お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ハロウィン・レポート

G
  • 字幕

そこは、“世界で最も恐い”お化け屋敷。

ハロウィンの時期になると、アメリカの各地では数多くのお化け屋敷が出現し、地元民や観光客で賑わうのが通例である。しかし、本場アメリカのお化け屋敷では、オバケを演じる役者たちの度が過ぎて、トラブルになってしまうことも多々あるという。しかし、ザックやマイクたち5人の仲間は、どこにでもある普通のお化け屋敷に飽き飽きしていた。そこで、巷で噂される究極のお化け屋敷「青い骸骨(ブルー・スケルトン)」を探し求め、アメリカの各地を旅することにする。ハロウィン当日が近づく中、ザックがついに「青い骸骨」の情報を手に入れるが―。名だたるホラーのプロデューサーが放つ≪究極の恐怖≫

詳細情報

原題
THE HOUSES OCTOBER BUILT
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-09-12 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

ハロウィン・レポートの評価・レビュー

2.4
観た人
402
観たい人
466
  • 1.1

    Tiffanyさん2021/07/14 22:44

    ストーリー見て少し期待してたけど
    POV映画の中でもかなりしょぼい方だった

    映画というより
    ディスカバリーチャンネルで流れてるような
    ドキュメンタリー見てる感じだったわ🤷🏿‍♀️
    前置き長いしオチも大したことない

  • 2.5

    ほぼホラーしか見ないさん2021/04/28 18:55

    POVは好きだし、道中色々不気味なことが起こるのも、演出としていいと思う。
    でも、肝心の青い骸骨にたどりつくまでが長すぎる…。
    最後の方は、何が起こってるのか全然分からないし、やられるところも映ってないから、物足りない…。
    撮影したりしてるのが、お化け屋敷運営側の気に障っちゃったのか、本当に青い骸骨と言うものがあって、それに招待されたのか、良く分からなかった。

    最後まで見て、で、オチは?って言っちゃった。

    女の子が、木の箱の中で土被せられてるのに、男どもはふかふかに包まれてるのはちょっと笑った。

  • −−

    エイデンさん2021/03/20 18:06

    アメリカでは毎年ハロウィンの時期になると約2500ものお化け屋敷が軒を連ね、大盛況となっていた
    人気の一方、お化け屋敷はより怖いものを提供しようとエスカレートしており、殺人鬼を雇っているなどという都市伝説も流れるほど
    そして実際にお化け屋敷に関連する事故や怪我、犯罪も起きてしまっていた
    2013年10月、テキサス州タイラー
    カメラマンのボビー、ジェフと弟のマイク、ブランディ、ザックという5人はお化け屋敷を巡る旅へ出ることに
    彼らが望むのは“究極の恐怖”を提供するお化け屋敷だった
    翌日、ハロウィンまで5日
    用意したキャンピングカーに再集合し、ボビーは旅の様子をカメラに収め始める
    それぞれに意気込みを語りながら最初のお化け屋敷に辿り着くと、早速中に入って行く
    久しぶりのお化け屋敷で怖がりだと言うブランディは、人形のようなマスクを被り不気味なことを呟く少女やチェーンソーの音にも悲鳴を上げ、思いっきり恐怖を楽しむのだった
    外に出た一行は休憩中のキャストに話を聞くも特に収穫は無く、マイクは勝手にお化け屋敷の屋根に上がると拡声器を使って叫ぶと、キャストと思しきピエロに目を付けられてしまう
    ピエロはカメラを叩き落とそうとして来たため、一行は急いで退散するが、ピエロは帰る様子を不気味に佇みながら見つめていた
    その夜 キャンピングカーで過ごしていた一行は、森の中に不気味な気配を感じ様子を見に出るも、マスクを被ったボビーが驚かしにやって来るだけで何も見つけることはできなかった
    その後も観客達に話を聞きながら趣向を凝らしたお化け屋敷を巡る一行だったが、なかなか究極の恐怖と呼べるものには出会えない
    そんなある時、一行は “青い骸骨(ブルースケルトン)”と呼ばれる究極のお化け屋敷の存在を知る



    アメリカのお化け屋敷をテーマにしたホラー映画

    一番怖いお化け屋敷はどれかというYouTuberの企画みたいな内容をPOVで追っていくという内容で、地味にキャスト陣まで本名で出てるモキュメンタリーもの

    色々とスケールのデカいアメリカらしく、向こうのお化け屋敷は力の入り具合が違う
    中にはクリアすれば賞金が出るものまで存在する
    怖さも尋常じゃないためか作中で語られる通り、実際に展示されてた人骨が本物だったなんて事件もあったりするし、殺人鬼が潜んでるというような都市伝説は鉄板になってる
    そんな文化的な下地もある上でのホラーだということは頭に入れた方が良いかもしれない

    という程度には、身近なアレってヤバいんじゃない?という文化ありきのホラー作品に感じるので、純粋なホラーとしては課題はある
    まあアメリカのお化け屋敷巡りとか、ここぞという時の不気味な雰囲気づくりは興味深いし、そこそこ楽しめる

    田舎に行くにつれ規制が緩くやりたい放題なんていう頭ポップコーンなアメリカらしさが垣間見える、メリケンのホラー事情が体験できるという意味では変わり種だと思うので、ホラー留学気分で観ましょう

  • 1.4

    あにまさん2020/12/27 02:22

    398作品目。レビュー621作品目。
    『ハロウィン・レポート』
     監督:ボビー・ロウ
     主演:ブランディ・シェーファー
     興行収入:未記載
     製作費:未記載
    ハロウィンの時期になると、アメリカの各地では数多くのお化け屋敷が出現し、地元住民や観光客で賑わうのが通例である。しかし、本場アメリカのお化け屋敷では、オバケを演じる役者たちの度が過ぎて、トラブルになってしまうことも多々あるという。しかしザックやマイク、ブランディたち5人の仲間はどこでもある普通のお化け屋敷に飽き飽きしていた。そこで、噂される究極のお化け屋敷を企画する“青い骸骨”の情報を探し複数のお化け屋敷を取材して回る。そこでは奇妙なことが起こり…。

    「名だたるホラーのプロデューサーが放つ~」とか「◯◯のスタッフが送る~」とかは、ハズレな作品多い説。
    この作品もなにがしたいのかわからない。
    見所はアメリカの民間お化け屋敷を体験できることと、白い被り物の少女。
    眠たくなる。

  • 2.4

    勝沼悠さん2020/10/31 22:11

     ハロウィンにやってくる移動型のお化け屋敷を楽しもうと集まった若者達。噂が立つお化け屋敷にたどり着くが、そこには本当の恐怖が待っていた。。。

     お化けが出る系ではなく殺人鬼(?)系。どうもアメリカには本当にこの手のトラブルがよくあるらしい。野良なお化け屋敷なんて信用なくて怖いよな。。。
     テーマも見せ方も決して悪くないのだが、やはりラストが物足りないか。惜しい。

  • 2.6

    ARisaさん2020/07/07 05:32

    終始幽霊なのか人間なのか謎ってしまった。1番怖いのは幽霊ではなく人って解釈でいいのかな?
    まじでドッキリとかのレベル超えてて草。流石に許されんこれ。

  • 1.5

    ちょびさん2020/05/20 01:11

    普通のお化け屋敷では物足りないからアメリカ中のめっちゃ怖いお化け屋敷を巡るぜ! っていうストーリーらしいんだけど・・。下手くそなPOVのせいでお化け屋敷の怖さが全然伝わってこないのは致命的。なのに主人公たちは迫真の演技でビビりまくってて見ているこっちは大いにシラケる。

  • 2.8

    Hamanさん2020/05/19 19:03

    お化け屋敷巡りPOV

    キャンピングカーでアメリカ各所のお化け屋敷を巡りながら究極のお化け屋敷を探す男女の話。

    本当にただお化け屋敷巡りをしてるだけなので、素人がYouTubeに上げてるお化け屋敷や心霊スポットなんかの映像を延々と見てる感覚。その点カメラワークがブレブレで何が何やらな部分が多いのもリアルではある。
    とりあえずアメリカのお化け屋敷がめちゃくちゃ楽しそうってのは分かった。
    こんな生半可なお化け屋敷なんて求めてない!本気でビビらせろ!!からの、じぇじぇじぇ!誰が本気でやれっていったんだ!止めてけろ!!!!!!展開は、正直分かっていても笑う。

    とくに閉所恐怖症てわけでもないけど、生き埋めの生殺し感って想像するだけで血の気が引けるから好き。

  • −−

    Abbyさん2020/03/25 23:11

    本編はともかく(笑)、やっぱりアメリカのお化け屋敷は日本のお化け屋敷なんか比べ物にならないくらいリアルで怖いんですね〜(  ̄▽ ̄)

  • 2.0

    叡福寺清子さん2019/11/25 20:45

    ハロウィンに合わせて全米のあちらこちらでお化け屋敷が店開きするらしいですね.知りませんでした.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
    本作はその中で指折りの怖さを誇るお化け屋敷を巡り,最終的には伝説レベルに最恐なお化け屋敷を訪ねるドキュメンタリーというモキュメンターです.
    えーっと.盛り上がりません.どこで怖がればいいのかわかりません.OPで「結局人間が一番怖いやん」というウォルター・J・ウィリアムズの言葉を引用していますが,それってネタバレですよね.OPで恐怖の対象を大きく限定してどうするんですか.しかも私が一番嫌いな「結局人間が一番怖い」ですって.
    各地のお化け屋敷を訪れるのは結構ですが,なにもかも中途半端で面白くありません.だから何?という感想しか思い浮かばなかったです.
    最後も釈然といたしませんし.
    時間の無駄でございました.以上合掌・・・

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました