お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

30年後の同窓会

G
  • 字幕

リチャード・リンクレイター監督が描く、“50才のスタンド・バイ・ミー”

男一人、酒浸りになりながらバーを営むサルと、破天荒だったミューラーの元に、30年間音信不通だった旧友のドクが突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われるなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かう――。30年前に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

詳細情報

原題
LAST FLAG FLYING
作品公開日
2018-06-08
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-06-08
制作年
2017
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-12-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

30年後の同窓会の評価・レビュー

3.7
観た人
3298
観たい人
10368
  • 3.6

    Elvisさん2021/06/16 19:51

    ベトナム戦争戦った戦友3人が息子の戦死をきっかけに集まってお葬式する話。

    ストーリー的にはそんなに色々ある話ではないのだけど、3人のやり取りが悲しみを癒してくれる感じ。深刻にならずウエットなんだよね。

    戦争ってやるせないんだけど、生きていく者がどうすれば良いのかなって考えさせられた映画。

  • 2.5

    ha7ta6さん2021/06/16 15:54

    なぜ場所にこだわるのか不思議に思うけど…結果的に良かったのかな。
    ダラダラと続くしょーもない話に少々食傷気味。

    手紙を見せてればスムーズに。

  • 5.0

    森田和敬さん2021/06/16 15:27

    オッサン版スタンド・バイ・ミー的な軽めの映画かと思っていたら
    凄くヘヴィな映画だった

    ヘヴィではあるんだけど
    そこはリンクレイター
    ホッコリ良い意味で軽くしてた
    締め方も最高

    リンクレイターも勿論だけど
    メインの三人が最高!
    息子を亡くしたカレルへの良い距離感での接し方が良いんだ!

  • 3.7

    アンバーさん2021/06/14 22:59

    全体的にしっとりとしているが、確かに友情を感じる悲しくはあるが、心あたたまるロードムービー。
    悲しみの話ではあるが、登場人物が温かくてそこまで悲しみを感じないのがポイント。
    心から笑って悲しみも共有できる、そんな友達がいれば素敵。

  • 3.9

    きのこさん2021/06/14 15:29

    時にバカ笑い、時にシリアスな3人の中年男。好きだなー、こう言う映画。最後の息子からの手紙は、悲しいけれど救われたよね。

  • 3.6

    マッキーさん2021/06/13 22:51

    考えてみれば〝ロードムービー〟ってあまり観たことないんだなぁ。

    ほっこりしたり胸を締め付けられたりして…
    観終わってみれば結構好きな雰囲気なのだけど

    あのまったりゆったりな感じが どーも寝落ちしてしまって…😅

    起きては巻き戻して起きては巻き戻して…😪😳😪😳の繰り返しでやっと観終わった感じでしたσ(^_^;)笑。。。



    でも結果面白かったです✨

    暗く重い話もあるけど、いやいや、結構登場人物たちのやりとりがいちいち面白い😁

    ドクとサルとミューラー、、、、海兵隊時代の仲間であったこの3人の凸凹具合がまたほんと絶妙なバランスで😁

    酒浸りのサルがいいキャラしてて、当時破天荒だったミューラーも今となっては立派な牧師さん。

    サルの下品なボケやちょっかいにも真面目に突っ込んだり苛立ったり牧師的な返ししたりしてなかなかいいコンビ 笑

    ドクは、同じく海兵隊である息子の戦死の知らせを受け 遺体を引き取るお供にサルとミューラーを旅のお供に誘うのだけど…

    ドク、、、、、、

    2人に懇願した割にはあっさりな感じもあって、1番口数も少なく、今ひとつ心の内が読み取れない 笑 (ま、喪に服してる心境もあるのだと思うけど)

    それでもやっぱりドクにとって、旅のお供はこの2人だったのだな、と映画全体を観てなんとなく感じるこの感じがなんだか心地いい( ᵕ·̮ᵕ )♡

    途中、列車の中で盛り上がるシーン、、、基本的に下ネタが飛び交う場の空気って個人的にはだいぶ苦手であまり好きな描写ではないのだけど、

    こんなふうにバカな話をしてる時が、ドクが心底楽しそうで( ᵕ·̮ᵕ )♡

    ドクの息子の死、海兵隊時代の任務の虚しさ、ある仲間に対しての罪悪感や過去のわだかまり、悲しい現実や掘り返したくない過去とどう折り合いをつけていくか…

    ドクだけじゃなく2人にとっても。

    ドクも1人だったらどんなに心細かったことか。。。

    ほんと良かったよかった(T_T)




    さて、遺体とご対面のシーンで思ったこと。

    【見るも無残な遺体となった我が子を、中佐は見ない事を勧めてきました。。。】

    自分だったらどっちだろう。我が子の凄惨な死体を見て一生記憶に残してしまうのと、生前の美しい記憶のままに見ずに済ますことと。。。

    見てしまえば最後、絶対その印象の方が強く残って消すことはできなくなるし、かと言って親として最後を見届けるべきな気もするし 後で後悔してももう見届けるチャンスはない。。。

    ここは大きく考えさせられました。。


    同じ監督さんによる『さらば冬のかもめ』という作品があり、キャラも人物名も異なり正式な繋がりはないらしいけど、

    〝精神的な続編〟とも言われているようで、機会があったらそっちも観てみたいなぁと思いました。

  • 3.6

    めでかさん2021/06/13 18:33

    「俺には分からん。国がどれだけ感謝していて、大統領がどれだけ遺憾に思っているか。だが受け取れ。お前の国の旗だ」
    サルのセリフ、なんかグッときた。
    息子からの手紙も泣けますね〜
    父親の選択はすべて正しかったと

  • 3.3

    mutenkaさん2021/06/13 15:14

    最初の方サルとミューラー、リアル天使と悪魔かっていうくらい意見が対立してたけど、さすがかつての仲間、どんどん昔に戻る感じで。特に列車の中の棺のところで4人で昔話で大笑いするところが良かった。あと大佐がブチ切れるところも^ ^ワシントンが若いのに落ち着いていて息子の親友でよかった。任務遂行してたし。

  • 3.7

    pecheさん2021/06/12 17:40

    酔っ払いおじさん達のトークに苦笑い😅。かと思えば何のための戦争?と考えさせられてしまう。
    心のこもった葬儀に😭

    笑ったり泣いたりできる映画。

    サルのキャラクターが👍

  • 3.6

    きょんさん2021/06/12 11:23

    大きな出来事も特になく
    戦場シーンもない
    静かな反戦映画。
    戦って死んだわけじゃない息子の死は
    戦死と言えるのか。
    お国のためにとか、大統領が遺憾の意をという言葉が虚しく響く。
    ベトナム、湾岸、イラクといつの時代も戦争をするアメリカ。
    戦友って素晴らしい。
    戦友だからこそ通じるものがあって
    絶妙な間合いがよく、しみじみいい映画だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す