お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ロスト・シティZ 失われた黄金都市

G
  • 吹替
  • 字幕

「それでも夜は明ける」「ムーンライト」アカデミー賞(R)受賞製作チーム再集結!人生をかけた男の冒険が始まる―!

英国陸軍のパーシー・フォーセットは、ロンドンの地理学協会に呼び出され、南米ブラジルとボリビアの国境の測量を依頼される。しかし、これを成功させれば一家の名誉を取り戻せると知り、ヘンリー・コスティンと共にアマゾンへ向かうことに。様々な困難を乗り越え森の奥地へ進むと、フォーセットらは地面に散らばる土器を見つけ衝撃を受ける。帰国後フォーセットは、家族と子供たちと再会し幸せをかみ締めるも、地理学協会で、未開拓とされていた場所に黄金都市“Z”が存在することを告げ、再びアマゾンへ向かうのだった…。

詳細情報

原題
The Lost City of Z
作品公開日
2018-01-27
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-01-27
制作年
2016
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-02-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

アドベンチャー洋画ランキング

ロスト・シティZ 失われた黄金都市の評価・レビュー

3.4
観た人
1925
観たい人
2362
  • 3.6

    nockさん2022/01/18 21:50

    パーシーの子どもたち、特に長男はパーシーの自由奔放な性格が気に入らなくて親父にだけグレるけど、この子青年期、あの人じゃない?ストーリーぶっ飛んで、青年期の長男ジャックに釘付け。
    パーシーを見つめている画面がこちらを見つめているので「どこかでお会いしましたよね?」と記憶の箱を漁った。
    ああ、「ウサギじゃないピーターか」。

  • 3.3

    yumaさん2022/01/16 19:57

    出演者が豪華でインディージョーンズ的な冒険モノかと思って見始めたら、割と淡々としてる探検家のお話だった…。

  • 3.0

    Kさん2022/01/15 19:01

    名誉と家族のために赴いたアマゾンで、いつしか失われた文明ロスト・シティに取り憑かれた男の運命の物語。

    インディー・ジョーンズのモデルになったと言われるイギリスの探検家パーシー・フォーセットの冒険を描いた実話。

    とても静かで淡々としたストーリーで、いわゆる冒険モノに期待するワクワク感はないです。でもこれが冒険家のリアリティなのかなと思ったり。

    ラストはまさかでした。フォーセットの運命については諸説あるようです。

  • 4.2

    ミズキさん2022/01/14 18:56

    これは今年の掘り出し物です。
    この題名、そしてFilmarksでの評価から、なかなか見る人もいないのではないか。しかし、蓋を開けてみれば、20世紀初頭の硬派な冒険物語。イギリスの階級社会で認められようと冒険に出る主人公が、開拓期を切り開き、自らも探検へと惹かれてしまう…。

    『ロストシティZ』という題名からは、想像もつかないほど、忠実に探検とその難しさ、そして探検にいたるまでの人間関係が描かれる。
    冒険物といえば、ワクワクがつきものだが、その気配はやや薄い。しかし、堅実に「探検」を描いているのではないだろうか。

    ぜひ、タイトルで内容を決めないでもらいたい。
    おそらく、タイトルと、見ていないので推測になるが予告編から観客へミスリードを誘ってしまったのであろう。

    誰が何と言おうと、Filmarksの掘り出し物です。

  • 3.5

    千年女優さん2022/01/09 22:43

    優れた能力を持ちながらも一族に残る汚名のために勲章を得られずその返上の機会を伺うイギリス人将校のパーシー・フォーセット。1906年、王立地理学会からの依頼で国境を巡って争うボリビアとブラジルへ中立の立場で遠征へ赴いた彼が、失われた古代都市の痕跡を見つけてその後の生涯に渡って心を捉われ続ける様を描いた伝記映画です。

    『インディ・ジョーンズ』のモデルの一人と言われ原作小説ではインディとの邂逅も描かれた実在の冒険家を、ジェームズ・グレイ監督がデヴィッド・グランのノンフィクションを原作に映画化した作品で、チャーリー・ハナム、ロバート・パティンソン、トム・ホランドらのキャストで織り成す物語が評価されて批評家筋の賞賛を集めました。

    いかにもジェームズ・グレイらしい玄人受けする作品で、アドベンチャー映画としての分かり易いカタルシスや快活さには欠けますが、夢を追うひとりの人間の生涯を風格のある叙事詩として綴ります。未開の地でスペイン語?等のご都合主義感もありますが、所々にあるインパクトのある画とチャーリー・ハナムの熱演で引き込む一作です。

  • 3.5

    家族のすすめさん2022/01/09 22:07

    誇り高く夢を追って我が道を貫く生き様は痛快。また、出産や育児と家庭を守る妻も立派。周囲からの承認は孤独からの解放をもたらすも、覚悟の旅は心とは裏腹に別離を伴う。

  • 3.4

    jecceさん2022/01/09 15:39

    ロストシティZ。
    タイトルでとてつもないB級感を醸し出している。
    しかしながら、内容はとても現実味のある純粋な冒険物です。
    最後も◎。

  • 3.3

    ジョンマルコビッチ総統さん2022/01/08 23:37

    思っていたアドベンチャー映画とは違ったがなかなか面白い映画だった。
    密林の恐怖や古代遺跡を追い求める熱気が伝わってきた。

  • 3.3

    tokkuさん2022/01/07 19:07

    冒険家パーシー・フォーセットの話し。インディー・ジョーンズのモデルらしい。アマゾンの奥地なんて行きたくないわ...
    歴史の勉強映画です。

  • 3.5

    ペンソーさん2022/01/03 13:20

    黄金郷エルドラドを探し続けた主人公の半生を描く、実話を元にした作品。

    家族を顧みず冒険に明け暮れた主人公は家族から見放され、黄金郷も見つからない。
    冒険を繰り返す中で喪失感を味わい、蔑ろにしていた家族との絆に気づいてゆく。
    作風が、同じくジェームズ・グレイ監督作品の"アド・アストラ"と非常によく似てました。

    ジェームズ・グレイ監督作品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました