お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

婚約者の友人

G
  • 字幕

愛する人の墓の前で泣いていた男。彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く―。

1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツを亡くし哀しみの日々を送っていたアンナは、ある日フランツの墓に花を手向けて泣いている見知らぬ男に出会う。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る男の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼の友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンは自らの“正体”を告白する。いくつもの謎を残したまま姿を消したアドリアンを捜すために、フランスへ旅立つアンナ。パリ管弦楽団、ルーヴル美術館と、心当たりを訪ね歩くアンナは、アドリアンが入院したという病院にたどり着き、衝撃の記録を見つけるのだが-。

詳細情報

原題
FRANTZ
作品公開日
2017-10-21
音声言語
フランス語/ドイツ語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-10-21
制作年
2017
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2018-04-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

ドラマ洋画ランキング

婚約者の友人の評価・レビュー

3.7
観た人
2915
観たい人
5882
  • 3.9

    Takayukiさん2021/11/19 01:07

    終戦後のドイツ、愛する婚約者の墓の前で涙を流すフランス人の男。彼を亡き婚約者との戦争を越えた友人だと信じた彼女に告げられた真実は。
    モノクロとカラーの切り替わり、カットの移り変わりやカメラワークが非常に繊細で滑らか。
    物語も映像も音もどこをとっても美しい作品だった。
    特にラストのキスシーンは、息を呑むほどに切ない愛に包まれていた。
    フランス映画はこれだから堪らない。

  • 4.0

    Undergroundさん2021/11/14 16:44

    登場人物の皆が善人でありながら悲劇があり、嘘が上塗りされていく。
    難解ながら上質で心に残った。

    ちなみにハンス役のエルンスト・シュトッツナーは「アンダーグラウンド」のフランツ役の役者。アンダーグラウンドでは少しコミカルな役だったが、本作では落ち着いた素敵な老紳士でした。

  • 3.5

    Yさん2021/11/02 00:51

    エイドリアンが事実を告白するまでが退屈でお墓のシーンあたりで寝てしまったけれど、ここからがむしろ本番だったようだ。
    エイドリアンの自分勝手さに対して、何よりアンナの思慮深さに感動した。
    わざわざモノクロにして昔風の映画を気取っているだけかと思ったけれど、その印象は後半で消えた。
    最後のシーン…
    これを解釈するにはマネのあの絵について知る必要があるのかな?

  • 3.9

    えりさん2021/10/31 13:32

    モノクロの映像で終始しっとりとした雰囲気で展開されるとてつもなく切ない話だった。最後には少し救われた部分もあるけど、みんな何かしらで苦しんでる様子が印象的だった。

    アドリアンが正体を明かすシーンは、音楽もピエールニネの演技も最高でものすごく引き込まれたし、最後まで見終わった後何度も見直した。
    涙を流すタイミングまで絶妙だった。

  • 3.5

    Eriさん2021/10/24 10:47

    モノクロ映画!こんなに綺麗なんですね😳✨✨
    主人公の心境?でカラーになるシーンもあり、まさにアンナの心の動きに注目した映画でした!


    戦争で婚約者フランツを亡くしたアンナが、ある日お墓参りに行くと、彼のお墓の前に立つアドリアンと出会う!

    敵国だったフランス人のアドリアンはフランツの友人と語り、生前のフランツの話を聞かせてくれることで、フランツの両親、アンナの傷は癒されていく☺️

    しかし、アドリアンは秘密を隠していた!
    その秘密とは何か?というお話でした!


    秘密を知ったアンナの心はどんなに苦しかったことか、そしてアドリアンに芽生える想い🥺

    戦争がなければ普通に結婚していたはずなのに、婚約者を亡くし、アドリアンへの想いもまっすぐに向けられず、、
    戦争って本当に人の人生を狂わせるものだと考えさせられました😣

  • −−

    herさん2021/10/19 19:26

    ヴェルレーヌの落葉が引用されていた 秋の物憂さを思ったが、第二次世界大戦時にフランスへ送る暗号として用いられていたそうで、この映画には欠かせない引用になっている
    鏡合わせのように重なる彼らがなんとも悲しい 後半に強いエゴイズムを感じてしまう展開があるが、それを自覚していないのか、相手らのことを全く考えていないのか、すれ違っていくさまがどうにもせつない 許したいという気持ちは愛だと思うが、許されたいという気持ちはエゴだと思う 決意には責任があるから
    序盤に出てくる「男が横たわっている絵」が何か気になっていたら答え合わせまで描かれていた ラストのせりふと、絵画のタイトルに不安を残し終わっていく
    不穏な空気が拭いきれないままのラスト 喪失から始まり終わりは…どう捉えるべきか、未だに悩んでいる すばらしい一作

  • 3.7

    human4errorさん2021/10/17 00:49

    真実の苦しみ、偽りの安らぎという対比。死に直面することで生の義務を感じること。愛は....... まあまあ(理解不足) ちょっと盛り込みすぎかと。

  • 4.0

    スミルさん2021/10/07 00:50

    こんなストーリーだったとは全く予想がつきませんでした。
    アンナがついた嘘。それで救われた婚約者の両親と友人。だが、彼女の罪の意識は消えないだろう。そして、彼女が持った感情。2重に3重に彼女を苦しめたのだろう。辛すぎる。彼女がパリで幸せになれますように。そう祈りたい。
    心が揺さぶられた作品でした。

  • 3.0

    NariYamashinaさん2021/10/01 10:52

    Summer of 85を映画館で観た後に
    同監督作品を家で鑑賞。

    口コミではアンナの行動への
    非賛同が少ないけど、
    あのやりとりの後に恋愛感情を持って
    会いに行くのはちょいと自意識過剰かな?と笑
    相手にも相手の人生や人間関係がある。

    まぁ主なテーマはそこじゃないと思うけど!

  • 3.5

    楽園さん2021/09/30 22:07

    映像がモノクロからカラーに移り変わったりと、凄くいい作品でした。

    戦争で婚約者を失った女性の前に突然現れたフランス人。

    そんなフランス人男性に恋に落ちてしまった女性の切ないラブストーリー。

    最後も切なすぎた。

    動画配信サービス『Hulu』にて視聴しました。

    観る人によっては、つまらない映画かも知れませんが...
    個人的には中々、良かったです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました