お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

13デイズ

G
  • 字幕

ハリウッドが総力を結集して迫る‘衝撃の真実’!!キューバ危機、それはアメリカが震えた13日間。

1962年、米軍偵察機が捉えた衝撃の映像。それはソ連軍がキューバに配備したと思われる、最強の破壊力を持つ核ミサイルの姿だった。迫りくる第三次世界大戦の危機。これに真っ向から立ち向かったのは、米国史上最年少の大統領ジョン・F・ケネディ、司法長官ロバート・ケネディ、そして有能と謳われた大統領補佐官ケネス・オドネル。彼らはいかにしてこの最悪の事態から世界を救ったのか…。

詳細情報

原題
THIRTEEN DAYS
作品公開日
2000-12-16
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2000-12-16
制作年
2000
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-01-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

13デイズの評価・レビュー

3.5
観た人
2472
観たい人
1125
  • 3.0

    いろはすさん2021/04/15 12:52

    最初私が見てるのはJFKだっけ?ってなった。
    あちらのケビンコスナーも子沢山の設定だったのだ笑

    キューバ危機はちょこっと知ってるくらいだけど、あのギリギリの駆け引きな感じがよく伝わってきたかなー。
    時々白黒になったのはなぜなんだろ。

    大統領役がどこかでって思ったけど、ネトフリのやつだった。妻に手錠して心臓発作で亡くなる映画…!
    コロナ禍でこんな辛い世の中になるくらいなら、、いっそあの時に滅んでたらよかったのにって最悪なこと考えてしまった

  • 4.5

    masamさん2021/04/06 20:50

    10年ぐらい前に、キューバ危機をお勉強するために観ました。
    アメリカとソ連が一触即発。まさに核ボタンを押す直前に至るまでのトップの葛藤が描かれている。
    どこの世界にもキーマンがいるものだが、これは別格だった。
    キューバ危機から54年間もキューバとアメリカが国交断絶し、ほんの5年前に国交が復活したことも、この映画を観ていなければ知らなかったかもしれない。

  • 4.0

    みくさん2021/03/28 11:47

    面白い!
    ハラハラ ドキドキの頭脳戦
    アメリカに戦争仕掛けられそうなのを食い止めようとする大統領達

    頭良すぎて理解できない所もあったが
    ほんと、面白かった!

  • 3.8

    まつりかさん2021/03/19 21:07

    キューバ危機、戦争を回避するための13日間を描いた作品。
    全てが史実ではないと思うが、この時の大統領がケネディ以外なら第三次世界大戦に突入していたのは確かだろう。
    戦争推進派の軍を抑えて、何とか水面下での取り引きを成功させた功績は大きい。

    結果がわかっていてもハラハラしながら観た。
    キューバ危機の背景がわかって興味深い作品だった。

  • 3.7

    2Mさん2021/03/14 11:35

    他者に対する疑心暗鬼が国家レベルになると戦争という結果に行き着いてしまう。他者の善意を信じることがどんなに難しいことか、ただ善意があるからこそ最大の危機が回避されたのだと実感しました。
    あらゆる可能性や主張を総体的に捉えてまとめ上げていき、その中から最善策を見出していく。多様性が謳われる現在にも通用するリーダー像が見て取れました。

  • 2.9

    johnさん2021/03/07 21:52

    キューバ危機、核戦争回避の話。
    ケネディ兄弟と大統領補佐官、この3人の間では本音を言い合えているよう。
    映画はほぼ作戦会議などの会話で進むので淡々と進むし、どこまでが本当の事かわからないけど、いい映画だった。

  • −−

    DamKeeperさん2021/03/06 22:41

    始まって20分以上延々会議を見せられるので止める。

    ケビン・コスナーは役者としてユーモアが全くないのが致命的だった。


  • 3.3

    TakejirouNakamaさん2021/03/05 11:34

    2021 3.5 鑑賞
    二度目
    吹替版で観たがアカン❗️
    おまけにCMはいりまくりでアカン❗️
    ケネディ兄弟❗️

  • 3.5

    タウリン1000mgさん2021/03/04 19:37

     アメリカの防衛体制レベルに“デフコン”というものがある。デフコン5〜1まであり、数字が小さくなるほど体制が強化される。ちなみにデフコン1は戦時体制であり、戦争突入を意味する。
     この映画は一歩手前のデフコン2が発動されたいわゆるキューバ危機を描いている。アメリカとソ連の全面核戦争一歩手前まで迫ったこの政争において、回避のために戦ったホワイトハウスの男達。実際のところはどうなのか知らんが、この映画を観る限り、大統領がJFKでなかったら、第三次世界大戦が勃発してしまったのではないかと思ってしまう。そんな緊迫感を序盤から終盤まで途切れることなく味わえる。戦争しか手段がないと言い張る軍部を抑え、外交的手段においてこの危機を回避しようとしたJFKには頭が下がる。

  • 3.7

    Katsuya55さん2021/03/01 01:44

    実際に起きたことのスケールが大きすぎて、奇跡すぎて、面白いとかつまらないとか安易に評価できない
    いい映画だとは思う

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す