お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アンダー・ザ・ウォーター

G
  • 字幕

世界は海に沈んだ。人類はどうする?

時は2095年。海面の上昇で大陸のほとんどが海に沈没。真水は貴重品となり、もはや人類が滅亡するのも時間の問題だった。わずかな希望は、ある女性科学者の存在。海水を真水に変える研究を完成させていたと言われるが、それを発表することなく2017年に飛行機事故で他界していた。研究結果を入手するよう密命を受けたファン・ルン大尉は、QEDAと呼ばれる自らの分身を2017年へとタイムスリップさせる。

詳細情報

原題
MAN DIVIDED
作品公開日
2018-01-06
音声言語
デンマーク語/スウェーデン語/英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-01-06
制作年
2017
制作国
デンマーク/スウェーデン/フィンランド
対応端末
公開開始日
2018-06-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

アンダー・ザ・ウォーターの評価・レビュー

2.7
観た人
346
観たい人
755
  • 1.0

    hidekonさん2021/10/01 12:53

    微妙。リアルな将来としての畏怖もなく、のめり込みほどの緊張感もなく。最初に入り込めないとあとは惰性で。

  • 4.0

    nockさん2021/09/05 18:35

    2095年、地球温暖化のせいで海水が上昇。
    地球に住む生き物(植物も含む)は塩病という病に苦しめられていた。
    今の時代のように真水は普通では手に入らない。

    蛇口を捻れば水が止めどなく出て、降ってくる雨はしょっぱくない。
    現代の当たり前は、未来では有り得ない当たり前になっている。

    タイムスリップするとき、体は現在と過去に分割される。思考は共有。
    ミッションを受けてタイムスリップしたゴードンだが…。
    過去は些細なことでも変えてはならない。それは徐々に大きな過去の変化になってしまうからだ。
    未来人がお邪魔しているだけで、もう過去は変わってしまっているのだから。

    環境問題も多くある、差別もイジメもある。クソくらえな時代だが、視線を逸らせば甘美な世界なのだ。
    未来が必ずしも進歩した良き世界になっているとは言えないことを思い知らされる。
    有り難さは失って気づくことが多い。

    この時代にある自然をできるだけ愛そうと思う。
    数十年後には存在しないかも知れないから。

  • −−

    UoxoUさん2021/06/14 01:04

    想像と全く違うストーリーだった
    ウォーターじゃなくてタイムスリップ、分身がメインって感じ
    沈む危機で市民はパニックになる作品かと思ってた(笑)

  • 3.5

    杞憂さん2021/06/04 01:23

    演技で分けてたし2人が並んでいるところは分かったけど直々分身、本体が分からなくなる事があったからそこが…
    ストーリーはお堅い人間な主人公の人間くさい部分とどうしようもない結末が自分好みだった。もう一度見たい。
    悲しい時に見るのはおすすめしない。

  • 2.6

    キョン太さん2021/05/25 20:46

    水がなくなりかけた終末世界から、タイムスリップで世界を救おうとするSFヒューマンドラマ。

    タイムスリップの方法が特殊でちょっと面白いのと、主人公の表情、色褪せた悲しい世界の映像はいい感じ。
    物語の流れや訴えたいものは、このテーマから考えると普通すぎるように思える。
    終わり方も、そうでしょうねえとしかいえないストレートさ。

    うら寂しい映像を堪能したい人向けかな。

  • 3.1

    Myさん2021/02/02 10:40

    図書館映画。沈んだ都市のポスターに惹かれて。
    まず、ディザスターじゃなくて時間モノのSFだった。
    主人公の分身が出てくるのだけど、そのせいでどっちが誰なのか分からず、場面がちょくちょくわからなくなる。
    終始暗いが、嫌いではない。ただまぁ、もっとわかりやすくてアクションしてくれた方が好みやもしれぬ。

  • 3.4

    あやたかさん2020/12/23 21:57

    字幕版を鑑賞。

    2095年で技術的進歩はあるけど、荒廃した未来という世界観が個人的には好きでした。
    ストーリーは…タイムスリップするための分身システムは面白いなと思った。
    ただラストを見終えて、少しモヤっとしたというか。スカッとするような内容ではないことくらいは予想できてたけど「ああ、やっぱりなあ」と、じんわりと終わりを受け止めた感じです。

  • 2.5

    ぴーとさん2020/12/08 16:04

    2095年に海面上昇によって世界は海に沈んだ、日本は全部海の底らしいです。

    2017年にタイムスリップして滅びゆく人類を救おうというんだけども本人が行くんじゃなく分裂した?分身体が過去に行くってのがなんともおもしろいね。

    強面のファン・ルン大尉の正面から見るとハゲてるのに横からだと前髪が見える謎の前髪がどうなってるのかというところが人類の存亡よりも気になってしまった…白髪だからそう見えるんだろうなぁ…。

    滅びゆく未来の荒廃感と対比される2017年のまだ救いようのある世界の姿から環境破壊への問題提起の強いメッセージを感じました。

  • −−

    hanakoさん2020/12/08 13:40

    すごく遠い未来の話じゃなくて、割と現実的な未来だった
    もしかしたら起こりうるかも

    つっこみたくなるとこもちょこちょこあるけど、SFということでご愛嬌
    ストーリーは淡々と進んでいく
    葛藤とか色々あるんだろうけど、感情的になるシーンはほぼない
    終わり方も静か
    ちょっと物足りなさも感じたけど、余韻を楽しむべきなのかな

    「過去があってこその今」
    変えたくなる過去もあるけど変えたら今につながらない
    今が全て

  • 2.6

    janoskaxuさん2020/12/04 18:03

    近未来では地球の大陸のほとんどが海に沈んでいて人類を救うことのミッションストーリー。環境破壊は想定内だが、時空間の移動や人間が分裂するという時代(2095年)には無理があるが、いつかは有り得る時が来るのかもしれない。結論としてはタイムマシーンは使用してはいけない分野だと認識出来る作品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました