お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • 再生する

本格文學朗読演劇 極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』

G

“朗読劇×演劇×文學×芝居セッション=極上文學“

極上文學とは?

朗読劇なのに演劇のように動き、芝居をする。手に本を持つことで普通では考えられない想像力を刺激する斬新な演出!
日本文学が持つ言葉の美しさを大切にし、原文をできる限りそのまま朗読!
1役・複数キャストで、毎公演組合せを変えて上演する独特の”マルチキャスティング”スタイル!
演じる相手によって役者同士の芝居が変わる。それはまるでセッションのようなスタイル。組合せが変わることで、生まれる作品は全て別作品のように違う!

【あらすじ】
『風の又三郎』
風が強い日の朝。
山奥の小さな小学校に、おかしな赤い髪の転校生が現れる。
嘉助は転校生が“風の又三郎”だと言ってはやし立て、
級長である一郎は興味を持ってはいたが、なかなか親しくなれずにいた。
そんなある日、学校のみんなで遊びに行った先で、深い霧の中に迷い込んでしまい、
嘉助は意識を失いかける。
その時、ガラスのマントを着た又三郎が現れ…。

『よだかの星』
よだかは、醜い容姿のせいで他の鳥たちから疎まれていた。
プライドが高い鷹は、そんな不格好なよだかが自分と同じ“たか”という名前を
名乗っていることが気に入らなかった。
よだかは鷹に「もし改名しないのならば酷い目に遭わせるぞ!」と脅されてしまう。
理不尽な要求に、よだかは深く悩み苦しむ。
そしてとうとう意を決し、空に輝く太陽に向かって飛び立つのだが…。

    詳細情報

    音声言語
    日本語
    制作年
    2018
    制作国
    日本
    対応端末
    • PC
    • Android
    • iOS
    • Chromecast
    • VIERA
    • BRAVIA
    • PlayStation®4
    • AndroidTV
    • AppleTV
    公開開始日
    2018-03-14 09:00:00

    お気に入り

    その他舞台ランキング

    評価・レビュー

    レビューを投稿してください。

      ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

      サブジャンルで探す

      カテゴリで探す

      キーワードで探す

      • ツイート
      • シェア
      Official Partner of NBA