お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

劇場版 屍囚獄 起ノ篇

G

殺戮と猟奇が蔓延る村。そして餌食は5人の女。

山奥の県境付近に位置する、人口わずか43人の八坂村。この廃村寸前の小さな集落へと通じる、唯一の道を走る一台のワゴン車。比良坂大学の教授・葦原とその助手・香坂、そして美琴たち4人の女子大生は、ゼミ合宿のためにこの村を訪れていた。到着するなり、美琴たちは村長の天野や村の男たちから熱烈な歓迎を受けるが、この一帯にはびこる違和感に不安を覚えていた。そう、この村には女が全くいなかったのだ。
葦原の真の目的は、この閉鎖的な村に起こっている現象を調査することだった。そして、村の協力を得る条件は、若い女性を連れて行くというものだった…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

ホラー邦画ランキング

劇場版 屍囚獄 起ノ篇の評価・レビュー

2.3
観た人
171
観たい人
62
  • 2.0

    ヤンさんさん2021/10/11 18:28

    何某かの呪いによって、男児しか産まれなくなってしまった村が舞台
    村には男性しかおらず、近隣あるいはうっかり立ち寄ってしまった女性を拉致・監禁し、斧で足をぶった切るなどして逃げられなくし、男連中総出で犯し孕ませることで血筋を絶やさずにいる村を、とある大学の郷土研究チームとして教授、女性助手、そして5人だか6人だかの女子学生が訪れる
    息子の嫁に、そして村の男連中の慰み者にするために俄かに活気づく魔の村から無事に逃げ出すことができるか!!!!!


    というお話なのに、セックスのひとつもないなんてありますか?ありませんよね?つまりクソです!!!!!!!1!!!1!!!!!
    学生の中でも主従関係のようなものを匂わせるふたりがいましたので、もしかして百合かと期待しましたがそれもありません、つまりクソです!!!!!!!1!!!1!!!!!

    研究や調査をしていたようにも見えないし、何をしにきたんだこいつら

  • 2.3

    kanekoneさん2021/09/15 23:17

    主演の片山萌美さん目当てで観たけど、全く目立たないのでがっかり。村の男たちのリビドーが爆発寸前の様子ばかりが印象に残る。いくらでも発散の仕方はありそうなものだけど。ようやく話が動き始めたところで終了。続きが少し楽しみではあるけど、退屈な作品。

  • 2.5

    アイリスさん2021/08/29 18:53

    しょっぱなのグロさに惹かれたけど、その後はB級
    B級なりに面白い映画だった
    映画を見るより漫画をお勧めいたします

  • 1.8

    ねこまんじゅうさん2021/08/22 18:48

    山奥の知られざる過疎村の文化を調べるため民俗学を研究している教授とゼミの女子大生が入り込んだその村には、なんととんでもない風習があった…みたいな展開。

    最近この手の、村や島に女の子たちがキャッキャと行ってみたら飢えた男たちの標的に、的なマンガ多いですよね。
    こちらもマンガ原作ということですが、なんかすごい既視感が。
    あとこういうのを実写化するときってかなり頑張らないとチープな作りだけが目立ってB級扱いされちゃうんですよね。

    そして本作。
    二部作品ということでものすごく中途半端なところで終わります。
    後編も視聴しましたが、まー時間が短かったことが一番でしたかねー。
    いちおう前後編合わせると2時間半ぐらいですが、前後編に分けたのは観る側としても途中休憩入れられて良かったですwww

    結論。転んで自分の武器が自分にぐさーっはショボすぎるオチなのでやっちゃダメ。

  • 3.0

    浅野公喜さん2021/06/23 02:39

    女子大生達がゼミ合宿でやってきた閉鎖的な集落にはとんでもない風習が有った的な漫画の実写化の前編にあたる作品。

    モエミ・カタヤマ(やたらスタイルが良いというか足が細い)が一応主人公的ポジションなのに全然活躍しなかったり、70分程度の作品なのにテンポが悪い等ツッコミ所は有りますが足切りやカニバリズムを含む夢等の描写はそれなりで、若い女性に群がる中年男性達という縮図はコメディとして観れば楽しめなくはない感じでしょうか。大して人を襲うわけでもなく善玉寄りですが「悪魔のいけにえ」シリーズのレザーフェイス的ポジションのどもりキャラの存在もホラー好きとしては○な方。

  • 2.0

    eigadaysさん2021/06/22 07:14

    Web漫画原作の映画化。強烈なカウンター・プンクトに城定秀夫監督らしさが見られます。

    ホラー映画の舞台としての「村」。隔絶された共同体に一般人が関わるとろくな事がないのは古今東西を問わず。

    アメリカではBlu-Rayも発売されています。映画の内容よりパッケージの作り込みの方が気合が入っています。

    日本での宣伝はエロティックよりもエキゾチック要素をウリにしています。

    観客の下世話な興味を満足させながら、クリエーターとしての印をどう刻むのかという難しい命題に挑戦しています。残念ながら猟奇的表現趣向の足枷が多くスムーズなストーリーテリングとはいきません。それでも随所に編集でリズム感を出そうとする苦労が伺えます。

    ホラーを入り口に人間の本質に迫るところまでは届いていません。日本の閉ざされた村の描写は日本のクライモリを海外に知らしめるほどには役に立っています。

  • 2.0

    らむねさん2021/03/12 22:47

    面白くないAVって感じで、早く女の子たちが酷い目に遭ってくれないかなと思って観てたんですが大したこともなく終わりました。漫画が原作らしい。半分意識が飛んでてわからなかったのですがあのお面の人は誰?貴彦?
    謎に続編も出てるのがウケますね。

  • 2.5

    パストエンパイアの逆襲さん2021/01/29 01:25

    大ヒットホラー漫画実写化。

    ヒットしたの?原作、、、、、

    暇なときのweb漫画って、
    割とサスペンス、ホラーに流れがち、
    ただの流し見の積み重ねを
    人気や大ヒットに変換すれば、
    そらいいですわな。

    内容は
    女子大生と限界集落
    後はわかるな?

    web漫画原作は脱落したが、
    実写化は片山萌美がいつ脱ぐかの
    期待値だけで、、、最後までもった。

    コンビニとかあるわけがないのに、
    SNSでクソリプ送ってきそうなおっさんの誘いにのって車にのるか、、、、
    それが一番腑に落ちない。

  • 3.5

    きしだギレンホールさん2021/01/20 21:02

    大映の時代劇を感じる。暗さの面で物足りなさはあるが、たとえば神様の面をつけた人物が刀で人を突き刺し立ち去るロングショットなんかかなり良い。

  • 1.0

    土の中からこんにちは太郎さんさん2021/01/15 22:54

    冒頭のシーン、ブレが下手過ぎて「ブレひとつ取ってもテクニックってあるんだな」と気付かされた。
    このカメラマンはユーチューバーに弟子入りした方がいい。
    何故映像化して、何故この監督、脚本なのかまったくの謎。
    すべてユーチューバー以下。
    ダラダラダラダラいつまで経っても確信に触れなくって適当に飛ばして鑑賞したことにした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る