お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

G
  • 字幕

1995年ベルリン映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)受賞!18年前の出会い、9年前の再会。そして本物の愛にたどり着く、真夜中までの数時間―。

アメリカ人青年ジェシー(イーサン・ホーク)と、ソルボンヌ大学に通うセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、ユーロートレインの車内で出会った瞬間から心が通い合うのを感じる。ウィーンで途中下車した2人は、それから14時間、街を歩きながら語り合い…そんな自然な会話の中から、彼らの人生観、価値観、そして心の奥の微妙な揺れ動きが見え隠れする。でも別れのときはもう迫ってきていた…セリーヌはソルボンヌ大学で文学を専攻するパリジェンヌ。祖母の見舞いの帰り、ブダペストからパリに向かうユーロトレインの中で若いアメリカ人の新聞記者ジェシーに出会う。ドイツ人夫婦の喧嘩を逃れて列車のレストランに逃げ込んだ2人の間で、自分のこと、仕事のこと、幼い日の思い出のことなど果てしない会話が続いた。ジェシーの降りるウィーンの駅に着いても、2人の会話はまだ終わらなかった。別れたくない。もっと話していたい。そんな気持ちをジェシーは素直に言う。「明日の朝まで14時間。一緒にウィーンの街を歩かないか?」同じ気持ちだったセリーヌは荷物を持ってジェシーと一緒に列車を降りた。石畳の街路、教会、レコード店、公園の大観覧車、水上レストラン、古いバー、不思議な占い師、川辺の詩人・・・。街で出会う小さな出来事は、セリーヌとジェシーの心にある感情を芽生えさせていた。2人はなお歩きながら、終わったばかりの互いの恋愛について語り、カフェに入って、今どんなに素敵な出会いをしているか、お互いに告白しあった。だが、14時間の終わりはもうすぐそこに来ている。ホテルに泊まる金のない2人は公園で抱き合って夜明けを迎えた。朝、別れの時間がやってきた。だが、2人は「さよなら」が言えない。「半年後にここで会おう」2人はついに本心を明かした。14時間を経て恋人たちの距離はようやく重なった。

詳細情報

原題
BEFORE SUNRISE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1995
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-01-26 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー洋画ランキング

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離の評価・レビュー

4.1
観た人
30130
観たい人
25644
  • 4.2

    sunaさん2020/08/15 10:08

    「この世に魔法があるなら、それは人が理解しあう力のこと」
    良い映画!ほぼ会話だけなのに、ぐいぐいと引き込まれる。
    翌朝までという設定と2人の立場が、宙ぶらりんでモラトリアムな感じを上手く描写していて好き。余韻が残るラストも素敵。ウィーンを散策してみたくなるなぁ。

  • 4.0

    sattonさん2020/08/14 23:17

    初めて見たときは地味で退屈とすら感じられたものだが、自分もこの映画の良さがわかるくらいには大人になったということかな笑。
    神様は人の中ではなく、人と人との小さな隙間にいる。この映画で一番好きな言葉です。この人ともっと話したい、もっと相手のことを知りたいと思う気持ちをなくさないようにしたいな。

  • 4.5

    のさん2020/08/14 18:27

    何気ない会話に見えて、すごく二人の関係性の変化を表してる。話す内容とか目線とか。そしてただ単に素敵な話なだけじゃなくて、現実的でめちゃくちゃリアル。リアルの中で一番ファンタジーな感じ。
    男と女の違いもすごく分かりやすい。万国共通なんだなこの感覚は。
    イーサンホークかわええ。

  • 3.6

    あぶりかんぱちさん2020/08/14 14:37

    見たことないけど、テラスハウスってこんな会話が終始飛び交ってるような気がする。大人のラブストーリーだけどピュアさ高めな感じが好き。続編もはよ見よ。

  • 4.2

    日々憂鬱さん2020/08/14 12:35

    友人がたまたまレンタルしていたので観ることになった。恋愛ものはあまり観ないので乗り気ではなかったが、断る理由もなかったので。

    眠たい目をこすりながら観始めたが、序盤の二人がバスに揺られながら互いに質問を繰り返すシーンでそこら辺のつまらない恋愛映画とは違う事に気が付いた。誰かと一緒に観たらその雰囲気に耐えられない気がして、スマホをいじったりしながらわざと映画に集中しないようにした。友人もまた、同じ様子であった。

    後日、1人で再鑑。
    バス、観覧車、小さな墓地、占い師、流れの詩人との出会い。それぞれのシーンでのセリフが私を追い込んだ。
    主人公の幼稚で負けず嫌いな立ち振る舞いや発言が、自身と重なり思わず目をそらし耳をふさぎたくなった。
    汚い男女の恋愛観をそれぞれの視点から議論を繰り返す様はなぜだかとても尊いものに感じた。
    上辺だけの青春映画とは違い、それぞれのずるさや卑しさを踏まえたうえでの二人がとても美しく見えた。

    この映画は本当に好きな人と観る映画だと思った。きっと私はそのあと、つまらなく卑しい質問をしてしまうだろうが、許されるだろう。この映画を観た後ならば。

    また誰かを真剣に想う日が訪れたら、私はこの映画を観ることになるだろう。

  • 4.0

    たかまささん2020/08/13 22:47

    旅先で出会った相手と恋に落ち、たった1日だけのデートをする…っていう、映画の憧れが詰まっている。
    ウィーンの街並みの美しさや雰囲気に彩られてオシャレだけど、只々会話をするだけで楽しくて、時間が過ぎていく…っていうのは、リアリティがあります。
    ラストの二人の表情、微妙に違うのが、何とも切ない…。続編も楽しみ。

  • 3.4

    Moeさん2020/08/13 22:00

    2回目。2人が訪れた場所が最後に次々と映し出されるところが好き。偶然出会った男女がなりゆきで訪れた数々の場所、その街にとって男女のそれはあまりに小さな1つの出来事にすぎないし、その街の日々は坦々と続くとでもいいたいかのよう。素敵な一夜のあとだけに、夏の終わりのような感傷的な気分になってしまう。

  • 4.2

    Mさん2020/08/13 17:43

    静かな夜の街で男女が当てもなくたった一晩だけの夜を過ごす。やがて朝になって鳥が鳴きはじめたらお別れの合図だなんてやっぱり悲しいよね〜〜〜。
    連絡先も交換せず半年後また会おうなんて口約束を交わす現代じみたものが登場しない良さがある。

  • 4.3

    IMIKUさん2020/08/12 23:26

    人生で1番見返してるかもしれない。 
    ずっと野外、ずっと会話劇、くそオシャ映画要素と、哲学要素わりと入ってるかも!

    とりままじジャケ写がださいので、はよ変えてくれ!

  • −−

    実夢さん2020/08/12 13:38

    恋愛映画とか割と見てられなくなっちゃうけど、この作品は好き。
    こんなにも忘れられない1日が人生に1回だけ欲しい。こんなにも情熱的に本能的に夢中になってみたい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す