お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

風船

G

エゴイスティックな、現代の冷たい世界の中、真の幸福は果して何処にあるのだろう。

かつて天才画家と謳われた画壇を捨て、実業界に転身した村上春樹(森雅之)は、今では写真工業会社の社長として成功していた。妻房子(高野由美)との間に一男一女があり、息子圭吉(三橋達也)は父の会社の部長をつとめ、娘珠子(芦川いづみ)は幼い頃に病んだ小児マヒのため身も心も弱く、部屋に閉じこもって絵画に親しむ日を過ごしていた。恩師山口画伯の告別式で、春樹夫婦は山口の息子都築正隆(二本柳寛)に再会。現在彼はナイトクラブのマネージャーをしていた。圭吉の愛人久美子(新珠三千代)は、戦争で夫を失ってから酒場で働くうち、圭吉の世話を受けるようになった純情一途の女性である。正隆は自分と関係のあったシャンソン歌手三木原ミキ子(北原三枝)を、お坊ちゃん育ちの圭吉に接近させた。ミキ子はおもしのつけてない風船のような女で、圭吉は忽ち心を惹かれた。一方、商用で京都へ出かけた春樹は、戦時中、自分が下宿していた阿蘇家の娘るい子に会った。るい子は弟の学資を得るため、夜はバー、昼はヌード・スタジオで働いている健気さにうたれ、春樹は同家の二階を借りることにした。圭吉の心がミキ子に傾いたと知って、久美子は悲しみの余り自殺した。京都から帰った春樹は圭吉の不行跡と誠意のなさに、激しい怒りを覚えずにはいられなかった。そして春樹は周囲の反対を押し切って、家族と離れ、京都を定住の地に選んだ。古都に長く伝わる舞扇作りに老後の生きかたを見出したのである・・・・。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1956
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-06-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

風船の評価・レビュー

3.7
観た人
174
観たい人
144
  • 4.5

    スープは冷めないうちにさん2020/08/02 17:14

    村上君から金を受け取る場合、どのくらい要求したものだろうね。勝つ人間のうしろにはいつも負ける者がひかえている。金のある家庭の人間は我々に薄情で、反射(?)の過程が入り組んでいるからわからないがね。都築はミキ子の部屋に入るなりそう問いかけた。何のお金? 髪をとかしながらミキ子が聞いた。むろんキミの手切れ金さ。ミキ子は咄嗟に不機嫌になると手元にあるモノを投げつけた。帰ってよ!恐らくこの機会にキミも捨てられるさ。今からそれを考えておいたほうがいいと僕は思ったのさ。そう言うと都築はそばに置いてあるウィスキーの栓をひねった。私にも注いで下さらないの? ミキ子は都築に近づいてきてその顔を覗き込んだ。
    この作品には主役がいない。ただ原作の大佛次郎は敗戦から立ち直り始めた新しい日本人たちーいわゆるアプレゲールの浮遊する姿を風船に見立てて対比させて描いてみたのではないだろうか。それを監督の川島雄三は彼独特のセンスで、当時流行ったバーやキャバレーに屯する人間たちをまるでリスボンやカスバのような酒場に見立てて仕立て上げた。脚色に今村正平、音楽は黛敏郎、衣装は森英恵など以後活躍したスタッフのもと、当時売り出した日活の文芸路線の一翼を担った作品となった。二本柳寛がクセのある黒子役を演じ、森雅之がいわゆる理想の父親像を作ったが、岡田真澄がちょい役ででていたのが懐かしい。

  • 5.0

    ピュンピュン丸さん2020/08/02 04:29

    最後のシーンで、じわっとこみ上げる嗚咽のような感情。言葉でうまく整理できないけど、大事な何か、でも確実に何かが見事にこの映画で伝わってくる…。

    こう言っているそばからまたこみ上げてくるから、すごい。俳優陣は誰もが見事なんだけど、それより映画全体が自分にせまってくる印象で、だからやはり川島雄三監督のすごさなんだと感じた。

    当時のシャレている感じの映画のジャケ写は、この映画の本質からはだいぶズレているもので、むしろその対極にあるもの。でも、もしこのジャケ写の象徴するものを強く否定したかったのなら、これでもいい。

    この映画では終始、老紳士然とした父親(森雅之)の視線で全てを感じつつ鑑賞していくが、最後にその視線の先にある珠子(芦川いづみ)の姿に象徴されるもの、それが一番たいせつな何かで、乱れたこの世を照らす光であり、心の救いなのかもしれない。

    当時のことは知識がないので、よく知らないが、もし、芦川いづみが日活が売り出したい新人女優なんだとしたら、これ以上のものはないだろう。

  • 5.0

    HidekiIshimotoさん2020/05/30 16:12

    いなせなポスターからこのイケてる二人の恋愛駆け引きものかと思ってたらぜんぜん違った。東京の社会的成功者達の欲得世界と、京都の貧しくても無邪気な人情世界を、まあ紋切型ではあれ対比させてどっちが豊かかとみせてくる。どっちがスリリングで面白いかといえばまあ東京だし、そんなわけで二十歳で上京してきた俺なんだけど、今や京都の叙情的場面に思い切り癒される始末。両方世界を巡るのは日本の最上級紳士の森雅之。東京権威主義代表みたいなその嫁。欲得イケメンどら息子の三橋達也。とその女達に純な新珠さんとエロい北原さん。そして障害者であり最上級天使の娘に芦川いずみ。天使と共に回帰を果たすオデュッセウス森雅之がたまらなくいい。

  • 3.8

    Jimmy09さん2020/05/19 13:00

    川島雄三監督の日活時代の作品。
    高度経済成長期の日本を舞台に、愛情持たずに次々と女性と付き合う自分勝手な男、その男に振り回される哀しい女、その女を支えようとする娘などを描いたドラマであり、タイトル『風船』は「人間の生き方なんて風船みたいなものさ。ユラユラしたり、何かあれば割れてしまう…」と川島雄三監督が言っているような気がした。

    ある会社の社長(森雅之)には妻、長男(三橋達也)、長女(芦川いづみ)がいて裕福な暮らしをしている。長男には毎月の手当(金)で囲っている女性=久美子(新珠三千代)がいる。久美子はその男を心から愛している。
    三橋達也にすがりながら「もう少し(こうしていたい)…」という新珠三千代に、男は「忙しいんだ」と振り払って立ち去る。「おいおい、お前!それは失礼だろ!」と言いたくなる身勝手さ。→ 絶対に有り得ないが、自分だったら好きなだけ新珠三千代に抱きついてもらう…(笑)

    そして、久美子を慕う女性(芦川いづみ)は、兄と違ってとても思いやりのある人。
    脳性麻痺で左手が不自由な役だが、朗らかで明るい性格を演じている芦川いづみ。(若い!)
    本作を観ていて、「新珠三千代と芦川いづみのツーショット場面は奇跡的」な感じがした。
    なお、三橋達也と新珠三千代と芦川いづみは、川島雄三監督作品『洲崎パラダイス赤信号』(本作の次回作)でも共演している。

    川島雄三監督の未見作品を追う旅は、まだ続く…。

    <映倫No.2062>

  • 3.8

    tcdmtgbさん2020/05/14 22:30

    お前それ、お母さんに言えるのかい?
    ってほんまに大事な価値観よな

    森雅之さん渋くて素敵やし左幸子さんはほんまにきれい

    京都帰りたなるな

  • 3.0

    靉靆さん2020/05/09 04:08

    "人情"をテーマに家族、恋愛、友情を用いて綺麗に描いた作品。

    金稼ぎの為の人生ではなく、自分自身がどう生きたいのかを追求する父の考え方が素敵だった。息子圭吉のつかず離れずの恋愛や怠けがちで安住している姿と対比していて、金よりも大切なものを教えてくれていた。そんな父に応えるような妹のたまちゃんも愛らしくて可愛かった。

    終盤は家族の話に傾いてしまったが、真剣な恋愛では無けれど久美子の、儚げで妖艶な雰囲気が美しかった。ミキ子の欧米(欧州?)らしい洋服もお洒落で素敵。

  • 3.0

    三四郎さん2020/05/06 17:02

    腐ったバカ息子。
    風船ね…。みんな風船なのかもしれない。

    ローラースケートのシャンソン歌手という演出がオシャレだ。川島雄三監督らしいオシャレさ。
    異国趣味、良くも悪くも西洋かぶれだ。ヨーロッパに近づけたいのだろうが、そこまで行けずアメリカ止まり、いやアメリカよりは洗練されている。

  • 4.0

    しろくろテレビさん2020/05/04 15:54

    あるお金持ち一家の「変化」を描いた複雑な映画。タイトル風船🎈がそれを表している。登場人物のキャラ設定も実に不思議。やはりふわふわ浮かんでるよう。
    父、森雅之の存在が全てかもしれない。つかみどころのない父の表現がうまい。感性かな。新珠三千代の清楚でいて妖艶な美しさ、芦川いづみちゃんのかわいらしさはたまりません。
    京都国立博物館の一昔前のお庭がノスタルジック。

  • 3.6

    カタパルトスープレックスさん2020/04/13 21:08

    川島雄三監督は自分自身が漂浪者(ドリフター)で住む場所と職場を転々とします。一つところに留まれない性分だったそうです。そして、その性分は川島雄三監督作品にも表れています。『洲崎パラダイス赤信号』も『幕末太陽傳』も仮の宿。『女は二度生まれる』も仮初の関係。『しとやかな獣』だって仮面家族っぽい。

    テーマは「誠意」です。『風船』は移ろう人間関係を表しています。フラフラ揺れる風船のように、人との関係は固定的ではない。虚いやすい。しかし、そんな中にも人間らしさはあるだろう。そういうメッセージなんだと思います。

    本作『風船』が公開された前年の1955年に成瀬巳喜男監督の『浮雲』が公開されています。『浮雲』で森雅之は女の一生を台無しにするダメ男を演じます。本作『風船』で女の一生を台無しにするダメ男を三橋達也が演じます。そして、そのダメ息子を叱るのが父親役の森雅之なんです。『浮雲』を観てから『風船』を観ると「お前が誠意を語るか!!」と思ったり、思わなかったり(笑)

    しかし、本作『風船』の本当の主役は森雅之の娘、三橋達也の妹を演じる芦川いづみだと思います。実際に、芦川いづみの存在なしにこの映画は成立しません。物語終盤に芦川いづみを見つめる人物の二つのクローズアップショットがあります。一つは三橋達也の愛人である久美子(新珠三千代)のクローズアップ。そして、もう一つは森雅之のクローズアップです。二人が見つめる先にいるのは芦川いづみです。芦川いづみを見つめる二人の顔に人生が映し出されていきます。

    そして、芦川いづみはとてもカワイイ!ボクは昔の女優では有馬稲子と芦川いづみが大好きなんです。芦川いづみは有馬稲子に似ているということで「おムギ」と呼ばれていたそうです。稲と麦。お二方ともカワイイですよね。

    この映画のもう一つの見どころは魅惑のシャンソン歌手を演じる北原三枝...の衣装を担当する森英恵です。もちろん石原裕次郎の伴侶となる北原三枝はお綺麗なのですが、そのファッションの素晴らしいこと!

  • 3.4

    koxxさん2020/04/11 20:48

    北原三枝の悪女っぷりと色気。

    芦川いづみは監督にとって聖母のような存在なのか...?

    謎に感動的に見せるラストシーン。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す