お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

こころに剣士を

G
  • 字幕

ナチスとスターリンに翻弄されるエストニアを舞台に伝説のフェンシング選手と子供たちの絆を描く実話から生まれた感動作!

戦時中にドイツ軍にいたことから秘密警察に追われる身となったエンデルは、身を隠すためにこの町へ来たのだった。校長から運動クラブを開くように言われて、途方に暮れるエンデル。体育用具も軍に寄贈されてほとんど残っていない。レニングラードでは有名なフェンシングの選手だったエンデルが一人で剣を振っていると、マルタが「教えてください」と目を輝かせる。エンデルはフェンシング・クラブを開くことにするが・・・。

詳細情報

原題
The Fencer
作品公開日
2016-12-24
音声言語
エストニア語/ロシア語
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-12-24
制作年
2015
制作国
フィンランド/エストニア/ドイツ
対応端末
公開開始日
2017-12-01 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

こころに剣士をの評価・レビュー

3.7
観た人
899
観たい人
1891
  • 3.9

    kuuさん2021/11/17 12:14

    『こころに剣士を』
    原題Miekkailija.
    映倫区分G.
    製作年2015年。上映時間99分。
    製作国フィンランド・エストニア・ドイツ合作。

    ソ連占領下で人々が鬱屈した生活を強いられた1950年代初頭のエストニアを舞台に、勇気を持って逆境に立ち向かおうとするフェンシングの元スター選手と子どもたちの絆を、実話に基いて描いたヒューマンドラマ。
    監督はクラウス・ハロが務め、米アカデミー賞の外国語映画賞に向けたフィンランド代表作品に選ばれた。

    エリート・フェンサー(フェンシング選手のこと)でありコーチでもあるエンデル・ネリス(モルト・アバンディ)は、1950年代初頭、スターリンの秘密警察を避けてレニングラードを脱出する。
    18歳でナチスに徴兵され、ソ連侵攻後はナチスの制服を着ていた者はすべてシベリアに送られた。
    彼はエストニアの小さな村でスポーツ教師として無名であることを望んでいたが、秘密警察はどこにでも目を光らせていた。
    エンデルは恐怖の中で生活してて、村も同様で、男性のほとんどが二度と姿を現さないように闇に葬られている。
    このパラノイアの中で、彼は伝統的な学問であるフェンシングのクラスを始めるが、彼の過去を調査する当局からはその取り組みが反感を買う。
    一方、エンデルはロマンスを見つけ、子供たちは急速に成長し、やがてレニングラードでの試合に出場したいと懇願するようになる。
    エンデルは、この子たちを連れて行ったら二度と帰れないかもしれないと思っている。

    この物語の大きな強みは、撮影にあるかな。
    バレエのような優雅さとスピード、そしていつ、どこで攻撃するかを正確に把握することを基本とした芸術を身につけていく子供たちを、カメラはフェンシングの授業の最中に見ている、魅せてる。
    子供たちのコントロール意識の高まりは、スターリン体制下での生活におけるコントロールの欠如とは対照的やった。
    エンデルが父ちゃんのような存在になると同時に、失うものも大きくなり、かつてのコーチに再び逃亡するよう促されながらも、エンデルは子供たちと開花しつつあるロマンスに感情移入していく。
    エンデルが子供たちや恋人に接する様子をクローズアップしたいくつかのシーンは、時代の暴虐に抗う希望の詩的な描写となってた。
    物語には2つのクライマックスがあって、どっちも心温まる感動的なものとなってましたよ。
    村の子供たちは勇気を持って都会の学校と競い合い、フェンシングの試合自体も切ったり突いたりするエキサイティングな光景やったし、
    一方、エンデル自身のサバイバルは、スパイ・スリラーのような展開を見せる。
    彼は自分の道徳的な選択の結果を受け入れなければならないねんなぁ。
    控えめな演技、最小限の台詞、政治的緊張感と若者の希望のバランスが、この映画を感動的な教師というジャンルの最も明白な陳腐さから遠ざけるのに役立っている。
    エンデルのフェンシングスクールが現在も運営されていることからもわかるように、この作品はよく練られた感動的な物語であり、派手さはないがヒロイズムを描いている。
    これが実話の持つ静かな感動なんかなぁ。

  • 5.0

    mhさん2021/09/16 01:24

    レニングラードから逃げてきた男が主人公。
    偽名を使っていることや、エストニア(当時はソ連邦内)の田舎町なら素性がバレないみたいなことを匂わせつつ進行。
    なんで逃げてきたのかとかは、ミッドポイントでわかるようになってる。
    かわいい子役をキャスティングとか、ひとつのプロットに肩入れしないのとか、校長がイヤなヤツなんだけどそんなイヤじゃないとか、バランスが最新のエンタメ映画のそれで、めちゃくちゃここちいい。
    素人集団が初陣で優勝とかそれはどうかと思うけど、変なストレスかけられるくらいならこの方がよっぽどいいね!
    ラストは数年後。数年で済んでほんと良かった。
    そもそも小粒な映画なんだけど、ここまでの完成度があるとなんか芸術品みたいになるな。
    ほんと完璧、面白かった!

  • 4.0

    TAKAさん2021/09/09 23:18

    捕まるのをビクビクしながら生きてるってしんどいね。
    田舎の子供達、フェンシングやってる時とても楽しそうだった。

  • 4.1

    ichitaさん2021/09/08 15:00

    重く哀しい戦争の傷痕と運命。エストニアを舞台に過度な演出はなく静かに淡々と描かれる実話。
    背後に映り込むスターリンの肖像画がその時代の恐怖をこれまた静かに演出する。

    子供が苦手な主人公エンデルの心の変化がじんわりと暖かく、そして切なく。だからこそ中盤の決意が真っ直ぐ深く刺さる。

    邦題が良い。

  • 3.6

    ともぞうさん2021/08/09 11:08

    1950年代、ソ連に占領されていた
    エストニアのハーパサルで起きた実話をベース。

    彼のフェンシング部は
    今も存続している

  • 3.8

    JohnNYさん2021/08/08 22:57

    A 3.8
    エストニアの中学校にフェンシング部を作り子供を激励して大会へ参加するコーチ。彼は政府に追われており試合後逮捕される。ストーリーはよくあるスポーツ物語だが、エストニア、フェンシング、子供たちという素材を素朴にきれいにまとめている。旧ソ連地域にも多くの良い映画があるのだろう。ぜひ見せてほしいものだ。

  • 3.6

    はーにゃんさん2021/08/07 22:58

    ソ連の秘密警察から身を隠すべく他人となるべく関わらないようにしてた主人公がフェイシングを子供達に教えるようになってから徐々に心を開いていく過程が良かった。
    子供たちも戦争で父親を亡くしフェイシングを教えてくれる主人公に父性のような親しみを持つようになる。
    そして戦争で悲惨な思いをしたからこそ何かに夢中なれるスポーツが子供たちには必要だと感じた。
    戦後の話しだけど優しく温かい気持ちになれる映画。

  • 3.5

    ピクサートイストーリーさん2021/07/18 21:30

    実話ベース
    身を隠すために田舎の学校の教師になり
    フェンシングを通して生徒達と触れ合うが

    制限ある行動が求められ主人公だが
    子供達のために男らしい行動も

    これも戦争がもたらした後遺症

  • 4.0

    fwgjさん2021/06/11 01:22

    みんなが疑心暗鬼で相互監視社会の鬱々としたスターリン時代の実話。ストーリーは分かりやすく想像を裏切らない展開で感情移入しやすい。
    原題「The Fencer」
    エンデル先生が最後まで生徒たちに寄り添い、潔く連行される姿や解放されハーサプルに戻って皆としみじみと再会するラストシーンを観ると、先生は「侍」ですね。

  • 3.9

    safiさん2021/05/08 19:54

    実在したフェンシング選手のエピソードを映画化したという本作。
    予告見て一目惚れして鑑賞。

    ピアノの音楽が美しい全体的に静かな映画でありながら、試合のシーンはガッツリドラマチックに。

    小さな女の子の目力がすごかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました