お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

レディ・プレイヤー1

G
  • 吹替
  • 字幕

スティーブン・スピルバーグ監督が映画の歴史を変える―こんな映画、見たことない!

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される――「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

【特典映像】
1. 80年代:魅惑のポップカルチャー
2. 高得点:ゲームクリア

※本編終了後に特典映像がございます。そちらもお楽しみください。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

レディ・プレイヤー1の評価・レビュー

4
観た人
126598
観たい人
45077
  • 4.5

    lenoさん2021/12/02 14:15

    ストーリー自体はありがちなSF系だけど何しろ音楽と映像最高!!

    シャイニングの所が1番好きです😭

    これはIMAXとかでまたやってほしいなあ〜

  • 3.6

    ラマヌジャンさん2021/12/02 12:42

    1日映画観まくろうデイ❗

    8時の~10時の回 3本目

    自分はあまりゲームはしないので映像の親近感はあまりありませんでしたが、ゲームの世界でストーリーが主に進んでいく構成が斬新でいいと思いました。

    謎解き要素があってこっちもワクワク出来ました。日本のキャラクターが出てきたときは、盛り上がりました。

  • 5.0

    Movieloverさん2021/11/30 23:28

    様々なキャラクターが登場して、ワクワクさせる気持ちになりました。
    自分だったら、何のキャラクターのアバターを使うか考えました。

  • −−

    raintreeさん2021/11/30 09:58

    スティーヴン・スピルバーグという映画監督が、どのような監督であるかを描いた1種のポートレイト的な作品だろうと思います。「ボクのゲームを楽しんでくれてありがとう」とラストで語られたジェームズ・ハリデーの言葉は、スピルバーグ自身のものに違いありません。

    圧倒的な才能を発揮するほどにどんどん孤独になっていくような、彼の本質に宿る異邦人性がよく表れていた気がします。

    この映画に接する観客もアバターを選べるとするなら、僕は『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイにします。エヴァ初号機とシンクロできなくなった綾波レイのように「だめなのね、もう…」とつぶやきながら。シンジが訳の分からないことを叫びゲンドウがクールに叱責しても、ミサトさんがイライラして腕組みしても目の前に使徒が迫ってこようとも。

    版権交渉などは大人の事情であり、14歳の綾波レイにとっては何の関係もありません。その14歳の心がシンクロできない。

    ジョブズより偉大か?という張り紙に、はにかむ監督の愛おしさを横目に見ながらサブカルチャーの羅列は少しもポップじゃない気がしますし、ポップというのはクエンティン・タランティーノ監督『パルプ・フィクション』(1994年)みたいなものを指すはずだと思いながら。

    でもそれがスティーヴン・スピルバーグという人のもつ才能であり、華やかさでありエンターテイメント性であり、そして哀しみなんだろうと思います。

    この作品に登場するドラゴンボールのような「イースター・エッグ」を、僕はアイロニー・エッグと揶揄(やゆ)したくなりましたし、3つ揃えた先にはエンターテイメントの終焉が待っている気がしてなりませんでした。

    だから僕はミサトさんのアルピーヌ・ルノーA310に乗せてもらい、作品世界から全速力で後退することにしました。解かないことが正解で楽しめないことが理解だとするなら、この映画自身が「オアシス」なのかもしれない。

    そうであるにも関わらず「ボクのゲーム(映画)を楽しんでくれてありがとう」と言うスピルバーグからは、やはり痛切なまでの異邦人性を感じます。作品そのものには感動できなかったのですが、スピルバーグのことをもっと好きになった映画だったことは間違いありませんでした。

  • 4.2

    クラゲ生活さん2021/11/30 00:14

    アマプラのマイリスト消化計画の一環という事で今更ながら。
    2018年公開のスピルバーグ御大の近未来SF大作。正直公開当時の予告(日本の配給会社のセンスの被害者でもあるw)でいかにも大味なハリウッドSFっていう印象を受けており、全く食指がそそられなかったんですが
    レンタルサブスクが解禁されてから意外にも幅広い層に評判が良かったので興味が湧いてかれこれ1年以上マイリスには入れていたのですがようやく初視聴。

    いやぁ〜、食わず嫌いというか先入観で評価を決め付けるのは良くないね。というのをまさか改めて大監督スピルバーグ作品で学ぶというまさに温故知新的経験をさせて頂きました。

    昨今では旧Facebookが社名をMetaに変更した事を皮切りにMicrosoftやディズニーといった世界中の名だたる企業が続々と参入を表明し、新たな文化、ビジネストレンドあるいは金脈としても注目を集めているメタバースの世界。

    まさにメタバースが発展した世界の近い未来として西暦2045年を舞台に、現実の世界は貧富の差が拡大した旧来SFで言うところのディストピアに近い状況、一方ではoasisと呼ばれる仮想空間は世界中の人々にとって現実を忘れ没入出来るかりそめのユートピアとして描かれています。

    そんなある日、oasisの開発者であり所謂【神】であるハリデー(oasisの成功によりスティーブ・ジョブズらと比肩する程のカリスマであり大富豪として知られている)の死に際して残された遺言「oasisに隠された3つの鍵を見つけた者に全ての株式とoasisの経営権を譲渡する」によって、世界中のプレイヤーが熱狂の渦へと包まれ主人公ら仲間たちも謎を探るべく動き始める…

    といった感じの導入なんですが、この時点でこんなの興奮しない精神的インポおらへんやろ!?ってくらい引き込まれてましたね。
    アバターとしてジャンルレスなキャラクターが登場するし、これスピルバーグだからこそ許諾降りたんだろうなみたいな所もあったり。流石に権利的に例のネズミは出て来なかったけど、仮に現実世界のメタバースでもそこはめちゃくちゃ厳しくて使えなさそうだからある意味リアルだったりするかも(笑)とか思って。

    後は、ちょいちょい挟まれる映画アニメゲームの小ネタがいちいちオタク(Geek)に突き刺さりまくる!シャイニングのパロディで双子出て来たシーンとターミネーター2のラストパロはクソ笑った。


    ラストに関しても、こういう作品の締め方としてはお手本の様なある意味古臭くさすら感じる定番で王道の結末を、奇を衒わず恥ずかしげも無く描き切れるのもスピルバーグだからこそなんだろうなって感じでしたね。

    万人にオススメ出来る良作。

  • 3.4

    Ganchanさん2021/11/29 12:16

    面白い!
    音楽も好き!
    色々とどんどん繋がっていく!
    観てる側としても分かっていくのが
    面白い!

    自分だったら
    仲間のために、誰かのために
    欲張らずに
    ここまで出来るかな〜とは
    思ってしまった

  • 3.0

    nenさん2021/11/29 00:02

    シャイニングの中に入るところが見てるこっちも疑似体験感あって好きだった。
    アスペルガー症候群もあるのか、視覚的な想像力が優れたスピルバーグ。そういうところいつもすごいと思う。

  • 5.0

    Rさん2021/11/28 22:44

    何回見ても面白い。案内人があの人で、そしてもらったコインがあんな形で活躍するとはね。ガンダム出たりメカゴジラ出たりで楽しめる。メタバースを最近色々なところで聞くけど、こんな感じなんかな。

  • 4.1

    あつさん2021/11/28 19:59

    なんだこの映画は!すっごい!!ワクワクがすっごい!!興奮した!でもやっぱり「俺はガンダムで行く」が一番興奮した~!
    そしてダイトウのアバターが渡辺謙にめっちゃ似てた気がしてそっちばっかり見ちゃってた(笑)あ~楽しかった!

  • 4.3

    笑顔のスナフキンさん2021/11/28 14:58

    3Dゲームと現実と混在したアクションスペクタル。
    さすがのスピルバーグ監督。
    ゲームはしないけど、
    とても面白い映画だった。
    邦画では描けない映画だと思った。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました