お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

地球最後の秘境 南極大陸

G
  • 字幕

忘れることのできない430日のアドベンチャーへ!

地球の最果てに位置し、多くの謎に包まれた南極大陸。地球温暖化による壊滅的な気候の変化と、厳しい冬を生き抜く野生動物たちの生態系の実態を調査するため、カナダの環境調査船セドナ号に同行し、15カ月に及ぶ長期ロケを敢行。家族と離れ、全てをなげうち過酷な環境で生活する乗組員13人に密着しながら、地球上で最も文明から隔絶された冬の南極大陸の驚異と神秘を捉えた壮大なドキュメンタリー!

詳細情報

原題
The Last Continent
音声言語
フランス語/英語
字幕言語
日本語
制作年
2007
制作国
カナダ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-05-23 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

地球最後の秘境 南極大陸の評価・レビュー

3.1
観た人
15
観たい人
9
  • 4.0

    ryukaさん2019/08/05 16:23

    地球にこんなことにしているのは人類だ。
    胸が痛い。
    白く薄いブルーの氷、そこに息づく生物たちの生命力。
    そして、地球温暖化の影響について調べるクルーたち。
    良いバランスで描かれている。
    空や海、色がまた美しく映し出されて感嘆の溜め息が出る。

  • 3.5

    ayuさん2019/01/23 23:22

    自然って美しいけど、それと同時に人間なんてちっぽけだなあと改めて思った。

    日照時間が4時間、夜の暗いのが20時間も続いたら、暗くて、嫌な気持ちになるだろうし、テレビもなければ家族と離れてるクルーはどうにかなりそう。

  • 3.0

    Diamanteさん2017/10/31 13:43

    題材テーマとしてある温暖化による環境問題とは別に、クルーの葛藤が割と多くの時間写されていた。
    鑑賞後は、それも込みで問題に対する切実さの演出の一部として納得できました。
    生物描写がもっとあるかと思いましたが、過酷な現状は充分に伝わり、一つのテーマに照準を当てた作品としては一貫性がありよかったと思いました。

  • 3.9

    カントさん2017/10/16 07:17

    マジで地球ヤバいって!人類…自分、何してくれとんねん!…を実感できる南極ドキュメント。カナダ南極観測隊430日の記録。

    ▼2005年。南極半島のメルキオール諸島。かつてアルゼンチン観測隊が作った古い調査基地(コテージ)を利用するカナダ南極観測隊。
    3月2日、イリサール砕氷船が物資を届けに来る。それに乗って帰らなければ最悪の場合9ヶ月間、船の中に閉じ込められた生活を強いられる(南半球と北半球は冬と夏が逆転)
    ▼映画の触れ込みでは「13人の隊員に密着」と有るが厳密には密着ではなく、カメラマンも音響技師も13人の隊員のメンバーだ。
    その他に潜水夫、船医、整備士、料理人、科学者、心理学者など覚悟を決めたエキスパートが南極越冬を決意する。
    葛藤が無い訳じゃない。家族に会えない不安。何げない事でイライラするヒステリー。果ては…殺される妄想。
    閉鎖空間で正気を保つのは難しい事だ。
    ▼食料24トン。チョコに豆に肉、その他諸々。トマトペーストだけで200キロ。「ブラディ・マリー飲み放題な(笑)」陽気な隊員達。
    船のデッキは4℃。冷凍肉は溶けてしまう。氷の中で保存する隊員。
    ▼メルキオール諸島の湾内に停船して海面が凍るのを待つ。
    6月になっても凍らない海。嵐が来れば岩礁に船がぶつかる!(ほぼ前半は岩礁と船との格闘)
    ▼8月に、やっと凍る海。氷が有害な太陽光線を遮断して海洋生物に恩恵をもたらす(太陽光線がプランクトンの細胞を破壊する)
    この世の物とは思えない美しい海洋生物の数々。
    ▼ウェッデルアザラシの新生児。母アザラシが育児放棄。人間は手を貸さない。ただ見守るだけ。
    皇帝ペンギンが凍らない海を見つめる。暖かい南極。この景観の変化は人間の仕業。人類は自分たちの生活に及ぶ影響を知って、やっと目を覚ました所。
    ▼カナダ南極観測隊は歴史も浅いので、過酷なサバイバルっぽいけれど…日本の南極観測隊の昭和基地は、床暖房もあるし、けっこうヌクヌクと観測しているそうです。
    邦画まったり系の秀作「南極料理人」は北海道でロケした映画だけど、ヌクヌクっぷりは良く伝わりますね。
    ………南極に行きたい😊

  • 2.7

    たくやさん2017/09/19 20:05

    南極大陸がそれほど厳しくない始まり方で、かなり温暖化が進んでいるのが驚きだった。
    基本的には南極調査の歴史及び調査の過酷さと温暖化の警鐘が主な内容。中身はほとんど温暖化問題についてのこと。天候が不安定で嵐になる時もあって過酷なんだが、温暖化が原因だ、みたいな感じのナレーションで後味が悪い。題名の秘境という感じはしない。テレビの前でサッカー見ながら騒いだり南極の話とは程遠い内容もあり、後半になればなるほど嫌気がする。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す