お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

鬼嫁日記 いい湯だな【カンテレドーガ】第4話 まどかのいじめは私のせい!?

G 44分

 ある日、「竜乃湯」で働く一馬(ゴリ)のもとへ早苗(観月ありさ)がやってくる。まどか(遠藤由実)の学校から呼び出されたという。早苗が学校に行くと、担任教師の山田康子(吉村涼)から、まどかがクラスの男子を池に突き落としたと報告を受ける。驚く早苗は家に戻りまどかに理由を聞くが、「もうやらない」と言うだけで理由を言おうとはしない。不安になる早苗に、一馬と竜五郎(加藤茶)はいつも早苗が一馬を怒っている家庭環境が悪影響を与えたかもしれないと言い出す。さらに、久美(鈴木砂羽)にも一馬に対する態度はひどいと言われた早苗は、まどかのために一馬に優しく接することを決める。
 夕食時、テーブルにおかずをこぼした一馬を叱りかけた早苗だが、まどかが見ていることを意識して慌てて優しい口調に。調子づいた一馬はシューマイとピーマンの交換を申し出るなどやりたい放題。腹を立てながらも笑顔を見せる早苗。
 そんな中、家庭訪問の知らせがきた。早苗の優しい日々がさらに続くことを期待してほくそ笑む一馬に対し、ガマンの日々を重ねている早苗はストレスからかぼんやりとすることが多くなっていた。会話もどこか上の空の早苗を心配するまどかは、ユリ(蛯原友里)に相談する。
 同じ頃、カフェでは健作(高知東生)が山崎家の家庭状況を聞いて一馬と竜五郎を遊びに誘っていた。最初は断るものの、だんだんその気になる一馬。寺ではユリからまどかの話を聞いた早苗が陽光院(野際陽子)や美咲(川島なお美)に事情を話していた。陽光院から上辺だけじゃなく、夫婦の絆を深めるようアドバイスをもらう早苗。帰宅後、早苗は一馬に一緒にいる時間を増やすため、できるだけ「竜乃湯」に行くと提案するが、一馬は互いの仕事を交換した方がそれぞれの苦労もわかり、絆も深まると主張。健作から翌日の女子大生とのカラオケに誘われていたからだ。しかし何も知らない早苗は一馬の主張を受け入れる。

お得なパック(1)

詳細情報

関連情報
原作:カズマ「実録鬼嫁日記」(アメーバブックス新社) 演出:塚本連平,池添博,小松隆志,植田尚 プロデューサー:安藤和久(関西テレビ),東城祐司(MMJ),布施等(関西テレビ) 音楽:仲西匡 主題歌:「Again」谷村奈南(SONIC GROOVE) 挿入歌:「ブランケット」ナナ・イロ(R and C Ltd.) 制作:関西テレビ,MMJ
制作年
2007
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

コメディ国内ドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

俳優・女優で探す

キーワードで探す

ランキングで探す