お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ぼくと魔法の言葉たち

G
  • 字幕

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった。

ピューリッツァー賞受賞のジャーナリスト、ロン・サスカインドが、我が子に降りかかった受難と家族の苦闘の軌跡を綴ったベストセラー・ノンフィクション『ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと』の映画版で、第89回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた感動のドキュメンタリー。3歳の頃に突然、自閉症のために言葉を失った少年オーウェン。医師からは“一生言葉を話せないかもしれない”と告げられるも、家族の献身的な支えと大好きなディズニー・アニメを通じて徐々に言葉を取り戻していった。本作はオーウェンと家族の奇跡の物語を、当事者たちのインタビューとプライベート・フィルムに加え、オリジナルのアニメーションを織り交ぜて描き出していく。さらにディズニーからの異例の映像使用許可を経て、『リトル・マーメイド』『ピーター・パン』『ライオン・キング』『アラジン』『ヘラクレス』『王様の剣』『ジャングル・ブック』『ピノキオ』『ノートルダムの鐘』『美女と野獣』『ダンボ』『バンビ』『おしゃれキャット』『シンデレラ』『白雪姫』など数多くの映像が使用されている。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ぼくと魔法の言葉たちの評価・レビュー

3.7
観た人
3167
観たい人
4357
  • 3.8

    ayuさん2021/06/20 00:41

    自閉症の青年のドキュメンタリー。

    言葉が喋れずコミュニケーションを取れなくなった彼が言葉を発せるようになったのは、ディズニー作品と、心強い家族がいたから。

    家族がめちゃくちゃ温かい。

    息子が自閉症の診断を受け、会話ができずいじめられることへの失意や苦悩は相当なものだっただろうけど、生き生きとしたオーウェンを取り戻すべく全力で支える家族は慈愛に満ちていて素敵でした💐

    ディズニーの存在に助けられ、人生の基盤がディズニーによって作られている人はこの世界にいっぱいいるんだろうな。ありがとうディズニー…🏰🌟

    繊細で柔らかいのにダイレクトに伝わってくる唯一無二なイラストを織り交ぜたアニメーション、またオーウェンの喜び、悲しみ、緊張、苦しみ、いろんな感情をさまざまなディズニー映画のワンシーンで表現している演出がよかった。

    Life, Animated
    をこの邦題に訳したのもナイスだなと思います🍀

    わたしは小中を障害児学級のある学校で過ごしたので障害への理解はある方かなと思ってたけど、自閉症とは何なのか、言葉で説明できるほどじゃなかった。むしろ無知だったな。

    でも、彼がディズニーアニメのセリフを全部覚えているのと同じように、一つのことに集中して最大限の実力を発揮できる子はたくさん見てきて、子どもながらに凄いな…とその個性に驚いた記憶がある。

    例えば、同級生に最寄駅の電車の時刻表や通る電車の名前を完璧に覚えてる子とかいました!😳

    本作はハッピーエンドの美談で終わらせず、
    「世話をする親が他界したら障害者はどうなる?」
    「親が年老いたら健常者の兄が親と弟のすべてを背負っていくの?」
    「女の子との付き合い方は?」
    と、障害者の家族や性の問題など、わたしたちも考えさせられる現実を突きつけられた。

    自閉症を知るきっかけ、またディズニー作品の良さを改めて知るのにとてもいい映画だと思う。

    ドキュメンタリーやからオチとか盛り上がりどころなんてのはないけど、色んな人に勧めたい☺️

  • 4.3

    Aikaさん2021/06/12 22:25

    こんなに心が温かくなるドキュメンタリーは初めてでした。ディズニーって、声優さんまでもが共通のパッションを持っていて、なんて素敵なんだろうと感じました。ディズニーアニメーションが観たくなりました💖

  • 3.1

    KenYoshiさん2021/06/12 00:43

    誰よりも素直な言葉を発するオーウェンの綺麗さに感動した。
    ただ、ドキュメンタリーそんな好きじゃなくて、映画としては面白くなかったなと。

    素敵な心の持ち主だなあと思った。

  • −−

    でぶちんさん2021/06/11 14:43

    こんな映画があるのかー‼︎‼︎‼︎
    今と昔のドキュメンタリー映像を繋げて、インタビュー挟みながらの展開。
    しかも、自閉症の本人とその家族の。

    日本じゃまだまだ創られないだろうな、こーゆう作品は。って思う。


    どこまでがドキュメンタリーで
    どこからが脚本とゆうか、演出なんだろう(。•ˇ‸ˇ•。)⁇
    全部がドキュメンタリーだとしたら、完成までどれだけ密着してたんだろう(。・ˇ_ˇ・。)ムゥゥ⁇
    今のOwenも気になる。

  • 3.5

    ふわふわさん2021/06/10 08:41

    自閉症の息子に両親が諦めずにディズニー映画の台詞を通してコミュニケーションを取る姿が素晴らしい!
    ジャファーの声優さんと知り合えて大好きなイアーゴの声優さんを連れてきてくれる所の優しさ。両親とお兄さんの優しさ、失恋を克服するところ。良い場面がいっぱいのドキュメンタリー。
    そしてディズニー好きなのでたまらなかった。オリジナルのアニメーションもたくさん。
    やはりディズニーには夢と魔法の力がある。

  • 4.5

    ハムビさん2021/06/08 18:10

    ものすごく良いドキュメンタリーでした。
    何回も涙した。

    自閉症の子のことがすごく良くわかりました。
    想像力は少ないけどパターン化を覚えて、感情を表す、その媒体をディズニー映画としている。
    オーウェンの表情はディズニー映画の表情だし、言葉もキラキラしたディズニーの言葉そのもの。
    ディズニー好きとしてはオーウェン大好きになりました。

    オーウェンは適応能力がいいのか、社会活動する力としてディズニー映画がピッタリ上手く当てはまったのか、周りの人達のサポートが上手だったのか?

    こんなに自閉症って話できるの?と衝撃でした。
    自分の感情も表現してたし、画期的な一例なのでは?

    自閉症の子達がこのような方法を何らかの形で持てたらきっと生活が楽になるんだろうな

    個人的には、初めて話した言葉が「Just your voice 声をよこせ」(アースラの台詞)っていうのがもうなんとも言えない感動だった。

    お兄ちゃんの名前がウォルトっていうところがなんの偶然なの?って思って笑った。


  • 4.0

    ぺろとつんさん2021/06/08 15:57

    Life, animated っていうのがなるほど!ってなる映画だったんだけど、日本語のタイトルよ〜

    恥ずかしながら生まれた後になる自閉症があるの知らなかった。アメリカではみんなあんなサポート受けれるの?それともオーウェンの家が良い家庭だから?

    お兄さんの苦悩と優しさが沁みた

  • 4.2

    りりぃさん2021/06/03 00:06

    自閉症と自閉症の人に対する意識や見方が変わる。
    オーウェン言葉は素直でシンプルで非常"ストレート"だからこそ、響く。

    大人になりたくなかったり、大人になるのが怖い大人たちにオススメしたい。

  • 4.0

    Jiyongさん2021/06/02 16:40

    めっちゃ良いドキュメンタリー。
    オーウェンは刺激的なものを大量に見てきただろうけど、その分美しいものを見出して暖かく接してこられたのは、両親や兄、ディズニーのおかげだと思う。
    自閉症や発達、知的障害の子を持つ親は必ず皆、自分が死んだ後の心配をする。オーウェンの兄も同じように自分が面倒を見なきゃ、と思ってる。
    オーウェンの葛藤や成長だけでなく、周りのサポートの仕方まで描いてる、発達、知的障害の参考書にも適したドキュメンタリー。

  • 3.5

    nattsさん2021/05/28 21:07

    ドキュメンタリーとは知らずに
    アマプラで見かけて鑑賞。

    自閉症の青年とその家族の話。
    生まれつきという印象が強かった
    自閉症が後天性の物もあって
    オーウェンのように4年も話せなくても
    そこから意思疎通も仕事もできるようになる、、、
    自分が知らない事を映画を通して知ることが出来て良かった。

    言葉を覚えたり人生の台本である
    ディズニーの世界と現実社会、
    歳を重ねるごとに埋める事も難しくなる。
    けど本人も家族も理解して
    少しずつオーウェンらしく歩んでいく。
    家族愛を感じる内容だった。

    #2021.93

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す