お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

バケツと僕!

G

キミと僕なら どんなハンデもこえられる!

浜松の児童養護施設で働くことになった神島(紘毅)は「バケツ」(徳永ゆうき)というあだ名の15歳の少年と出会う。バケツは軽度の知的障害と盗癖があり、親兄弟にも見放され、しまいには擁護施設も追い出されてしまう。神島はそんなバケツを引き取り彼の面倒をみていく。上島の先輩でもある黒田(岡元玲)の協力も得て、順調に二人での生活をスタートしていくのだが・・・。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2018-09-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

バケツと僕!の評価・レビュー

2.8
観た人
103
観たい人
104
  • 1.0

    タンロンさん2021/10/26 00:38

    バケツは健常者って前フリを序盤でしておきながらもどう見ても障害者的に描かれているし中盤以降から障害のある人間が何しても周りの人間は許さなきゃいけないみたいな展開のクソ脚本にヘドが出る。
    障害者だったら財布を盗んでも許されるべきなのか?
    財布を盗んだ障害者相手にビンタを1発するのも悪なのか?
    そんなのはおかしい。
    この映画でバケツは甘やかされ過ぎだしビンタの件から何故か主人公が悪いみたいに話が進むのが理解不能。
    結末にいたっては不愉快を通り越しもはや論外。
    よくもこんな映画を世に出したなと思う。
    おまけにクライマックスであの人が車にはねられるシーンのスタント下手過ぎだろ!

  • −−

    K平さん2021/09/26 21:38

    児童養護施設というテーマに惹かれて観てみたけど、ちょっと現実離れしている感じがしていまいち入り込めず😅
    でも、自分が置かれている状況がいかに幸せかということが実感できた気がする。

  • −−

    Mayuさん2021/09/19 09:58

    '21 77作目

    今児童養護施設で働いてる身からすると信じられないことだらけだった、、

    一昔前は本当にこうだったのか劣悪な施設だったのかわかんないけど辛過ぎた
    アンガーマネジメントしっかりして!

    何が1番伝えたいテーマかわかんないくらいごちゃごちゃだったなぁ

  • 1.5

    silvercopenさん2021/09/08 12:11

    浜松がロケ地だったので見てみた。
    ところどころ、知っている場所は出てきたが、浜松がである理由も見ている人もどこかわからない。
    難しいテーマを扱っているが、特に考えさせられる感じはあまりしない。
    杉田かおるさん以外は知らない人ばかりで、主演の人が前川清さんの息子さんで歌手とは初めて知った。また、バケツ役の人も演歌歌手とは。しかしなぜこの2人を選んだ理由も不明。

  • 2.9

    tさん2021/09/04 00:03

    最後ありがちな感じしたけど
    徳永ゆうき良い味出してたなぁ〜
    彼に興味ある人は
    福福壮の福ちゃんも観てみてください
    いつか児童養護施設で働きたいから
    こうゆう映画はもっとみたいな

    主役知らない俳優さんだった
    他何出てるんだろ?

  • 2.2

    minori0929さん2021/09/02 01:31

    テーマが多すぎて…収拾ついてない映画!

    実際に、
    児童養護施設と乳児院で働いてたから
    理解できなくもないシーンが多かった🙃

    ただ、施設職員が
    体罰で愛情表現するのはちがう😠

    最後の最後まで
    やらかしてしまったバケツくん。
    その後が気になります!

  • 2.2

    真空桜さん2021/09/01 02:48

    地元の監督で地元ロケってことで見たけど、今一焦点が絞り込まれていない感が否めない。

    いったい何をメインに描きたかったのだろ。。

    原作は未読だからわからないが、友情、夢、虐待、障害者、福祉、親子関係などなど、扱っているワードは沢山あるのだが、どれも中途半端過ぎて、観ているこっちは何だかもどかしいかったな。




    あとはネタバレ















    後半に街中で倒れて助けを求めるシーンがあって誰も通り掛からなくて困るシーンなのに、人はらいとカメラワークが悪くて遠くに一般人が映り込んでて、助けを求めてる人を無視してるように
    見えてさらに萎えた...(自分の地元の見慣れた景色だからよけいに)

    とにかく、杉田かおるさんはめちゃくちゃ恐いし、さすがと思える演技でした。バケツ役の徳永ゆうきさんもなかなか味があっていい。

    ともかく、静岡県浜松市を舞台に中田島砂丘から始まり天竜川沿い、タコ公園、佐鳴湖、第一通り駅などの遠州鉄道、有楽街等、「お、ここは」と場所を当てるのに必死でした笑笑


    なぜ主役が前川紘毅さんなんだろう。。
    歌は確かに上手いけど。。
    もう少しいい感じにラストシーンに繋げれなかったのだろうか。。せっかくのいい曲なのに残念。

  • 2.0

    まぶちさん2021/08/27 14:22

    なんか現実味の無い映画だったな〜先生が生徒引き取る設定もんー?だし、結局何を伝えたいのかもはっきりしてないしなあ。

  • 3.2

    mugiさん2021/08/24 12:54

    演歌歌手の人の印象が強すぎる。笑
    妙にリアル。

    テーマも内容も良いんだけど、なんかコントみてるみたいで最後までみるのがしんどかった。

    演出だろうけど、色々もったいない。
    監督さーん。

  • 4.0

    六花さん2021/08/13 19:22

    少しツッコミどころはありますが、この手の静かな作品は好きなので最後まで楽しめました。
    最終的なオチが曖昧なので、もったいないです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る