お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ハローグッバイ

G

友達ってなんですか?

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えられなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

ハローグッバイの評価・レビュー

3.8
観た人
2596
観たい人
5454
  • 3.0

    アポロニアさん2021/10/13 22:22

    萩原みのりさん、いいですね、しばり観していこうと思います🌻

    残酷でなかなか大変なこどもたちの世界。大人になると忘れているのか忘れようとしているのか…。ヒロインの子たちも、毎日過酷な人間関係を生き抜いている🔥楽しかったけど、楽しいことばっかりじゃなかったよね、学生はいいよな〜なんて軽々しく言えないなと思った。

  • 3.4

    チロルさん2021/10/10 12:14

    ひとりでごはん食べる寂しさをあまり感じたことがないのに感情移入してしまった。

    もたいまさこは安定の存在感。
    そして、この前まで放送されていたドラマで知った萩原みのりの存在。
    これから注目していきたい。

  • 4.0

    karenさん2021/09/14 01:08

    高校生までの狭い世界って大変だしそこがすごくリアルに描かれていてよかった。
    おばあちゃんの手紙、好きな人、大切な曲、すごく心にきて泣いてしまった。
    息子とエツコさんしか知らないというところで心がぎゅってなった。
    主題"歌"ではなく"曲"なのが新鮮で、ピアノだけでシンプルなのにすごく心に残るものだった。
    最後名前を呼び合うシーンがすごく良かった。

  • 4.7

    コワセさん2021/09/10 01:51

    ジェットコースターのように感情が動く、不安定な思春期を二度ともう過ごしたくないと思っていたけれど、そんな不器用さを抱きしめたくなるような映画だな

  • 3.5

    ミクさん2021/09/07 00:54

    心地よいやわらかさを感じる落ち着く作品で、80分というのもちょうどよい。もたいまさこはすごいな、一瞬で雰囲気を作り出している。

  • 4.0

    趣味のいい生活さん2021/08/12 17:01

    悩みを抱える女子高生2人が認知症のおばあさんの初恋の相手を探す青春映画。
    対照的でありながら似た部分を持つ主演2人の演技が素晴らしく、特に萩原みのりの他者との繊細な距離感が好印象。上映時間は80分とコンパクトな作りながら、グッと心に染み入る丁寧な良作。

  • 3.7

    KaZuiさん2021/08/06 07:50

    💬2人の女子高生の成長を描いた青春映画。一軍女子の水野はづき(演:萩原みのり)と孤独な委員長の今村葵(演:久保田紗友)。認知症の高齢女性・小林悦子(演:もたいまさこ)との出会いをきっかけに2人の物語が交わる。それぞれ心に影を抱える女子高生を久保田紗友と萩原みのりが好演しており、もたいまさこが醸し出す安心感と演技力に引っ張られているよう。音楽が良かった。旅の最後と映画の最後の2人が印象的。

    初鑑賞:2021年7月18日
    鑑賞方法:動画配信サービス(U-NEXT)
    2021年177本目。
    7月19本目。

    🗣萩原みのりさん目当てで鑑賞しました。『佐々木、イン、マイマイン』を観たときからファンです。

  • −−

    maruchanさん2021/08/05 20:49

    菊池監督の作品ははじめて観ました。

    学生生活からかけ離れすぎてしまったからなのか感情移入はできなかったけど、もたいまさこさんの安定感と、後半の音楽がすてきでした。

    普段は同じクラスにいても交わらないまじめで優等生でややクラスで浮いている委員長と、いけてる系の女子高生が関わりを持って、その2人と、
    もたいまさこ演じるおばあさんと交流が生まれるお話しです。
    委員長がかわいすぎることや、いけてる女子高生の制服がインでないことなど、作者の本意でないことばかり気になってしまった。

    おばあさんは痴呆があり、実の娘たちとのやりとりも描かれているのだけど、終盤の娘が台所に向かう表情が1番ぐっときました。

  • 4.5

    シネマゆっこさん2021/08/01 03:38

    冒頭のシーンでもう引き込まれてしまう。何度観てもいい映画。

    主演のお二人が素晴らしい。

    ロードムービー風のところ、もう少し無駄なシーンがあったら嬉しかった。

    ユーロスペースの最終日最終回は通路まで客が入ってぎっしり。上映後は監督や出演の方々も登壇された。皆さん本当に楽しそうに話されていたのが印象的だった。




  • 3.0

    あの子らさん2021/06/27 22:15

    気持ちいい温度感だった。
    女子高生の女優さんどっちも素敵。

    もたいさんのキレキレの役ばかり観ているから、ボケてないのではと思っちゃった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る