お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ダンケルク

G
  • 吹替
  • 字幕

追い詰められた40万人―――史上最大の救出作戦。

クリストファー・ノーラン監督(『インターステラ―』『インセプション』「ダークナイト」3部作)が放つ、壮大なスペクタクル・アクション『ダンケルク』。出演はフィオン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、マーク・ライランス、トム・ハーディー。ダンケルクの海岸に追い詰められた何十万人もの英仏連合軍に敵の軍勢が迫りつつある状況の下、物語は陸・海・空を舞台に展開される。海峡上空ではイギリス空軍(RAF)のスピットファイアが敵機を迎え撃ち、地上の無防備な兵士たちを守るために空中戦を繰り広げる。そして海上では軍人ばかりか民間人も小型船に乗り込み、一人でも多くの味方の命を救うため、時間との戦いの中で危険をも顧みず、決死の救出作戦を決行する。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

ダンケルクの評価・レビュー

3.8
観た人
75758
観たい人
51867
  • −−

    かろさん2021/06/17 15:10

    とにかく逃げるべきところでは逃げる
    生き抜く時は何をしてでも生き抜く

    日本人視点で観るとこういうところが当時の日本の空気感との圧倒的違いだよな…と思う

    ノーラン監督作品の海とか空の色好き

  • 3.5

    chiさん2021/06/17 13:18

    ノーランの映画だから気になってたやっと見た!ノーランっぽくないって聞いてたけど、時系列とか雰囲気とかどこかノーランらしさが出てた!あとセリフ少なめだから目で見て戦争の恐ろしさを感じる系だなと思った、ウィンストンチャーチル見たのが最近だったからその続きの感じで見れて良かった。

    45/2021

  • 3.5

    林田直也さん2021/06/17 11:51

    陸海空それぞれのそれぞれではない物語
    理不尽だけど戦争ってそんなものなのか
    それでもみんな生きていく感

  • 3.4

    Giondesignさん2021/06/17 11:44

    ノーラン監督作品。これもIMAXシアターで鑑賞。
    戦場映画はIMAXとかで観ると臨場感が堪らなく好きです。
    陸海空の3視点で時空を扱い、3つの目線でダンケルク其の物を捉える。その中で戦争の意味を現代に生きる我々に問う監督の想いが良い。

    だから若き英国兵トミーが必死に生き抜く姿が良い。生命の貴重さを改めて示し出されている。大好きな映画「ショーシャンクの空に」で主人公アンディーが言う「Get busy living, or get busy dying.(必死に生きるか、必死に死ぬか)」のシーンを思い出させられた…。

    【映画の建築紹介】
    冒頭で英国兵トミーが命ガラガラに走っていた街中は、フランス北端港町ダンケルクの市街地そのままです。街並みのリアルを追究する監督の姿勢が観る人に伝わりますね。

    それと戦闘機スピットファイアーが格好いい!トム・ハーディーは航空兵に成りきる為に、撮影以外の時間帯も殆ど戦闘機コックピット室内に独り過ごしていたらしい。なるほど、ノーラン監督がキャスティングし続ける訳だ。

    以上、今日もご安全に!

  • 3.3

    ぱらぱっぱさん2021/06/17 11:40

    群像劇
    主人公はいないし、あそこにいた全員が主人公でもあると感じた
    事故で一般人殺した兵士はオイ…!!となったし、敵が描写として排除されていた故にこいつ実はスパイなのか…?等と考えてしまった

  • 4.2

    ponさん2021/06/17 10:54

    戦争ものは涙腺が崩壊するので避ける傾向にありましたが、この作品は違いました。
    史実に基づいた同じ場所で同じであろう自然のなかで、まるで自身が一兵士として存在するかのように、周囲に気を配り仲間を確認し全神経を研ぎ澄まし進む?撤退という後退、でもそれも生き残るための戦いに他ならない。

    陸・海・空での目まぐるしい官民一体の戦い方に、時空を飛んでいるようで、手に汗握ぎらずにはいられず、心拍数も高鳴り心も身体も緊張感の持久戦状態でした。

    音楽というか、色々な音の織り成す世界が音楽のようで、一層の高揚感と集中状態を保つ手助けとなりました。

    「何もしていない!生き残っただけ」
    「それで十分だ」

    言葉の重みが…沁みました。

  • 2.8

    Seriさん2021/06/17 10:50

    あんまりセリフなくて目で見て考えろ系

    水の中の音とか船内の鉄の響き方、
    危機迫るときにあえて無音になるとか
    集中途切れない

    唐突で断片的な場面が多くて
    時系列が複雑やからオチに行くまで不安定
    それを、ちょっと無理矢理拾って回収した感は拭えなかったけど色々考えさせられる

  • 3.6

    komorebiさん2021/06/17 07:45

    恥ずかしながら背景がわかってない為、まず起きている事の整理から始まり、時間軸の整理、登場人物の顔の見分けでほぼほぼ頭を使い果たした。


    同じ服着て、誰が誰なのか一緒にいる人たちもわかってない、わかるのは階級だけ。そんな状態で人は死んではいけない、と思った。

    一瞬の選択で生死が分かれる。自分で判断する者、誰かについていく者。そして排除する者、される者。そこにはほぼ運しかないような、運を選択してるような。

    状況を把握するのに大変だったから、もう一度観たいかなと思うけど、そこまででもないかな。

    多分あえて感情があまり描かれてないから、誰にも寄り添えない。傍観者のような見方になってしまうからか、もう十分な気もする。

  • 3.4

    CoffeeBeansさん2021/06/17 02:11

    台詞が少ない中での映像を際立たせた演出は良かった。
    けど、歴史的な救出を描いた作品とは言え、戦争なんだからもっと悲惨な感じで描いて欲しかった。

    個人的には、クリストファーノーラン特有の時間仕掛けも、本作品にはいらなかった気がする。

  • 3.9

    うさん2021/06/17 01:34

    圧巻。

    時間のお遊び楽しい。

    歴史詳しく知らないし、説明も極端に少ないけど構成と画面が面白いから100分間目が離せない。


    空中戦が特にすごくて、地球の上で戦ってる感じがする。



    2021 95

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す