お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

うつくしいひと/うつくしいひと サバ?

G

熊本出身の行定監督と高良健吾・橋本愛ら俳優による熊本の美しい自然と愛に溢れた珠玉の中編映画!

『うつくしいひと』
本屋と喫茶店が一緒になった店でアルバイトをする女子大生・透子は、友人の田上から自分の母親の鈴子が怪しい男につけられていたと聞かされる。慌てて母親のもとに行くと、それらしき男の姿が。その夜、透子と鈴子は、高校生だった鈴子を主演に亡き父が撮影した未完の8ミリ映画を、一緒に観賞する。次の日、透子は私立探偵の玉屋に母親のボディーガードを依頼する。玉屋はその前日に重大な事件が絡んだ依頼を受けていたものの、透子と共に彼女の母親のもとへ足を運ぶ。
『うつくしいひと サバ?』
私立探偵の玉屋末吉と田上は、地震の被災地でさまよう外国人のマチューと出会うが、言葉が通じない。唯一聞き取れたのは「サバ」という一言だけ。それでも、仲間の助けでマチューが亡き妻の遺骨を義父の義晴に届けるためフランスからやってきたということが分かる。マチューはやがて義晴のもとにたどり着くが、義晴の心は震災で深く傷ついていた。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2018-06-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

うつくしいひと/うつくしいひと サバ?の評価・レビュー

3.4
観た人
624
観たい人
1197
  • 4.0

    樹佳さん2021/10/31 16:22

    行定勲×高良健吾×橋本愛という熊本出身の、大好きな監督と俳優の映画で見たかっただけでしたが、凄い‥
    「うつくしいひと」では、熊本の美しい景観をバッグに広げられるどこにでもありそうな恋の物語。橋本愛さんも高良健吾さんもどちらも目の力が鋭く引き込まれる演技をされる作品が多いイメージで好きでしたが、今作品では橋本愛さんはどこにでもいる普通のかわいらしい女の子を演じていて、高良健吾さんはリアクションが大きく軽薄にすら感じる私立探偵を演じていて、こんな演技も出来るんだ‥とさらに好きになりました。橋本愛の熊本弁が可愛い!
    「うつくしいひと サバ?」では、前作の完成、上映後の2016年4月に熊本地震が発生し、大きな被害を受けた同県の復興に向け被災地での撮影をしている。こんなにもひどい状態だったなんて知らなかった‥キャストが熊本出身の方が多いので、この映画への思い入れは凄かったんじゃないかなと思います。道路が分断されたシーンはつらかった。それでも熊本城は傷つきながらも崩れず強く美しい姿を見せて、被災者の方々を勇気づけたのかな‥

    偶然にしろ、熊本地震の前と後の姿を捉えた重要な作品になったと思います。
    いつか、熊本いって熊本城がみたい!

  • −−

    hanakoさん2021/10/09 12:17

    石橋静河のコンテンポラリーダンスもっと観ていたかった
    震災後の撮影だからか、地元への思いがうつくしいひとよりも詰まっていた気がする

    フランス語ほとんど聞き取れなくて悲しかった

  • 3.5

    loyunさん2021/08/24 02:42

    色がばちばちして、不思議な雰囲気だった。2話収録?どちらも素敵な話だった。自然と、人の暮らしの中で生まれてくる関係性だったり思い出だったり、懐かしむということについて色々と思いを馳れる物語だったと思う。舞の部分が素敵だった。

  • 3.5

    wattiestさん2021/06/06 14:18

    2021年 33本目

    "Ca va?"

    前作と連続して観たけど見違えるような出来。どうした行定何が起きてたんだ。
    と思い調べたところ前作は震災前に撮った作品とのこと。それだけに想いが違ったのか。

    高良健吾と米村亮太朗の相性の良さはそのままに、本作で中心となる親子/夫婦、そして熊本が震災によって受けた哀しさがラストのダンスに凝縮されている。

    それにしても、高良くんの笑顔は心をぐっと惹き寄せるなぁ。

  • 3.4

    タツヤさん2021/05/28 23:55

    コンテンポラリーダンスは詳しくないけど、石橋静河のダンスと熊本の荒廃した風景がシンクロして、なんか胸が締め付けられる感じがした。
    短編だけど、いい映像を魅せてもらいました。

  • 3.0

    8823さん2021/05/21 19:29

    言葉が通じなくても徐々に打ち解けてくかんじが良かった。最後のお父さんのメルシーボークーは泣いちゃった。被災地で踊る石橋さんのコンテンポラリーダンス、なんか凄い迫力だった。

  • 3.7

    mallowskaさん2021/05/05 12:24

    「傷ついていても美しい」

    地震後の熊本。
    地割れした道路、崩れた神社、熊本城でのダンス。
    ダンスって生きることなんだなって実感。


    Ça va? って便利な言葉です。

  • 3.5

    KUROさん2021/05/02 23:56

    【記録用】
    とてもよかった。作品の素朴さの中に、深い奥行きを感じた。

    ①ストーリー1
    ②演技
    ③独創性
    ④映像美2
    ⑤その他0.5

  • 3.8

    ゆうなさん2021/04/24 17:42

    コンテンポラリーダンスのシーンのインパクトがすごい…
    美しくて、清々しくて、悲しくて、壮大で、怖くもあって…観る人によって感じ方が変わりそう。
    行定監督はこのダンスシーンを撮りたいがために脚本を作ったんじゃないかなってくらい、なかなか鮮烈なシーンで、
    監督の、震災への怒りと悲しみを感じた。

    2作通して、高良くんの熊本弁がほんと素敵。ちぎゃーがかわいかった〜

  • −−

    Miroさん2021/04/23 18:17

    きみの鳥はうたえるのクラブで踊るシーンに見惚れたのが始まりだったけど石橋静河は本当に魅力的だ
    ファンです!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る