お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

マッチスティック・メン

G
  • 字幕

メガヒット・コンビが仕掛ける極上のクライム・サスペンス!天才・詐欺師〈ルビ/マッチスティック・メン〉が仕組んだ完璧なシナリオ。騙されるのは、あなた。

病的に潔癖症の詐欺師ロイとその相棒のフランクは、騙しのアーティストとして仕事に取り組む毎日。仕事に没頭するときロイはなぜか潔癖症を忘れ、本来の自分を取り戻し、その成果は上々だ。やがてロイとフランクは大金をせしめる大計画を始動した。カモは傲慢でウスノロな金持ち。コトをうまく運ぶにはもう一人の協力が必要だった。ひょんなことから再会したロイの娘アンジェラが二人の計画に協力することになる。しかし、運命の女神は甘くない。「完璧なシナリオ」の本領はここから加速度的に発揮されていく・・・!

詳細情報

原題
MATCHSTICK MEN
作品公開日
2003-10-04
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2003-10-04
制作年
2003
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-01-26 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

マッチスティック・メンの評価・レビュー

3.7
観た人
15581
観たい人
10384
  • 3.9

    SETSUNAさん2021/06/12 15:01

    詐欺師コンビ映画!
    最後に心を全部持っていかれてしまうオシャレさと詐欺だけではなく、偽物にも愛は宿るという愛らしさもあってすごく好きな映画でした!とにかくニコラス・ケイジさんの演技が最高でした!
    【内訳】
    ①ストーリー★4.0
    ②テンポ感★3.8
    ③キャスト★4.1
    ④セリフ(言動)★3.5
    ⑤映像★3.6
    ⑥音楽★3.8
    ⑦満足度★4.2
    ⑧演出★3.8

  • 4.0

    kekoさん2021/06/06 12:07

    マッチスティックメン→詐欺師
    詐欺師が仕組んだ完璧なシナリオ。騙されるのは、あなた。
    ってのがフィルマのあらすじ。
    大好きなサム・ロックウェルも出てる!

    ロイ(ニコラス・ケイジ)とフランク(サム・ロックウェル)は詐欺師コンビ。
    ロイは極度の病的な潔癖症と、強迫神経症。
    とにかく、ニコラスのその演技が上手すぎて面白い。
    詐欺の手口もスマート。
    そんなロイには、元妻が妊娠中に離婚していて14歳になる娘が。
    途中からは、父と娘の親子愛なストーリーに。
    そんな娘を詐欺に巻き込んでしまい、、、

    でも、娘のおかげで自分の病気も軽減され
    娘の大切さに気付いたりなんかして、私も思わずホロリ😢とさせられた。

    かと思えば、ほんと詐欺師映画って事を忘れて親子愛の映画か!と思って観ていたので、すっかり騙されるラストの展開に目を見開いてしまう。
    なるほど!ここが詐欺師のシナリオに騙されるってことなのね!!
    面白い!けど、かわいそ😢

    でも、、、
    ハッピーエンドで良かった❤️

    サム・ロックウェル、相棒役であんまり活躍しないな、と思ってたら〜、、、

    これはもう一度観たい!

  • 3.0

    千年女優さん2021/06/06 00:04

    かつて子供を身籠った妻と離婚した、強迫性障害により極度の潔癖症である詐欺師ロイ・ウォラー。仕事中にパニック発作を起こし、相棒フランクから新しい精神科医を紹介された彼が、精神科医から別れた妻が生んだ14歳の娘アンジェラとの再会を薦められ、好奇心旺盛で詐欺にも積極的な娘との交流を育む様を描いたサスペンスコメディです。

    『エイリアン』『ブレードランナー』『グラディエーター』と数々の作品をヒットさせたリドリー・スコットがエリック・ガルシアによる同名小説を原作に制作した2003年公開の作品で、詐欺師によるコンゲームらしい二転三転のある物語を、ニコラス・ケイジ、サム・ロックウェル、アリソン・ローマンらのキャストで描きます。

    いわゆる「どんでん返し」ものではあっても、その結末は作中の序盤から視聴者が持つ「こうなるだろう」という予想を覆すものではなくサスペンスとして大きな驚きには欠けますが、メインキャスト三人の息の合った掛け合いで楽しませ、「こうなるだろう」から「こうなって欲しい」に変化させることで期待に応える娯楽作です。

  • 4.0

    marbo917さん2021/06/02 22:41

    2021年119本目の作品。

    (チック症の方には申し訳ないけど)オーバーに演じているのが可笑しくて、そればっかり目がいってしまいすっかり騙された。でも騙されてもいい気分。ラストシーンで「じわり」と来るから。

    アクション俳優になる前の“赤ちゃん泥棒”や“月の輝く夜に”のニコラスケイジが好きで、今回もそれに近い滑稽でチャーミングな役どころ。また一つ好きなニコラスケイジ映画が増えました。

  • 3.6

    ありささん2021/06/01 12:08

    途中から読めてきてたけど、
    こういうどんでん返し映画は
    いくら観ても飽きない!

    鑑定士 顔のない依頼人とかも

  • 3.5

    あめいすたさん2021/05/31 21:38

    潔癖症、強迫神経症、マッチスティックマン。
    妊娠していた妻と別れて14年、息子(娘)の年を数えながら詐欺のアーティストとして生きている。
    ある日、娘に会ってしまい。翻弄され、変わっていく。
    ラストはなんとなく予想できたが、ロイとアンジェラの心情、探り合いが面白かった。
    ニコラスはこういう心の役が一番似合う。相変わらず眼は色気を感じます。
    「1・2・3」
    「どうせ濡れるなら 泳ぐ覚悟で」
    「絶対に騙す相手には騙されるな」
    『無垢で美しい娘は 道を踏み外すな』

  • 3.7

    HardestTrackさん2021/05/30 04:26

    2021/5/26鑑賞。73点。

    <見所>
    ・みんなハッピーエンドな詐欺師ものの映画は滅多にないので、ビックリした!
    ・詐欺師ものの映画は、どんでん返しをしなければいけない暗黙の了解がある。なので、こちらとしても深読みしてしまって、その結果オチは大体読めてしまった。
    ・サム・ロックウェルって昔から活躍してる実績のある俳優なんだね!「セブン・サイコパス」のイカれた役が印象的だったけど、それより前の作品に出てる印象がない。というより、ルックスに華がないので気付けなかったw
    ・ポールダンス界の大御所 シーラ・ケリーが出演してるからなのか、不要なポールダンスシーンが挟まれたのは小ネタが効いてて良かった!
    ※全然エロいシーンではない


    <あらすじ>
    脅迫性障害を患う詐欺師のロイ(演. ニコラス・ケイジ)は、持病のせいで日常生活をまともに送れなくなっている。
    数少ない交友を持つ詐欺師・フランクから精神分析医・クレインを紹介される。
    ロイは、クレインから安定剤を処方してもらうために、彼とのカウンセリングを続ける。ロイの強迫性障害の原因が、元妻・ヘザーと別れた時元妻のお腹にいた子供である、とクレインは診断する。強迫性障害緩和のため、子供と会うことを勧められたロイ。
    後日、クレインがヘザーと話し合った結果、ロイは娘・アンジェラと初めて会うことになる。

    ロイはアンジェラに何の仕事を聞かれて誤魔化すが、娘は既に知っていた。そして、それが理由で母親と別れたことも。それでもアンジェラはロイになつき、父親に連絡先を渡す。
    何度かアンジェラと会ううち、愛情が強まっていく一方で娘の些細な行動(例えば、汚い食べ方。勝手に部屋のものをいじってロイの隠し貯金箱を見つけたり・・・)に苛立つことも多くなる。
    だが、以前よりはロイの態度・生活にも変化が出ていて、過度な清潔を他人に強要することはなくなり、行きつけのスーパーの店員・キャシーとも雑談を交わすようになる。

    ある日、2人は親子喧嘩してしまう。アンジェラとロイはお互いに謝り、許し合う。そして、父親の仕事を知りたいというアンジェラに、ロイは少しだけ詐欺のノウハウや自分がどのようにして詐欺の準備をするか教えてあげる。そして、何があっても絶対に他人を信じてはいけないと教える。

    ロイはフランクと一緒に以前から、チャックという金持ち男をターゲットにした詐欺計画を立てていた。
    そのチャックが国外に発つことが判明し、詐欺計画を早めないと行けない。

    空港に着いたロイ&フランクとチャックの取引が始まり、アンジェラが騒ぎを起こしている間に現金が入ったブリーフケースと空のブリーフケースを入れ替える。
    騙されたとは気づかないチャックは、上機嫌で飛行機に向かう。
    ロイとアンジェラは、駐車場に向かうが、そこに飛行機に乗ったはずのチャックが現れる。
    なんとかチャックから逃げ切る2人。

    ロイは安定剤の処方をクレインに求めるが、実は自分が安定剤だと思っていた錠剤は栄養サプリメントだったと明かされる。
    ロイにとっての処方薬は薬ではなく、娘との関係を改善しようと努力することだったのだ。クレインに背中を押される形で、ロイは娘の共同親権を要請。ロイは、週に1度でもいいからアンジェラと会えれば幸せだと思えるようになっていた。

    詐欺師の引退を決めたロイは、フランクと今回の詐欺で得た金を折半。その足で娘とディナーを楽しむ。フランクとアンジェラが帰宅すると、ロイが拘束されていてそこにチャックが現れる。警察に友人のいるチャックにとって、前科のあるアンジェラを見つけ出すことは容易だった。
    奪った金を返すよう求めるチャックが銃を振り回し、アンジェラはフランクが隠している銃で対抗。アンジェラがチャックを射殺してしまう。
    ロイは娘を守るためにチャック殺しの罪をかぶり、アンジェラをフランクに任せて見送る。その直後、死んだはずのチャックに襲われ気絶する。

    目覚めたロイは、警察官の取り調べを受ける。
    警察は残された証拠から、チャック殺しがアンジェラだと見抜いていた。ロイは自分が犯人だと嘘の自白をする。精神分析医・クレインに連絡して貸し金庫に入っている全ての金を娘に渡すため手順を説明する。
    電話を終えた後、ロイはフランクが残した手紙を受け取る。
    そこには、フランク・アンジェラ・チャック・クレイン・取り調べた警官がグルになって、ロイの持ち金全てを奪ったと記されていた。
    最初から詐欺のターゲットはロイだった・・・。
    ※チャックはアンジェラに射殺されていない

    ロイは、元妻ヘザーと再会。
    ヘザーが流産していたことを知り、アンジェラは実の娘ではなくあくまで「娘役」だったと知る。

    1年後。カーペット店の営業マンとして働くロイの目の前に、若いカップルが客として現れる。カップルの女の正体はアンジェラだった。
    気まずい再会を果たす2人。アンジェラはロイを騙したことを後悔していると謝り、ロイは「盗んだんじゃない。あげたんだ」と答える。
    実は、アンジェラもフランクに騙されており、ロイの金の分け前はほとんどなかったそうだ。
    アンジェラが今付き合ってる男とは本気のようなので、フランクはカーペットを購入して店を後にする2人を優しく見守る。
    帰宅したロイは、(フランクに騙された後)スーパーの店員・キャシーと結婚、キャシーのお腹には赤ちゃんが宿っていた。



    このころのニコラス・ケイジは出る映画全てがヒットしていたし、評判も平均以上のものだった。
    この映画はラストまで、元妻ヘザーが全く出てこないので
    【元妻ヘザー+娘アンジェラが主犯で、ロイをターゲットにした詐欺を行う。精神分析医・クレインと詐欺師仲間・フランクが共犯の映画】だと思っていた。
    それほど意外性のある作品ではないけど、疑似親子の描き方やケイジの演技が光っていたので、良い作品を見たなと思えた。
    当初、1年後にロイとアンジェラが再会するシーンは脚本になかったらしいので、シーンを追加した製作陣の判断はGoodじゃないかな?
    あと、個人的に好きなシーンは娘とボーリングをするロイが、不潔なボールをそれほど気にせず手にとってプレーするところ。強迫性障害の完治というのは基本的に不可能らしく、軽減する方法の1つが「幸せだと感じる時間を増やす」ことらしい。まさにボーリングをするロイに当てはまっている。

  • 4.0

    TOMOさん2021/05/28 20:54

    まさかの展開にぷっと笑ってしまった笑

    詐欺師の話だけあって騙された感満載!
    楽しめました!!

    ニコラス・ケイジはなんか
    個人的になんの役でも笑ってしまう笑

  • 3.7

    ひろたつさん2021/05/27 04:37

    ブレードランナーやグラディエーターなどを手掛けたリドリー・スコット監督によるサスペンス映画
    ニコラス・ケイジ演じる詐欺師の愛と成長の物語
    しっかりと騙された、うまく作り込まれている作品であった

  • 4.0

    キリンさん2021/05/26 21:33

    うーん、騙された!
    スカっと騙された!
    面白かった!

    自分では騙されにくいと
    思ってたのにな〜

    「騙されにくいと思っている程
    騙される」と言うけど、もしかして
    自分は振り込め詐欺に騙される
    タイプなのか。。。

    まさか、こうなるとはな〜
    と、わかった瞬間に全てが
    分かってスッキリして気持ち良かった
    気持ち良く騙された

    ここまで騙された、騙された書くと
    「読解力無いな〜」とコメント
    でもされようもんなら泣く(T_T)

    でも、自分の中での騙し映画
    一番は「ユージュアル・サスペクツ」だな

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す