お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

星めぐりの町

G

雨ニモマケズ、風ニモマケズ、今日を生きる

京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。ある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災で津波により家族をで失った少年・政美がやって来る。心に傷を抱える彼を、勇作はただ静かに見守り続ける。少しずつ心を再生させていく政美。町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう…

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2018-08-07 17:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

星めぐりの町の評価・レビュー

3.2
観た人
293
観たい人
259
  • 3.0

    momofukuさん2021/06/30 23:36

    小林稔侍さんの映画初主演作ということで今更ながら知ったので有料レンタル視聴。なぜ舞台が豊田市なのか腑に落ちないが、トヨタのPR映画なのかな?

    基本的には良いお話なのに、前時代的な男は黙ってほにゃららなアプローチなど、いろいろと残念でありました。

  • 2.0

    よーださん2021/04/19 22:36

    愛知県豊田市で豆腐屋を切り盛りする腕利の豆腐職人・島田勇作(小林稔侍)は、娘の志保(壇蜜)と二人暮らし。ある日、亡き妻の遠縁にあたる震災孤児の政美(荒井陽太)を引き取ることになる。


    ◆“心の復興”を描いた作品

    全体を通して穏やかに、静かに、時間が流れていく作品。初春の山間の風景が美しい。

    5歳で全てを失ってしまった少年が、口数こそ少ないが心根の優しい初老の職人との暮らしの中で、生きる糧を見つける。宮沢賢治の詩の一節がピタリと当てはまる。

    キラッキラの、所謂スターを排したキャスティングもリアリティがあってよかった。(女将役の高島礼子がいい華を添えていた)


    ◆一本の映画としては

    正直あまりハマらなかった。

    今もなお爪痕を残し、お役所絡みの問題が再燃している凄惨な出来事。当時の映像にゾッとし、被災された方々はどれほど人生を狂わせられた事だろうかと考えると、勿論胸が痛む。

    孤児の子があまりにも不躾である事は目を瞑るとして、警官のおじさんが本当に受け付けなかった(役者の方のご病気は無しにして)。悪い人ではないんでしょうけど、理屈を考えずに言われたことをただ押し付けてくるタイプに見えて仕方なかった。

    義務教育とか、孤児の扱いとか、行政の対応とか、そういった背景事情を考えだすと粗雑な話だなと思ってしまった。


    豆腐はすごく美味しそうで、湯豆腐をはふはふしながら食べたくなりました。

  • 3.0

    Yagiさん2021/03/17 09:18

    ・豊田市を紹介したいがために色々詰め込み過ぎた感
    ・で、結局“星めぐり”が何なのか分からなかった
    ・平田さんの役、豊田市で自動車関係の会社社長でニックネームがあーさんって、あの人をイメージしてるのかな
    ・豊田市についての土地勘がないので、あんな山間部もあるとは知らなかった

  • −−

    tokoさん2021/03/14 13:06

    鑑賞記録

    小林稔侍の演技に圧倒されました。
    それに周りが付いていけないのが残念。

    脚本が深いだけに惜しい…

  • 2.8

    dogmagさん2021/03/13 10:32

    ものづくりと心の復興
    まさにその通り描かれているし、そういった方もいらっしゃるだろうから物語には何も言えませんが、映画としてはあまり興味を惹かれませんでした。

  • 3.0

    琉太さん2021/03/11 20:26

    J-COM
    3・11関連作品
    と言われてるけど設定が被災者と言うだけで無理矢理感ある
    小林稔侍さんの何時もながらの無口なシブイ大人の男を演じる
    強く主張はしてこないけど抑えた魅力があり豆腐職人も違和感無し
    でも肝心のストーリーが面白くない
    台詞がしっくりこない時がある
    壇蜜さんて女優もやっていたんですね
    高島礼子の女将は定番な感じ
    子役の演技力なのか演出なのか違和感有るシーンも

  • 3.0

    あつやちんさん2021/03/11 16:58

    なんか無理やり感が否めない。
    ここ大事でしょって所を描けてない感じがした。
    ただ小林稔侍さんが出す空気感はすごいなと思った。ラストシーンの力強く抱きしめるところかっこよかった。

    2021-40

  • 3.0

    scotchさん2021/03/10 22:35

    父娘2人の家に震災孤児がやってきた。泣く準備は完璧だった…が、全く泣けなかった。
    肝心の少年孤児の描写がいただけず。これでは震災によるトラウマではなく、別の病気である。
    壇蜜が頑張っていた。感想はただ1つ、壇蜜のバイクの後ろに乗りたい。でも壇蜜、バイク乗れないんだろうな、きっと(笑)
    東北大震災というより豊田を描きたかったような感じ。
    J:COM鑑賞

  • 3.0

    mskirさん2021/03/10 14:15

    小林稔侍が一人いれば映画になるんだ、と思わせる、素晴らしい役者だと改めて認識。細かい演出は微妙な感じあれど、豊田の土地と混ぜ合い、風情を感じる。
    湯豆腐と雪虎、食べながら一杯やりたくなる。素晴らしい豆腐屋と出会いたい願望が強まる。
    ストーリーはぼちぼちながら、子役は別の子でも良かったのではと思わずにいられない。彼の良さは伝わらなかった。

  • 3.2

    MSFさん2021/03/10 06:51

    ものづくりって素晴らしいなと思った。
    震災のことより、その印象が強い。
    でもそれでいいのかもしれない。
    「つくる」ってことは人間の日本人の素晴らしいところの1つなんだと思う。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る