お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ボイス・フロム・ザ・ダークネス

G
  • 字幕

闇に棲む人を、呼び戻してはならない。

1950年代、イタリアのトスカーナ地方。ヴェレーナは、古城のような大邸宅に住み込みの看護師として雇われてやって来た。母マルヴィーナの突然の死以来、心を閉ざしてしまった少年ジェイコブの世話が彼女の仕事だ。だが、ヴェレーナの献身的な愛情にも関わらず、ジェイコブは言葉さえ発しようとしない。やがて彼女は、石壁の向こうから囁く不気味な“声”を聴くようになる。それは亡きマルヴィーナの声なのか?屋敷の主人クラウスに頼まれ、彫刻のモデルを務めるうちに、官能的な幻覚を見るようになる。それはマルヴィーナの亡霊が、彼女を“身代わり”にしようとしているのか?不可解な現象は続き、妖しい妄想にとり憑かれてゆくヴェレーナ。そして、ジェイコブがはじめて口を開いた時、この城に潜む邪悪な力の真実が明かされる……。

詳細情報

原題
VOICE FROM THE STON
音声言語
英語/イタリア語
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
アメリカ/イタリア
対応端末
公開開始日
2018-07-11 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

ボイス・フロム・ザ・ダークネスの評価・レビュー

2.7
観た人
298
観たい人
343
  • 2.5

    いつかどこかでさん2021/09/11 13:01

    ジェイコブ可愛い。何か無駄に脱いだね?あそこで脱ぐ必要なかったよね?母親を亡くして悲しみのどん底にいる家族に割り込んでいく女家庭教師って感じだったんだけど、あ、そうなる?へ〜可哀想…でも、みんな幸せそうで、まぁ良いかって思ったよね笑。一家ぐるみで計画的だったのか、その辺よく判らなかった。

  • 2.9

    薔薇乙女さん2021/09/05 22:21

    あらすじ

    イタリア・トスカーナ地方の大邸宅に住み込みの看護師としてやって来たヴェレーナ。
    母の死以来、心を閉ざしてしまった少年を献身的に看護するが、彼は言葉さえ発しない。
    やがてヴェレーナは、石壁の向こうからささやくような不気味な“声”を聞くようになる、、、というお話。


    ホラーというかダークファンタジーって感じですかね!

    終わり方好きでした☺️

  • 2.9

    琉太さん2021/03/14 15:39

    舞台となっている古城が内外装含め重厚感が有る
    有名ピアニストの母が亡くなってから自分の殻に閉じこもってしまった子供を看病する看護師にエミリア・クラーク
    田舎の雰囲気に馴染む顔立ちだと思った
    ゴシックホラーだと思い観たらオカルトでもなくダークファンタジーって感じ
    ラストで伏線回収しているのでまあまあかな
    ラストシーンはみんな幸せだったのかな
    誰の立場で観てたかによって何とも言えない終わり方
    私は幸せだったと思う

  • 3.0

    Sheーちゃんさん2021/02/21 16:48

    そうかぁ
    最初っから答え出てたのかぁ…

    ラストがこうなるべくして
    きちんとフラグも立ってた

    結果
    みんなハッピー🤗❤️

    だと思う…

    ヴェレーナも孤独じゃなくなったわけだし
    結果はどうであれ💦

    アレッシオが一番怖かった😱


  • 3.5

    菜の花さん2021/02/15 18:11

    ゲーム・オブ・スローンズのデナーリス役のエミリア・クラーク主演!
    母親を亡くして話さなくなった男の子を治すために雇われて屋敷にやってきた女性が知らず知らずのうちにその屋敷の秘密を知っていくちょっとホラーっぽいミステリー。
    怖かったー!でもそんな展開予想してなくて面白かったー!

  • 1.0

    ききさん2021/01/16 22:01

    エミリア・クラーク主演のホラー!ってことで、AmazonPrimeで配信終了だったので鑑賞。

    子供の精神的なケアを主に担当する住み込みの看護師、ヴェレーナ(エミリア・クラーク)。
    彼女がやって来た新しい家は、古くからある大きな豪邸だった。
    そこには有名なピアニストだった母を亡くしてから数ヶ月、一度も口をきかない息子ジェイコブ(エドワード・ジョージ・ドリング)と、芸術家の父親クラウス(マートン・ソーカス)がおり、彼女は何とかしてジェイコブの心を開こうとする。
    しかし、彼女の努力も虚しく、ジェイコブは一向に変化がなく、不思議な行動をするようになり…

    というお話。

    何なんだろう…この映画は…(´°ω°`)

    ホラー映画のつもりで鑑賞したのだけど、雰囲気はある、なんか出そう、みたいな。
    そもそも最初にお母さんが亡くなるシーンがあって、その時のお母さん役の女優さんの演技が怖すぎて(笑)結構怖いかも、と思わせてくるのだけども…

    ずっと、ただひたすらに"ホラー映画っぽい雰囲気"を漂わせ続けるミステリーって感じ。

    オチも結構曖昧で、これは観る人の受け取り方だな、と思う後半の展開。
    わたしの受け取り方的には、やっぱりホラー映画だったかなぁ。

    なんとなく、『ミッドサマー』で思ったけど、主人公の置かれてた環境や感情、隙間に上手く入り込まれてしまったような話。
    ヴェレーナが狂っていくのか、取り込まれていくのか…

    うーん、エミリア目当てで観たのだけど、最初っから顔芸かってくらいの表情豊かな演技がダメだった…(´•̥ω•̥`)
    よくあそこまで眉毛動くなぁ、とか思っちゃった。

    エミリアには『Me Before You』とか『ラストクリスマス』みたいな天真爛漫元気っ子が似合う!
    そう考えると、よくデナーリス演じきったなって思うけど…

    記録 : 2021年8本目。

  • 3.2

    miichoさん2021/01/11 17:24

    ホラーのようなミステリーのようなファンタジーのような...ジャンルが謎🤔
    母親の死をきっかけに言葉を発さなくなってしまった少年と、その少年のお世話係として雇われた看護師の身の回りで起こる不思議な体験の数々。
    静かに、淡々と進行していくので、何だか退屈してしまったかも...。途中寝ていたので、記憶が曖昧。ピアノがやけに上手くなったのは、そういう事か💡
    古城って、見る分には雰囲気を楽しめて良いけど、住むってなったら怖いし勇気いるなぁ。ドイツの古城巡りとか、憧れるわ...(´-`).。oO

  • 2.5

    やまださん2021/01/06 00:49

    2021年1月5日鑑賞6本目
    アマプラ

    B級映画だと思ったらエミリア・クラーク主演作品だった。
    イタリア古城だとか暗くてゴシックな雰囲気は良いのだけど
    パッとしない中途半端な印象が強い作品でした。
    全然怖くないホラー?(なのか??)

  • 3.3

    怖いけど見るさん2021/01/04 22:43

    こういうレトロチックな映画はだいたい最初退屈だよね、でもそこが雰囲気味わえて私は好きかな。ストーリーはジェイコブという少年とその母親の揺るぎない愛の話。一見すると綺麗な話だけど、とても恐ろしい。最初は本当にホラーか疑ったけど、全然ホラーだった。

  • 3.2

    wandaさん2021/01/03 17:02

    エミリア・クラークだったし、悲しいゴシックホラーっぽさにひかれて鑑賞。

    実際、怖くも切なくも悲しくもなかったけれど、テイストは好み。
    時代はいつか分からないけど、たぶん今より昔のイタリアの古城、母が亡くなって口を聞けなくなった少年、彼をケアするために住み込みでやって来た看護師。

    雰囲気も映像もそれとなく良いのだけど、緩急がほとんどなくて、眠気がハロー(笑)
    そんな私を察してか、物語はいつしかお色気モードに入る。エミリアは体当たりの演技をしていたので、「へぇ!」と感心して目が覚めた(コラ)

    エミリアは色々と頑張っていたと思うけど、この話にはちょっとそぐわない気がしなくもない。平均スコア2.7のわりには私は楽しめた。エンディングはそういうことなのだろう🎹

    006

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す