お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アメイジング・グレイス

G
  • 字幕

200年の時を越えて歌い継がれる名曲「アメイジング・グレイス」の知られざる誕生秘話。

18世紀のイギリス。ウィリアム・ウィルバーフォースはイギリスの主たる収入源となっていた奴隷貿易に心を痛めていくようになるが、聖職者として世のために祈るか、政治家として世を変えるか、2つある選択肢の狭間で彼の気持ちは揺れていた。そんな彼の後押しをしたのは、師であり、かの名曲「アメイジング・グレイス」を作詞したジョン・ニュートンだった。21歳の若さで議員に選出されたウィルバーフォースは、英国最年少の首相であり友でもあるウィリアム・ピットと共に、政治家として奴隷貿易廃止を訴えるという辛く苦しい茨の道を歩む決心をする…。

詳細情報

原題
Amazing Grace
作品公開日
2011-03-05
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2011-03-05
制作年
2006
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2018-09-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

アメイジング・グレイスの評価・レビュー

3.7
観た人
1960
観たい人
1811
  • −−

    ぴよんさん2022/01/18 00:57

    めちゃくちゃ感動

    主人公の俳優知ってたから見ただけだけど

    イギリスの黒人差別を無くそうとした人の話

    後日、ゼミで見たけどやっぱ感動

  • 3.5

    さいとうさん2021/12/06 11:06

    アメイジンググレイスの曲が、ただの綺麗な曲では無くなる。
    奴隷は人間ではないと言われていた想像のつかない時代の、人々の奴隷に対する意識や扱いを見ることができた。

  • 4.1

    りおさこさん2021/10/22 01:52


    🎬ランクA
    🧡2021/171

    ---
    🔖「我々がサルで、彼らが人間だった」

      ウェスト・ミンスター寺院で眠る

  • 4.3

    ウシュアイアさん2021/06/13 23:41

    [あらすじ]
    若くして政治家となったウィリアム・ウィルバーフォースは、奴隷貿易に心を痛め、現状を打ち破るべく政治活動を行うものの、奴隷貿易廃絶にはなかなか至らず、挫折を繰り返す。

    そんな中、彼を支えていたのは彼が通っていた教会の牧師が作った「アメイジング・グレイス」であった。


    [感想]
    7,8年前にリメイクされた『白い巨塔』の主題歌として再び脚光を浴びた『アメイジング・グレイス』の歌にまつわる作品。

    この曲を作った牧師はウィリアム・ウィルバーフォースと本当に関係があったか定かではないが、奴隷貿易で奴隷船の船長をしており、航行中に嵐で船が難破し、一命を取り留めるものの、失明してしまう。「アメイジング・グレイス」は奴隷貿易という非道の限りを尽くした自分を赦し助けてくれた神に感謝し、讃えた歌というわけである。

    このウィルバーフォースは日本で言う「サムライ」といったところだろうか。

    日本には武士道があるように、英国には英国紳士としての伝統的な倫理感がある。植民地支配による豊かな暮らしの中で英国紳士道廃れていき、奴隷制肯定派が多数を占めるなか、困難があっても信念を曲げず、紳士道に訴えかける姿は、英国紳士の鑑である。

    挫折の際、アヘンチンキにも溺れかけたが、献身的な妻の支えにより立ち直っていく、というのもベタだがとても印象的である。

    しかし、奴隷貿易を廃止しても、大航海時代からはじまる植民地支配は続き、インドやマレー半島が自由になったのは50年くらい前の話だ。

    日本も同じ道を歩んでいったように、豊かさが伝統的な倫理観を廃れさせる、ということは歴史から学ぶ必要はあるだろう。
    (2011年4月15日@銀座テアトルシネマ?)

  • 3.2

    yuiさん2021/04/11 02:00

    奴隷制度の撤廃に尽力した男性の話。
    革命前夜のヨーロッパの政治家にこんな熱い魂を持った人が居るなんて考えもしなかった。アメイジング・グレイスのテーマが似合う、静謐な映画。

  • 3.5

    ご自由さんさん2021/03/20 12:41

    典型的な歴史·伝記映画と評価されている。でもウィルバーフォースの名前は知らなかった。小ピットは記憶にあったが··。リンカーンの奴隷解放よりも早く 奴隷貿易取引から奴隷解放に尽力した歴史の過程を学べた。

  • 3.4

    すぽんじさん2021/03/06 02:22

    300対1の戦い

    奴隷貿易に反対した1人の男の話。
    奴隷1人の値=25ギニー(約125万位?)
    船で運ばれるのだが、そこでの所業が非道……

    彼を支えた人を見つめるカットで終わったのが感動的。鼻ジーン。

    2016.02.22GYAO!無料配信

  • 4.0

    coaoさん2021/02/28 22:40

    これが主題歌であり、その歌の背景を映画を通して知った、猛烈な保守派の反対に会いながらも医師を貫いたウィルバーフォース。イギリスの奴隷制撤廃までを知ったとても良い作品であった。

  • 4.0

    コオリさん2021/01/19 23:11

    正義とは?
    って感じでした。はい。
    すごいよね、ホントに。
    清く、正しく、美しく
    そして
    強く!!!
    だからこそ、繊細で脆く、人の痛みを感じことができる
    どうしたら、こんなヒトになれるのかな
    一生かけて悩み続けるテーマなんだろな…

  • 3.4

    hachiさん2021/01/11 13:57

    「どんなに有名な者でも己を知らない者の人生は悲しい。」

    精神病になりたいと思う人はいないだろうが、それは、その人がそれくらい真剣に生きているということの裏返し。
    愛の力で立ち上がった主人公は、
    諦めることを諦めずに、
    また前進していった。
    今は、
    要領がよくずる賢い人が幅をきかせることも多いが、
    本来、
    真っ直ぐで、正しいことを正しいと理解し、進んでいける人がフューチャーされるべきだろう。
    いつの時代にも、どんな場所にも
    課題はあり、より良くできるのだから。
    神は愛であり、愛ある所に神はいる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました