お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

白い春【関西テレビおんでま】第8話 二人のお父さん

G 47分

 春男(阿部寛)が働いていると、さち(大橋のぞみ)が算数のテストの点数が悪かったと沈んだ様子で帰ってきた。理由を聞いた春男は、康史(遠藤憲一)に勉強を教えてやれと訴える。春男に言われたことを悔しく思いながらも、康史はさちを優しく励まして勉強を教える約束をする。ところが、さちは康史に内緒にしていた点数を春男が告げ口したと怒り、春男に絶交を言い渡した。微妙にショックを受けてすねる春男。一方、移動式ワッフル屋を始めたもののチンピラの安田に因縁をつけられ10万円を払う約束をしてしまった栞(吉高由里子)と勇樹(遠藤雄弥)は、翌日に期日が迫っているのにお金が工面できず途方に暮れていた。絶交のショックの余韻なのか、仕事から帰ってきても栞たちにまったく関心を示さない春男にいら立つ栞。
 ある日、康史が仕事に対する熱意が感じられないと春男を注意をするが、春男は労働時間が長いと反発し、明日からは残業はしないと言い切る。そこにさちが帰宅。学校で作ったという折り紙の動物を康史と恵一(村上剛基)にプレゼントするが、絶交中の春男には何も無い。しょんぼりした様子の春男を見た佳奈子(白石美帆)は、さりげなく励ますと同時に、さちの父親と名乗ることも出来ずにここで働いていて本当にいいのかと問う。春男はそれに答えず、佳奈子に母親になれなくていいのかと逆に質問する。すると、核心をつかれて激しく動揺した佳奈子は、とにかく早く辞めて欲しいと言って去っていってしまう。

※著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上、お楽しみ下さい。

お得なパック(1)

詳細情報

関連情報
演出:三宅喜重 プロデューサー:安藤和久(関西テレビ),吉條英希(関西テレビ),東城祐司(MMJ),伊藤達哉(MMJ) 音楽:仲西匡 主題歌:阪井あゆみ「横顔」(EMI Music Japan) 制作:関西テレビ,MMJ
制作年
2009
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ヒューマン国内ドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

俳優・女優で探す

キーワードで探す

ランキングで探す