お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

鬼嫁日記 いい湯だな【カンテレドーガ】第8話 夫婦で同じ趣味を持つべきよ!

G 46分

 趣味を持とうとフラメンコを習い始めた早苗(観月ありさ)。そのレッスン場が改装工事でしばらく使えなくなるため「竜乃湯」を提供することになり、下見のため講師の西田佳恵(松本圭未)や生徒たちが「竜乃湯」に押し寄せてきた。夫婦で共通の趣味を持つことの素晴らしさを訴える佳恵の言葉に、早苗は強制的に一馬(ゴリ)にもフラメンコを習わせることに。
 その日から早苗の一馬に対する強化レッスンが始まった。家に帰ってからも特訓させられる日々にうんざりし、嬉々としてギャンブルに向かう健作(高知東生)をうらめしそうに見送る一馬。同じ頃、寺に来ていた早苗はなぜか編み物をする美咲(川島なお美)を見つつ、ユリ(蛯原友里)や陽光院(野際陽子)に夫婦でフラメンコをしている楽しさを話していた。
 ある日、一馬はレッスン中に倒れた拍子に足首をひねってしまった。仕方なくレッスンを休ませることにする早苗。しかし、実はケガはレッスンをやりたくない一馬の嘘で、案の定あっという間に早苗にバレてしまう。そこでフラメンコが嫌だと早苗に訴えた一馬は、たまたま目に入った竜五郎(加藤茶)の持っていた碁盤を見て、とっさに囲碁が趣味だと嘘をつく。「趣味は押し付けるものじゃない」という陽光院の言葉を思い出した早苗は、諦めることに。
 翌日、定休日の「竜乃湯」で一馬と竜五郎が囲碁の勉強をしていると祐介(山本裕典)が来た。一馬が欲しがっていたユリの限定ストラップがネットオークションに出品されていたとプリントアウトした紙を渡す。しかし、3万円の値がついていてとても手が出せない。一方、レッスンの休憩時間にフラメンコ用の靴のカタログを見ながら、3万円の赤い靴に目を留める早苗。
 数日後、早苗はなんとか家計をやりくりして、靴を買うための3万円を捻出。するとそこに壊れた碁盤を持った一馬がやってきた。碁盤が直らないと知ると、早苗は一馬に新しい碁盤の購入代金として3万円を渡してしまう…。

お得なパック(1)

詳細情報

関連情報
原作:カズマ「実録鬼嫁日記」(アメーバブックス新社) 演出:塚本連平,池添博,小松隆志,植田尚 プロデューサー:安藤和久(関西テレビ),東城祐司(MMJ),布施等(関西テレビ) 音楽:仲西匡 主題歌:「Again」谷村奈南(SONIC GROOVE) 挿入歌:「ブランケット」ナナ・イロ(R and C Ltd.) 制作:関西テレビ,MMJ
制作年
2007
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

コメディ国内ドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

俳優・女優で探す

キーワードで探す

ランキングで探す