お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

飢える魂

G

全国的に大好評を博した日本経済新聞連載小説、全国民放三十局連続放送劇を映画化した愛欲メロドラマ巨篇

味同道代が子宮筋腫で東京のさる病院に入院していたある日、芝令子と小河内まゆみは偶然見舞いに来て数年ぶりに会った。さる大学教授の夫人である道代は、「まゆみさんは良いわよ。御商売大分良いらしいじゃないの。令子さんもお倖せね。いつも御主人と御一諸に、日本中旅行出来て……」 と、しきりに二人を羨望したものだ。若く美しい令子、肉感的で魅惑的なまゆみの二人はきわめて対匪的な美しさだが、子供二人を抱えて、女だてらに建築ブローカーをやっているまゆみにしても、富豪の実業家に抜いだ令子にしても、心の隅にわびしい魂の飢えを感じている女たちであった。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1956
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2018-06-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

飢える魂の評価・レビュー

3.3
観た人
130
観たい人
54
  • 2.9

    yyyさん2021/12/03 01:40

    街の風景が見られる点において、
    貴重な映像だなーと思った。

    倉敷とか変わらないなぁ。

    あと、当たり前だけど瀬戸内の海や島々は変わらない。

    自然からみたら人間の痴話喧嘩なんてどうでも良いだろうなー。

    話の筋に関係ないけど。

  • −−

    alsaceさん2021/11/10 20:57

    どうって事ない話なんだけど、割と好き。

    2組の男女の距離感が良いなと思った。南田洋子が抑制された美しさ放ってた。

    衣装デザインが森英恵。

  • −−

    B姐さんさん2021/10/07 20:53

    倉敷など色んなところに旅行したくなるので、観光メロドラマとして成功している。南田洋子が一線をなかなか踏みこえず、一歩踏みとどまっている感じがいい。

  • −−

    犬さん2021/10/02 23:58

    荒磯を背景に見つめ合う小杉勇と南田洋子の切り返し。この時の南田洋子が本当に駆け落ち一歩手前のような瞳をしていて見てるこっちが吸い込まれそうになる。轟夕起子の熟年恋愛を交わらずとも平行することによってストーリー自体に厚みが生まれて見応えは増してる。

  • 2.5

    くろいひとさん2021/09/20 23:01


    題材としても人物造形にしても典型の域をでず、それらの作品の原点といえばそうかもしれないが、いまとなってはいささか陳腐な印象は否めない。

    そのなかにあって、ひたすら南田洋子の美しさが見もの。
    その抑えた表情がかもしだす現代的な魅力はなかなか。

  • 3.5

    カフェポタリストさん2021/09/19 00:04

    丹羽文雄原作のメロドラマ。普段は観ないジャンルだが川島雄三監督、現存作で唯一、未見だったのでコレクターからディスクを借りて鑑賞。
    南田洋子と三橋達也、轟夕起子と大坂志郎の二組のカップルの恋の行方が気になる。
    これから続篇を観ます。

  • 2.5

    きしだギレンホールさん2021/08/28 12:03

    比重的に女性陣が主役だと思うがメンズに目が行く。新人・小林旭も良いが三橋達也が現れると画面がカチッとして安心する。

  • 2.9

    てつじさん2021/08/10 15:18

    王道メロドラマでも、作家性なんて微塵も感じさせずに、サラリと撮ってしまう川島雄三監督の引き出しの多さ。南田洋子や、轟夕起子の僅かな表情の変化に滲ませた生身の女たちの人間臭さ。この作品にエネルギッシュな作家性は感じないが、職業監督川島雄三の確かな手腕は確認できる。

  • 3.2

    YAZさん2021/08/10 07:22

    川島雄三メロドラマ観る

    ラジオドラマ化もした人気小説
    の映画化。続編もあります。
    夫年長な実業家の若い妻。夫亡く
    して10年、子育てと仕事の両立で
    頑張って来た中年女性
    共通な友人持つ二人のドラマ

    二人絡まず並行して語られるので
    見せ方に凝ったところ無いです
    若妻南田洋子の相手は若き実業家
    の三橋達也
    中年轟夕起子の相手は亡き夫の親友
    であり友人関係の大坂志郎

    夫に女中扱いされても言いなりの南田
    洋子はストーカー宣言してる三橋達也の
    押しにあと一歩も夫居る身ですからと
    踏み込めず
    轟夕起子は大坂志郎の押しを軽くあしら
    い本音見せずも子供2人が壁になってい
    る様子

    迫る男とかわす女の二人芝居を交互に
    観てる感じ。南田カップルの方が若い
    だけに温度高いですが轟カップルの方が
    ダマシ合いのようで面白いかな

    轟夕起子の息子で小林旭デビュー作
    二人の友人の娘で桑野みゆきが出てた

    家庭に縛られてる女性のストレス発散
    映画のようでもあります。
    男と女は分からないな~で続編へと
    続くです

  • 5.0

    tunicさん2021/08/09 01:22

    続編も一気に。自分が中年なせいか、デモデモダッテ南田&ストーカー三橋カップルよりも、轟由紀子&大坂志郎のいい年だってのに見苦しさ半分漏れ出てしまうようないやらしい恋愛が胸にせまる。京都の宿屋での再会シーンはちょっと感動。仏文の先生役の金子信雄のルックス篠沢教授っぽい。

    2020.7.1

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました