お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヴァイキング・サーガ

G
  • 吹替
  • 字幕

中世ヨーロッパの暗黒時代、福音書を巡るヴァイキングとの死闘を鮮烈に描く

時は西暦793年。ノーサンブリア王国のホーリー島で、異教徒のノース人による修道院襲撃が勃発。何隻もの船が島に上陸するや否や、首長ハドラダの指示のもと、男たちは剣や斧を振るいながら、修道士たちに襲い掛かり、キリストの言葉が書かれ不思議な力を持つとされる福音書を手に入れるため、片っ端から殺戮を行っていった。しかし、福音書は既に、修道士ヘリワードの手によって運び出された後だった。ヘリワードは福音書を守るため、護衛のエゼルウルフと、道中に出会ったエアラと名乗る女性とともに、アイオナ修道院へ向かっていた。事態を知ったハドラダは、福音書を手に入れるためなら犠牲も厭わずヘリワードの後を追いかけるが、その行く手をエゼルウルフが阻むのだった…。

詳細情報

原題
A Viking Saga: The Darkest Day
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2018-02-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ヴァイキング・サーガの評価・レビュー

2.5
観た人
60
観たい人
23
  • 1.0

    blackmonkeyさん2021/09/24 17:21

    つまらな過ぎて最低映画更新
    暗い雰囲気なのは良いけど、終始何目指しているのか分からず、戦闘シーンも地味で見せ場がない。

  • 2.0

    Hirokingさん2021/04/14 17:17

    ヴァイキングを最近良く観るが、いまいちしっくりこない。
    ヴァイキングなのに、キリストの福音書⁉️
    難しくちんぷんかんぷんな作品でした😱💧

    2021年596本目

  • 1.5

    長谷川真也さん2021/01/30 06:36

    西暦793年を舞台にした作品。

    キリスト教の福音書ってのがとても大事で、それをヴァイキングに取られないように運びましょう!って話しで、知識的な問題なのかこのストーリーもイマイチピンとこないです。

    雰囲気が全体的に重いのですが、シリアルな気分になれるほどのドキュメント性もないですかね。
    戦闘シーンは可もなく不可もなし、途中で助けに来てくれた戦士も意外と強くなくてがっくし⤵︎

  • 3.5

    なーさん2020/12/01 00:05

    バイキングが略奪を繰り返していた700年代。ジャケットにいるような荒くれ者たちがどったんばったん大暴れ!

    ではない。

    王になるため、力を持つとされるキリストの福音書を狙うバイキングから、福音書を守るため逃げる修道士。その男を主人公として、宗教や祈り、救いといったテーマを描いている。
    全体的に地味な絵だが90分という時間で軸の通ったテーマをしっかり描いているため、作品としては悪くない。ヴィンランドサガの後半戦が好きな人なら、見て損は無いのでは?

    しかしジャケット詐欺にも程がある。いや、日本じゃこーいうの受けないのはわかるけどさぁ、詐欺だよホントこれ……w

  • 1.0

    ビッグマザーファッカーさん2020/11/30 23:30

    『神はお前を見捨ててはいない。目の前におられる』

    うん。ジャケ釣りだな。
    面白くない。いやモノはよかったよ。モノはいいけどジャケのせいで期待値上がっちゃってるからすごい期待外れ感が出ちゃう。 こーゆーのじゃないんよなぁ今観たいのは って思った。

    しかもジジィをレイプするという胸糞描写もあり。ヴァイキングの野蛮さを表現してますね。

    ちなみにこの作品に出てくる福音書。多分ケルズの書やと思うんだけど、本当にあるものなんですよ。非常に美しいですよ

    追記:ごめんケルズの書じゃなかったリンデスファーンの書やった。そのまんまやんリンデスファーンて

  • 2.0

    たなしょさん2020/11/08 20:04

    この映画は793年に起きた'リンディスファーン修道院襲撃事件'を題材とした映画となっております。

    内容は、修道士が持っている福音書を、ヴァイキングの人らが奪いに島にやってきたというストーリー。

    バチバチに戦うのかと思えば1人の修道士がヴァイキングから逃げならがも戦う特に戦闘シーンも過激ではありません。

    アクションシーンを期待してる人は期待しない方がいいかもです!

  • 2.7

    jyaveさん2019/04/05 19:07

    原題:
    A VIKING SAGA:THE DARKEST DAY
    日本劇場公開日:劇場未公開
    キャッチコピー:
    暗黙の時代に現れた勇者よ。
    世界を救え!

  • 3.2

    Jonayamaさん2018/05/11 23:08

    ジャケとタイトルが内容と噛み合ってない!
    ヴァイキングにスポットを当てた荒くれ者達の冒険活劇を期待すると盛大にずっこける暗く重く真面目な映画だった。

    ただ神に祈るだけでは民も平和も守れない。
    悪が迫り命を脅かそうとする時には剣を取って戦い、信仰と民衆を守らなければなければならないのだという強いメッセージが込められた映画で信仰するものがある人たちに限らず現代の自分たちにとっても身につまされる話だと感じた。

    北欧メタルのミュージックビデオに使われるような色味の落ち着いたトーンの画がとても印象的で美しくも寒々しい森や平原の描写はとても説得力がある。
    緊迫感はあるが比較的こじんまりとした物語でキャストも少なくおそらく低予算系の映画なのだろうが衣装やメイクも全然安っぽくなく、内容の正しい前知識さえ仕入れていれば決して駄作ではないと思う。

    ちょっと描写がショッキングなシーンもあるが強いメッセージ性と説得力のある描写は一見の価値はあると思う。
    フォークメタル好きも必見…かもしれない。

    大事なことなのでもう一度言うがジャケとタイトルは詐欺!これだけはお忘れなく(笑)
    …ただ原題も『ヴァキング・サーガ』なんだな。。副題の『THE DARKEST DAY』だけでいいのに。

  • 2.5

    ちひろさん2018/05/04 20:35

    パッケージから受ける印象と真逆の内容すぎてびっくりだよ
    邦題には納得できたけど…
    森の中をヴァイキングとウロウロしながらたくましくなる修道士の少年の話…😭

  • 2.0

    PANDADAさん2017/12/17 15:55

    793年にホーリー島に上陸し、「リンディスファーンの福音書」を狙うノース人のヴァイキング一党と、福音書を守る修道士一行のお話。

    ほぼ、史実。

    「オレたちゃヴァイキング!ヒャッハー!!」な感じのジャケットですが、中身は全然違います。

    全体的に色調を抑えた暗い映像で、話のほとんどは森の中です。
    話のスジも非常に真面目で、カケラもヒャッハーしてません。
    残念。

    登場人物も極端に少なく、低予算で作られたんだなぁという悲哀を感じ取れます。

    低予算なはずですが、聖書などの小物や鎧や剣などの装備は、かなり考証を重ねた末なんだろうと思われるくらい細かく良く出来てます。

    リアリティのある小道具達と奇をてらわないストーリー。
    もう少し予算があればもっと面白かったかも。

    当時の北欧神話圏vsキリスト教圏の争いを丁寧に描けていると思います。

    反面、ストーリー全体のスケールの小ささがなんとも残念。

    西欧時代劇モノとしてはそこそこの出来だとは思います。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す