お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

グリード FROM THE DEEP

G
  • 字幕

逃げ場ゼロ!戦慄のモンスター・パニック・アクション!!喰われる確率1000%!!!『進撃の巨人』『グエムル 漢江の怪物』に続く人喰い巨大モンスター降臨!

海上に浮かぶ謎の巨大タンカーの実験室―。そこでは次世代の人類の食糧を確保するため、高たんぱくを提供できる昆虫のDNAで極秘実験がすすめられていた。しかし、マッド・サイエンティストと化した研究者によって謎の新種生物は制御できないほどの繁殖能力を持ってしまう。増殖した奴らはやがて人喰いと化し、船を脱出、津波を巻き起こし、レイヴ・パーティーで盛り上がる浜辺の若者たちを襲い始める。一方、船内に残った一部の実験体は巨大なモンスターに成長し、人喰い生物たちのマザーとなる。運よく浜辺を離れて、クルージングを楽しんでいたパーティーの主催者・ケヴィンと取り巻きの若い男女は、そのマザーが潜むタンカーを発見、何も知らない彼らはお酒を盗みにタンカーに潜入するのだが・・・・。

詳細情報

原題
BUGS
音声言語
北京語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
香港
対応端末
公開開始日
2018-01-19 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

中国映画洋画ランキング

グリード FROM THE DEEPの評価・レビュー

2
観た人
237
観たい人
47
  • 1.5

    めんたいこさん2022/01/10 09:49

    「あ!あの映画だ!!」と思って見たら…中華クソモンスター映画じゃないか…
    よくも騙してくれたなぁーー!!

    エンドロールでドヤ顔でCGの話してる割にはクソCGだし、お金の問題で成虫ほぼ出てこないし…なんだこれ?
    単性生殖可能な有名作からパクった造形(一部だけ)の虫?が、自分の体積以上の子供を産んで…ってわけ分からんわ。
    しかも、こいつ専門家なら分かる虫なのかよ…

    ストーリーも別に面白くないです。
    よくあるパニックものですが、大体人襲うのは幼虫で、成虫が全く出てきません。
    モンスターの大暴れが見たいのに、幼虫が微妙に体内から食い尽くしていくとことかずっと見ていたくはないんですよね…

    という事で、騙されて地雷を踏んでしまったわけですが…
    これ邦題が悪いわ…原題「食人虫 Bugs」じゃん…

  • 2.3

    真世紀さん2022/01/06 02:03

    「ああ、あの映画、Amazonプライム入ったんだ、久々に観るかな」と思ったら、中国産CGモンスター映画。原題は「食人虫 BUGS」なので、邦題付けた奴の確信犯だな、そこは製作者、監督らスタッフには罪はない点は確認しとくが、肝心の映画の出来の方は。

    何やら船上で実験しているいかにもなマッドサイエンティスト。遺伝子合成で新種の生き物を造り出す。その掌に乗るほどの怪しい生き物は幼虫を噴出する勢いで産み、彼を血祭りにあげる。

    難破した船上から海へ幼虫たち、繰り出し、襲い掛かったのは海辺のリゾートホテル。主人公はカメラマン、助手はくっついたり離れたりな元カノ。ホテルでは金持ちのボンボンがスポンサーになり、ミスコンなどのイベント真っ最中。客の貴重品狙いのこそ泥一行、イベントゲストに招かれたホテルの設計者にして主人公のこれまた元カノ、その祖父の昆虫学者(幼虫と親虫の関係など解説担当だけど孫娘を探して前線へも。漫画家の水木しげる先生に似ていてビックリした)らはどう立ち向かうのか。

    CG、成虫はまだしも、わらわらと群れなし、下水管やトイレの排水溝、さらにはエレベーターシャフト、遂には波に乗って押し寄せと集団活動が大得意な幼虫は豆などと見まがうほどの出来で、ちとレベル低い。ただし、わらわら具合は苦手な人には苦かも。

    騒ぎ回るヒロイン、こそ泥のなかのデブキャラなど、コメディ要素が観る人によってはどうかなぁ。吐瀉物は往年の香港映画の伝統受け継いだのか(爆)。まあ、だいぶ影響受けてそうな「ピラニア3D」にも嘔吐シーン有ったけどさ。

    中盤以降、難破船の甲板から成虫がいる船内へそして、襲撃受けるパターンを幾度も反復など、ちょっと下手でいらっともする。

    エンドクレジットにはメイキング、スタッフキャストインタビューも盛り込まれ、キャストはともあれ、どや顔で語るスタッフにはもう少しマシな出来ならねぇと嫌みの一つも言いたくなるのであった。


  • 1.4

    叡福寺清子さん2022/01/04 22:02

    物語,人物造形,CGのどれを取っても評価する点が全くない稀有な作品.
    場当たり主義で中学生ですらもうちょっとまともな話が思いつく.誰一人共感できるキャラがおらず性格付けも定まらない登場人物.PS2レベルのCG.8年前を考慮しても許されないレベル.エンドクレジットで監督らしき人物が「観た人は驚き仰天するはずだ」と語っていたが,まさにその通り.ただし発言者とは真逆の意味でだが.怒られるかもしれないが,このレベルの作品ならファスト映画も許されるんじゃないかと思った.82分間の人生の無駄遣いをしたければ,視聴してください.

    ラスト/ナイト,ゾーンビー,悪霊館 ダークネス・ライジングに匹敵する酷さといえば,分かる人にはわかってもらえるのではないかしら.合掌.

  • 2.8

    すぎうらさん2021/08/29 00:14

    昔TSUTAYAでザ・グリードと間違えて借りた中国のB級モンスターパニック笑
    リゾートホテルでクリーチャー(虫?)に襲われる王道ストーリーで、虫のCGがなかなか酷かったけどなんとなく印象に残っている謎映画

  • 3.3

    映画マフィアKさん2021/08/28 09:45

    ある虫を研究している科学者が新しい生物を開発した。
    しかしその生物は親である科学者を殺し他の大量の白いダンゴムシの様な虫と共に研究所から抜け出してしまった。
    それらが向かった先はビーチとビーチに隣接されたホテル。
    そのホテル隣接のビーチでは『Z Girl』なるクラブ系パーティーが開かれていた。
    そこに取材で訪れた出版関係の仕事をしている主人公。
    その主人公は元彼女を連れ添ってやってきた。
    元彼女とはいえHはするし全然ラブラブ。
    主人公は仕事もそうだがこの滞在で密かにプロポーズしようと考えていた。
    またそのパーティーには先程とは違う生物学の教授の孫娘もトップのモデルとして参加していた。
    その孫娘も主人公と2年前に別れた元彼女だ。
    一方そのホテルに2人の兄弟のコソドロも侵入していた。
    主人公が隠していた婚約指輪もそのコソドロが盗んでしまった。
    しかしそのコソドロ、先程研究所から抜け出してしまった大量の白いダンゴムシの様な虫の最初の餌食になってしまった。
    体に入り人間を食いミイラ化させてしまう性質を持っている。
    その被害から一気に大量の白いダンゴムシの様な虫はホテルやビーチを襲い人々をパニックに陥れた。
    また新しい生物は古い船に潜伏。
    体が巨大化していてそちらも人間を食う性質を持っていた。、、
    て、ストーリー。

    期待してなかった分、楽しめた✨
    中盤以降まで虫被害はないから、ちょっと間延びはしちゃうけど、コメディタッチに描かれてるから、そんな退屈せず観られた(・ω<)
    あと、オレ、むちゃくちゃ、死ぬほど、虫がダメダメで、映画観る前は覚悟してたけど、虫の表現方法もモロCGだから、こんな自分でも安心して鑑賞出来た✨
    なので同じように虫ダメな方でも大丈夫だと思います(´∇`)
    しかし、あのラスボスのあっさりな倒され方わなぁーww
    あのコお前好きだろなみに手加減してたしなwww
    あんな殺伐感もなんもない笑えるチェンソーのシーンは初めてだわwww
    生物開発の感じは『ウルトラマン』でゆう”ジラース”又は『帰ってきたウルトラマン』でゆう”レオゴン”みたいな感じで、ラスボスは『ゴジラvsビオランテ』の”ビオランテ”みたいな見た目!
    そんな感じです✨

  • 2.1

    ちゃぴぴさん2021/08/09 15:20

    観たかったグリードはこれじゃなかった笑
    グリード違いだった笑

    体内にうようよ~なところは良かったけど、そのあとが雑だったり
    彼女にイライラする笑
    倒すときがもだもだイライラする笑

  • 2.5

    Ekenさん2021/07/05 01:30

    まぁ安定のB級パニック映画。しかもリゾートモノという王道シチュエーション。

    邦題詐欺で実際は昆虫系映画。女王虫と働き虫がいるパターン。女王虫は良く登場し結構暴れ回るし、働き虫は集合体恐怖症の方には耐えられないような描写だったし、かなり出来は良かったと思う。


    まぁ、1番興味深かったのは本編よりも、エンドロール中のメイキングと製作陣インタビュー動画だったけどな!

  • 2.9

    ふーちゃんさん2021/06/21 21:15

    中国のモンスター映画
    中国人だけの制作人だけでは
    やはりまだ技術が足りないのかね。

    まぁエンディングで
    CG Iをメインにしてると
    言ってる割に
    いかにも90年代と言う感じ
    の作り、まぁ最後の巨大な
    モンスターはまぁまぁ合格点だけど
    人の死体や虫の群れ、炎なんかは
    イマイチ。

    まぁB級映画としては
    それなりの部類なのは主演者に
    助けられた感じの作りかなぁ。

    グリードやミミックのように
    ストーリーが良い訳でも無い。
    しかし、この2っの映画の影響は
    かなり受けてると感じる作り。

    まぁB級好きなら観ても良いかなぁ。

  • 2.3

    bviさん2021/06/13 15:21

    タコじゃないじゃん…
    パッケージも邦題も【ザ・グリード】をイメージさせるのに、全く違った…
    絶対に原題のままでいい。

    ラスト少し前~ラストが最悪💧💧
    それがなければ、よくあるB級映画感で終われたのに💧

    孫娘さんがお綺麗✨

  • 2.1

    ウエストレイクさん2021/06/09 20:13

    虫のCGは皆様がおっしゃる通りしょぼいですw
    だが母虫の方は頑張ってる方ではないでしょうか。

    ストーリーの方はどこにでもあるモンスターパニック映画です。

    タイトルはなぜ、グリードにしたのか…
    原題の食人虫の方がよかったのではなかろうか。


    ザ・グリードの関連作品だと思った方は違いますよ。
    私も騙された一人です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました