お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ご注意ください

本コンテンツはVIERA、BRAVIA、REGZA、PS4、Android TV、Fire TV、Apple TV(※)でのみ購入・視聴が可能となります(購入はクレジットカード決済のみ)。ご了承ください。(※FireTV・Apple TVは視聴のみ)

大奥~華の乱~【FOD】第5話 逆襲

G 45分

 身重の安子(内山理名)を水風呂に突き落とし、湯殿に閂をかけて去ったお伝の方(小池栄子)。薄れゆく意識の中、安子は母の形見のかんざしで閂を開け、湯殿を脱出、力尽きて倒れているところを音羽(余貴美子)に助けられ、なんとか無事に新たなお世継ぎとなるべき男子・長丸を出産する。お伝の方の長男・徳松に続く、この新たなお世継ぎ誕生が大奥に波紋を呼ぶのだった。
 綱吉(谷原章介)の安子と長丸への愛情は深まる一方で、他の女性や政治への関心は消え失せ、桂昌院(江波杏子)からは腑甲斐なさをそしられる。母に言われ、綱吉はしぶしぶお伝の方を訪ねるが、徳松をお世継ぎにしたいという執着ぶりに、綱吉はほとほと嫌気がさすのだった。
 安子は仇の子とはいえ、母となった幸せを感じていた。そんな安子の幸せに理解を示す右衛門佐(高岡早紀)。母としての気持ちが分かるようになり、お伝の方の哀れさに気づく安子は、人の恨みを買ってまで我が子をお世継ぎにしたいとは思わない。
 一方、信子(藤原紀香)は、焦りが裏目に出たお伝の方をいい気味と高笑いするが、自分の知らぬうちに心を通わせている安子と右衛門佐に嫉妬の炎を燃やす。
 お伝の方は、またしても柳沢(北村一輝)の入れ知恵で、安子が信子の部屋に呼ばれたすきに、青梅を使って長丸を亡き者にしようとたくらむのだが…。

詳細情報

関連情報
企画:保原賢一郎 音楽:石田勝範 主題歌:「修羅場」東京事変(東芝EMI) プロデューサー:林徹,手塚治(東映),樋口徹(FCC),金丸哲也(東映) 演出:林徹,葉山裕記,川村泰祐 制作・著作:フジテレビ,東映
公開終了日
2022-04-10 23:59:59
制作年
2005
対応端末
公開開始日
2018-03-01 00:00:00
シェア
お気に入り
非対応デバイスです
この端末からは購入/再生できません

時代劇・歴史劇国内ドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

俳優・女優で探す

キーワードで探す

ランキングで探す