お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

  • <<<<<<< HEAD

無理な恋愛【関西テレビおんでま】 第10話 男の引き際、最後のデート

G 46分

 正午(堺正章)は新人バンド・ZUKANのCDの売れ行きが不調なことを理由に、社員たちから現場を離れるよう言われる。自らの責任を感じる文平(田中圭)を励まし、ライブ前にもZUKANに率先して声をかける正午。ライブの様子を袖から見ていた正午は、祥子(青木さやか)と文平に「あとはよろしく」と声をかけ、その場を立ち去る。その様子から、祥子は正午が会社を辞めようとしているのだと気付く。
 かえで(夏川結衣)は、脚本の研究を始めて楽しそうな龍彦(徳井義実)に、映画のシナリオ募集のチラシを渡す。かえで自身は、オーディションや営業活動を事務所の村上社長(不破万作)と共に続けるが、やはりどこでも36歳という年齢がネックになってしまう。
 ライブの帰り道、ケンちゃん(ムッシュかまやつ)の店に寄った正午は、「必要とされてないのにいるのは辛い」と本音を漏らす。そして何もなくなった60歳に恋は厳しいと自嘲する。そんな時、丁度かえでが店にやって来た。かえでは女優業を頑張る気になったのは、頑張っている正午に負けたくないと思ったからだと話す。それを聞いた正午は、今の自らの境遇が切なくなる。
 後日、かえではダメもとで受けた映画のオーディションで、ヒロインの叔母さん役で起用を検討しているので、もう1度会ってみたいと連絡を受ける。
 一方、正午は遂に会社に辞表を提出し、名残り惜しむ祥子や文平を置いて、会社を去っていくのだった…。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

関連情報
演出:塚本連平,小松隆志,植田尚 プロデューサー:安藤和久(関西テレビ),東城祐司(MMJ),浅井千瑞(MMJ) 音楽:仲西匡,瀬川英史 主題歌:「忘れもの」堺正章(ビクターエンタテインメント) 劇中歌:「サイケなハート」ザ・レインドロップス(ビクターエンタテインメント) 制作:関西テレビ,MMJ
公開終了日
2018-03-30 15:00:00
制作年
2008
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
レンタル (高画質) 324円
ご購入手続きへ

ラブストーリー国内ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア