お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ご注意ください

本コンテンツはVIERA、BRAVIA、REGZA、PS4、Android TV、Fire TV、Apple TV(※)でのみ購入・視聴が可能となります(購入はクレジットカード決済のみ)。ご了承ください。(※FireTV・Apple TVは視聴のみ)

大奥~華の乱~【FOD】第10話 乱心

G 56分

 柳沢(北村一輝)が自らの野望を遂げられるよう、吉里は綱吉(谷原章介)の子であると証明するため遺書を残し、柳沢の手にかけられて亡くなった染子(貫地谷しほり)の死は自害とされた。だが、右衛門佐(高岡早紀)と信子(藤原紀香)は、柳沢を跋扈させ染子を死に追いやったのは、上様の優柔不断なご性格のせいとして、綱吉殺害のため、安子(内山理名)に再び毒薬を渡そうとする。安子は綱吉に考え直していただくよう説得すべきだと拒否するが、その役目を任せてほしいと大典侍(中山忍)が名乗り出る。その上、大典侍から、綱吉の子を身ごもったことをほのめかす爆弾発言まで飛び出し、一同驚愕。大典侍が世継ぎを産めば、吉里が世継ぎでなくなり、柳沢の権力も弱まり万事治まるというのだ。
 嫉妬に狂った信子の心の均衡はさらに崩れ、大典侍とお腹の子を亡き者にしようと狂気の行為に及ぶが、かえって火傷を負い、持病も悪化。病床の信子は、見舞った綱吉に毒を含ませ、自分も自殺を図り、哀しい女の性ゆえの壮絶な最期を遂げるが、綱吉は一命をとりとめる。一方、柳沢は、音羽(余貴美子)に刀を渡された成住(田辺誠一)を返り討ちにする。それを知った安子は綱吉の前で柳沢に斬りつけるが…。

詳細情報

関連情報
企画:保原賢一郎 音楽:石田勝範 主題歌:「修羅場」東京事変(東芝EMI) プロデューサー:林徹,手塚治(東映),樋口徹(FCC),金丸哲也(東映) 演出:林徹,葉山裕記,川村泰祐 制作・著作:フジテレビ,東映
公開終了日
2022-04-10 23:59:59
制作年
2005
対応端末
公開開始日
2018-03-01 00:00:00
シェア
お気に入り
非対応デバイスです
この端末からは購入/再生できません

時代劇・歴史劇国内ドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

俳優・女優で探す

キーワードで探す

ランキングで探す