お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

モンスターペアレント【関西テレビおんでま】第11話 史上最強の怪物親

G 45分

 樹季(米倉涼子)は教育委員会の仕事から手を引いたものの、意識不明の重体の望月(平岡祐太)のことや解決に至っていない三浦(佐々木蔵之介)の件が頭から離れず仕事が手につかない。そんな樹季に城山(草刈正雄)はビッグビジネスとなる新しいクライアント、宮園清三(西岡徳馬)との案件を任せる。一方、教育委員会には宮園の妻・貴代(高橋ひとみ)率いる保護者の集団が、続く不祥事に苦情を訴えていた。数ヶ月前、息子の内申書の書き換えを教育委員会に強く願い出るも屈しなかった田川(角野卓造)に怒りを抱いていた貴代は、ここぞとばかりに田川を責め、教育委員会の膿を一掃するとまで言い出した。市の助役(徳井優)からは高額納税者である貴代とはうまくやるように嫌味を言われながらも、ひたすら耐える田川。
 ある日、樹季は貴代から田川を辞めさせる協力を頼まれた。大手クラインアントである宮園の妻からの依頼を断ると、会社に大損害を与える可能性もあり、困惑する樹季。そんな中、週刊誌に教育委員会がすべての保護者をモンスターと称し“モンスターペアレント撃退マニュアル”を作成しているとの記事が掲載された。騒ぎは大きくなり、助役からマニュアルを手に入れた貴代はそれを田川に突きつけ説明会開催を求めた。そこで納得いく答えが出ない場合は、田川の辞任と教育委員会の保護者運営を要求するという。
 一方、樹季は田川の旧友でもある城山に教育委員会の困難に陥っていることを訴えるが、「見守るしかない」と一蹴されてしまう。何も手助けできない自分に落ち込む樹季は、望月が入院している病院に向かい、自分がなすべきことは何か、自問する。
 保護者への事情説明会の日、田川はひとり壇上で貴代ら保護者のグループから糾弾されていた。不起訴となり釈放された三浦は、その足で会場に向かう。そして樹季は…。

お得なパック(1)

詳細情報

関連情報
演出:小林義則(共同テレビ),城宝秀則(共同テレビ),三木茂(共同テレビ) プロデューサー:吉條英希(関西テレビ),岩田祐二(共同テレビ) 音楽:本間勇輔 主題歌:徳永英明「愛が哀しいから」(ユニバーサル シグマ) 制作:関西テレビ,共同テレビ
制作年
2008
対応端末
公開開始日
2014-12-04 11:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

社会派国内ドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

俳優・女優で探す

キーワードで探す

ランキングで探す