お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

The Kids

G
  • 字幕

幼いながらも1児の父母となってしまった10代のカップルを見つめた、台湾青春映画の新たな扉を開く意欲作。

中学2年のバオリーは校舎の屋上でいじめられていた上級生の女子ジアジアを助けて親しくなり、やがてふたりは関係を持つ。彼女の妊娠を知ったバオリーは学校を辞めて食堂で働き、ジアジアは女児を出産。片親によって育てられたバオリーは両親の揃った家族を夢見て二人で助け合って生きていこうとする。しかし、バオリーの母がギャンブルで彼の稼ぎを使いこみ、またジアジアも小さな家に家族4人で暮らす生活に嫌気がさし、バイト先の店長のジャウェイと愛人関係に。ふたりの生活は破綻していく…。

詳細情報

原題
小孩 The Kids
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
台湾
対応端末
公開開始日
2018-12-11 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

中国映画洋画ランキング

The Kidsの評価・レビュー

3.6
観た人
71
観たい人
213
  • 4.1

    そくらてすさん2021/08/17 10:38

    10代で子の親となった佳家(ジアジア)&宝力(バオリー)の酷な日々。思春期特有の漠然とした不信やら虚無やらに己の殻のなかで押し潰されるのではなくて、大人をも巻き込みながらそこに確かな輪郭をもって横たわっている現実に「子ども達」があれよあれよと淘汰されていく様が苦しい。誰かの営みを支えるのも壊すのも結局「金」なんだな…。人生前倒し加減が尋常でなくてこれを青春映画として括っていいのかどうか、でもバイクのニケツとラストの回顧シーンに漂うつかの間の瑞々しさは間違いなく健康なティーンエイジャーのそれだったと思いたい。宝力が働く店の大将を主人公に据えたスピンオフをひそかに期待してる。

  • −−

    あーちゃんさん2021/03/05 17:17

    ジャケ良さげじゃんと思って選んだら、まーた重たい映画だった
    不幸に不幸が何重にも重なって足枷になって縛られて、そこから誰も動けない

  • −−

    ひいさん2020/11/26 21:42

    二人は離れてしまうのではないかなと思ったけど、最後のシーンからはいい方向に進むと捉えていいのかな。子供の幸せを祈る。

  • 3.8

    ゆきさん2020/11/16 16:19

    共育

    諦めを知っている若さは危うさに直結する。
    物語は唐突に始まり、進展した。
    状況はすべて何気ないセリフで把握する、一人歩きのまま本題へ入るけれど不思議と嫌悪感はない。
    逃れられない現実と、現実逃避の判断がよからぬ方向へそれぞれを導いていく展開。
    正直明るい物語ではない。けれど少しだけ明るい兆しを抱けるエンディングにほっとする90分。
    台湾の裏社会の設定もしっかり作り込まれての演出も多いそう。鑑賞後に監督のインタビューを読んでしまったので、続けて2度鑑賞。
    「共犯」でも印象的だった少年が主演の今作。イメージは変われど、軸となる二人がとても繊細で丁寧だった。

    ×××
    中学生にして子供を授かった二人は助け合いながら生きていこうとする。しかし、愛情の矛先や金銭的な問題は山積みで、二人の生活は破綻寸前だった。

  • 3.0

    さうすさん2020/09/14 16:03


    真面目な二人だから
    周りの人に恵まれていれば
    上手くいってたのかもしれない
    でも、この描き方をすることで
    リアリティが出て
    嘘がない感じがして良かった。

    169本目 U-NEXT

  • 3.0

    ミコトさん2020/03/31 02:12

    主演女優さんの透明感がやばくてただとにかく美人だった...
    でも設定に全く共感も感情移入もできなくてただ他者として2人の生活を眺めてる感覚だった🙁

  • 3.7

    sさん2020/03/27 00:56

    ジアジアがとにかく、どタイプすぎて困った
    ほとんど笑顔は見れない、先は見えない

    ギターのスライド音がやけに響く

  • 3.8

    夙沖波耶音さん2019/11/04 12:00

    190.
    未成年、未熟なカップルの子育て、夫婦生活。
    その不遇さは間に差し込まれる学生時代の回想シーンで、より浮き彫りになる。

    胸が苦しくなる。
    ただ一緒にいたかっただけなんだろうけども。

    あー、このラストを思い出して幸せになってくれないと、とても困る笑

  • 3.1

    MEGさん2017/10/04 22:25

    子どもができた中学生の話です。

    タイトルとしては「the kids」であり、単純に彼ら2人を指す一方で、彼らの親も大人としてどうなんだみたいなところがあるのでその人たちみんな指してるのかなと思いました。

    過去の楽しかった思い出のシーンが出てきますが、基本的にカメラは手持ちなのかゆらゆら揺れていました。また、主人公の男の子が寝ているときにそうしたシーンが入ってきて、夢というか幻想っぽい演出もしているのかなと思いました。

    最後は色々ありますが、彼女が彼のもとに帰ってきたという意味においてはポジティブな捉え方をしてもいいかなと思いました。

  • 2.6

    yuriaさん2015/12/31 04:04

    (やりたいことはよくわかるけれどそこから突き抜ける個性もないし単純に下手くそだったけれど女優がかわいかったよ)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました