。
    R-15なだけあってグロいんだけど嫌なグロさ。自分の腹を切ったりこっちまで痛みを感じるやつ。低予算だからチープな感じがまたグロテスク。

    ドラッグ中毒者に薬をやめさせたり更生させるより、やばい薬を渡して死んでもらった方が早いじゃんっていう映画なんだけど、実験段階で配っちゃうのダメだって。普通に殺人鬼と化した人たちいてどうして成功すると思うんだ。しかも実験なのに配られた人物全然把握してないじゃん。そこはちゃんとしてよ!!
    ツッコミどころだらけなんかこの映画は!!笑

    脚本ぐらぐらで冒頭からなぜそういう展開になったか割とはてな。急にみんなが足を洗う決意をしたことについていけない。
    前半まぁまぁ我慢できる感じからの後半のだらだら感とつまらなさ。しかも画面が暗くてよく分からない。

    やばい薬こと「ベイビー・ブルー」。名前はイカしてるけど服用した人達の狂い具合がやばい。もはやゾンビ。

    観ても得るものはなかったので時間を無駄にしただけかもしれない。

    ちょいエロなので勇気がある方はどうぞ!!

    ⚪鑑賞
    ⚫GYAO!で鑑賞(字幕)。

  • −−

    yuuukさん2019/11/24 13:03

    麻薬中毒者撲滅キャンペーンを企てた議員の名の元に片っ端から消されるとも知らず実験に参加した中毒者が脱出を図る

  • 2.4

    takanoひねもすのたりさん2019/05/23 22:39

    登場人物ほとんど薬物中毒です。
    まともなのがひとりもいないwww

    最近出回っていた薬、実は薬物中毒者の自殺を促す薬"ベイビーブルー"
    しかしこれは完成品ではなく一部の常用者は殺戮行動に出ることが分かり、密かに薬の回収が始まる。
    そんなおり、断薬最後の薬だぜーって郊外の家にしけ込む若者達。しかし薬には"ベイビーブルー"が混じっていた…というB級スリラー

    パッケージからは更生施設なんかでの実験みたい思ったんですが、全く出てきません。
    清々しきかなパッケージ詐欺。

    それぞれ薬キメて酩酊状態の中、ひとりだけ様子のおかしいヤツがいる。大丈夫かよ?と言ってるうちにどんどん行動がおかしくなり…うわー仲間を襲いおったーーー逃げろーーー!
    とやってるうちに仲間のひとりは自殺を図り…もうてんやわんやです。

    B級なのでフィルム、暗いし、汚い。
    けれど、それでもゴアはがんばってました。
    丸太もあったし、首ちょんぱもあった。
    フィルムのざらざら感が、ゴアの質感を少し持ち上げてます。
    ただ時々血がCGだったのがマイナス。
    死体のグロさもまあまあです。

    突っ込むのも野暮かなあって思うのですが、薬を配るなら、クラブとかのほうが効率いいんじゃないかな…道端にぽいってどうなの 笑

  • 1.7

    Jetさん2019/05/05 20:37

    薬について一切の説明なく、副作用についても説明も無し、只貧乏ヤク中が安い薬に手を出しておかしくなるだけ。よくわからん。

  • 2.0

    おしるこちゃんさん2019/05/01 12:33

    薬漬け系。

    麻薬中毒者が年々増加するので一掃しようと自殺したくなる麻薬をバラ撒き中毒者を殺しちゃおう!というお話。
    麻薬中毒者を麻薬で殺す意味がよくわかりませんが…自殺や殺しの描写がグロくて良かった!返り血がずーっと赤すぎてポスターカラーかな?と思いましたが、ポスターカラーもアリですよね。
    しかし話があんまおもんないので残念。
    後半からダレてくるのとよくわからないハンターみたいなオッさんが鉄砲でバンバン生き残りを始末する。
    最初っからそうしやがれ。

    しるこ記録【麻薬と自殺とポスターカラーと】

  • 1.5

    しずくさん2019/03/27 17:25

    思っていたのと違う展開になっていて
    グロかった。
    後味の悪い作品。
    とりあえずクスリには手を出すな!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す