お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

G
  • 字幕

1995年ベルリン映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)受賞!18年前の出会い、9年前の再会。そして本物の愛にたどり着く、真夜中までの数時間―。

アメリカ人青年ジェシー(イーサン・ホーク)と、ソルボンヌ大学に通うセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、ユーロートレインの車内で出会った瞬間から心が通い合うのを感じる。ウィーンで途中下車した2人は、それから14時間、街を歩きながら語り合い…そんな自然な会話の中から、彼らの人生観、価値観、そして心の奥の微妙な揺れ動きが見え隠れする。でも別れのときはもう迫ってきていた…セリーヌはソルボンヌ大学で文学を専攻するパリジェンヌ。祖母の見舞いの帰り、ブダペストからパリに向かうユーロトレインの中で若いアメリカ人の新聞記者ジェシーに出会う。ドイツ人夫婦の喧嘩を逃れて列車のレストランに逃げ込んだ2人の間で、自分のこと、仕事のこと、幼い日の思い出のことなど果てしない会話が続いた。ジェシーの降りるウィーンの駅に着いても、2人の会話はまだ終わらなかった。別れたくない。もっと話していたい。そんな気持ちをジェシーは素直に言う。「明日の朝まで14時間。一緒にウィーンの街を歩かないか?」同じ気持ちだったセリーヌは荷物を持ってジェシーと一緒に列車を降りた。石畳の街路、教会、レコード店、公園の大観覧車、水上レストラン、古いバー、不思議な占い師、川辺の詩人・・・。街で出会う小さな出来事は、セリーヌとジェシーの心にある感情を芽生えさせていた。2人はなお歩きながら、終わったばかりの互いの恋愛について語り、カフェに入って、今どんなに素敵な出会いをしているか、お互いに告白しあった。だが、14時間の終わりはもうすぐそこに来ている。ホテルに泊まる金のない2人は公園で抱き合って夜明けを迎えた。朝、別れの時間がやってきた。だが、2人は「さよなら」が言えない。「半年後にここで会おう」2人はついに本心を明かした。14時間を経て恋人たちの距離はようやく重なった。

詳細情報

原題
BEFORE SUNRISE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1995
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-01-26 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス洋画ランキング

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離の評価・レビュー

4.1
観た人
34227
観たい人
30746
  • 4.3

    ねぇ素晴らしいさん2021/06/19 20:15

    今度の24時間は対象を絞っての挑戦。時間への強烈なオブセッションがイーサンホークのセリフににじみ出る。Keep cool but careを地で行く監督。世界で最もウィリアムギャディスの話法に映画的に近づいた人。カメラ(地の文)の主張は薄い。コマとコマの間、人と人とのわずかな距離に神が宿る。『スラッカー』の冒頭の男が、バス停に留まっていたとしたら。

  • 4.5

    ゆさん2021/06/19 12:45

    ただ淡々と2人の1日が描かれるだけなのに、全然飽きなかった。ポスターは何回も見たことあったけど、こんなに素敵な映画だと思わなかった。

  • 4.5

    asanaさん2021/06/19 00:46

    前に観たことある気がしたけど、それでもめちゃめちゃ良かった。
    適度にスピリチュアル要素とかもありつつ、ベースは恋愛だから軽い気持ちで観れて良い。大人びた彼女と、正反対の彼との会話の感じとか、彼女の言葉ひとつひとつが好みだった。
    私もこんな経験してみたかった(笑)
    英語の勉強にも良さそうなので、是非また観たいと思える映画でした。

  • 4.9

    haさん2021/06/18 01:53

    シリーズを通して勉強になりました
    1作品では恋愛映画堂々第1位ランクインです。

    キャストも監督も脚本も演出も全員天才ですか?

    こんなに淡々としてて雰囲気も変わらない映画はいつもなら絶対飽きてるのに全く飽きなかった。台詞が全部良過ぎて少しも見逃したくなくて飛ばしもしなかった。

    2人と同じく23歳でどうせなら6月16日に見たかったけど1日遅れだけどまあ良しとする!(笑)
    言ったら出会いはナンパでそれは日本でも行われてるし、こういう時期なので出会い始めがネットや顔の見えない所からのスタートが多くなってきてるので妙にリアルに感じてしまう😹
    でも見てる時はめちゃくちゃロマンチックな雰囲気に入り込んでました。波長が合うってこういう関係の事を言うんだろうな〜
    ジェシーが牛のやつ見てないって言った時私もあ、ほんまやんってなった😹

    年も近いせいか、似た様な悩みを抱えてて作中の2人と感覚が似ててわかる〜!ってなる部分が多かった。シンプルに好きすぎるしもっともっと深く理解出来ると思うのでとりあえず続編ともう10回見ます!!

    好きな監督とキャストが増えた🥰


  • −−

    緒方さん2021/06/17 15:29

    何もいらんことしてない分、画面に収まる2人にずっと釘付けやった、最高〜〜。
    レコードの視聴ブースで2人きりでなんかドキドキしておりました。そんな事された、観ているこちら側もニタニタしてしまいます。
    同じ人間とは思えない2人の横顔の美しさ。劇中の日付と観た日が同じという強烈な印象のおかげでこの映画は忘れられないものになりそうです。2作目いってきます。

  • 4.4

    Inaさん2021/06/17 10:09

    フィルムに映る赤、青、緑、ウィーンの幻想的な光と影、2人の儚くて麗しい恋。自分のありえないほど退屈な感性に辟易するほど。これからの自分の人生の彩りに可能性を感じないからこそ、この映画に浸れるのかも。未来から現在へのタイムトラベル。視聴室でのもどかしさ。心に残るシーンや台詞が多い作品だった。

    2人の別れの6月17日に偶然この映画を観れたことにびっくり。どうせなら夜明け前に観たかったけど。

  • −−

    石ころさん2021/06/16 20:57

    2人が出会ったのが6月16日だから あれ?今日じゃん?ってなって、半年後の12月16日にまた観返そうと思った。2人の会話、目線、ウィーンの街並み、景色、時間の進み方、全部好き。

  • 3.7

    ひろたつさん2021/06/16 15:59

    電車で出会った一組の男女のたった一日のウィーンデートの密着映像的な
    ただのワンナイトラブで終わるわけがないよね
    ラストの約束はお洒落だった
    こんな約束の仕方ができて成功した日には友達に語れる一生分の恋物語になるだろう

  • 4.9

    ラブさん2021/06/16 01:15

    53

    時間という決まりがあるから、僕らはその瞬間美しく愛し合えばいい。
    神がいるとするなら、人と人の間に生まれた隙間である。
    魔法があるなら、人が人を理解しようとする。

    人間関係なんて、永遠ではないし、分からない。分からなさを理解しようと思える人と、共にその時を刻めたら幸せなんだ。
    彼らが別れを切り出すあの瞬間、とても切なかった。時間が決まってるからそう感じるのだろうな。

  • 5.0

    tsubasaさん2021/06/13 23:20

    ラブストーリーとして限りなく洗練されている。会話だけでここまで観る人を引き込める映画があるだろうか。ここまで心を揺さぶる映画があるだろうか。
    会話と音楽、それに余白。隅々まで愛したい傑作。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す