お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

泣き虫しょったんの奇跡

G

ひとりの夢が、みんなの夢になった―。将棋界の歴史を変えた感動の実話!

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。奨励会退会後、将棋とはしばらく縁を切り平凡な生活を送っていたしょったんに突然訪れた父親の死…。親友・悠野ゆうやら周囲の人々に支えられ様々な困難を乗り越え、再び駒を手に取ることに。しかし、プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい――」。35歳、しょったんの人生をかけた二度目の挑戦が始まる。

詳細情報

関連情報
原作 瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊):音楽 照井利幸:製作 大村英治:瀬井哲也,太田和宏,吉野達也,坂本健,杉田成道,安部順一,宮崎伸夫,松田美由紀,鈴木律子,大関雅人,吉羽治,エグゼクティブプロデューサー 青木竹彦:岡本東郎,企画・プロデュース 森恭一:プロデューサー 大瀧亮:行実良,平部隆明,撮影 笠松則通:照明 水野研一:録音 柿澤潔:美術 橋本創:衣装 宮本まさ江:ヘアメイク 小沼みどり:装飾 渡辺大智:編集 村上雅樹:スクリプター 長坂由起子:VFXスーパーバイザー 道木伸隆:サウンドエフェクト 北田雅也:助監督 佐和田惠:制作担当 中村哲也:制作プロダクション ホリプロ:エフ・プロジェクト,特別協力 公益社団法人日本将棋連盟:配給・宣伝 東京テアトル:宣伝協力 ミラクルヴォイス:フラッグ,星貴子
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-11-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

泣き虫しょったんの奇跡の評価・レビュー

3.7
観た人
3667
観たい人
7538
  • 3.0

    Yoshiharuさん2021/07/25 10:14

    プロ棋士になるのに年齢制限があるんだ。
    大器晩成の人もいるし、期限決められるとドキドキしてできなくなる人もいるんだけどね。

  • 3.5

    つよさん2021/07/20 07:19

    将棋が強い小学生。友だち出来るけどライバルでもあり。
    大人になって、強くても年齢制限でプロになれず。
    でも挑戦する。
    将棋の先生良かった。

  • 2.5

    soさん2021/07/20 05:05

    これまで観てきた将棋映画はどれも魅力的だったからこそ、本作は残念だった。
    実在する棋士瀬川晶司の伝記映画、それ以上でも以下でもない内容といった印象。
    何と言っても将棋映画の見せ場である対局のシーンが弱い。命を擦り減らして全身全霊で打つような様子もなく、善良な彼は「人の良い将棋」を淡々と打つのだ。周りの棋士たちがいくらそこを褒めようが、最後まで彼のすごさがいまいち伝わってこない。
    ライバルらしき人も続々と登場するが、肩透かしを食らうように何も起きることなく通り過ぎてゆく。
    そんなこんなで鑑賞後も不完全燃焼感の残る映画だった。
    錚々たる俳優陣が出演しているが、個人的には前傾姿勢で髪を垂らす早乙女太一が良かった。誰よりも将棋に全身で取り組んでいる感じが出てた。

  • 3.0

    risagcpさん2021/07/16 13:13

    よーいどんのスタート地点に立つ前に備わっているものとして、才能と環境だったらどちらがギフトなのだろう?叱責は兄が担当するような絶対的な味方の家族と、多くを語らず高め合うライバルと、別の立場から応援してくれる人たちと。もしユウヤみたいに家族に反対されていたら。もし父が死んでいなかったら?結局才能も環境も関係なく、こんな時どうする?といった時にでてくるような人柄がすべてなのかもしれない。それは環境によって培われたというより恩師が言っていたとおり何かひとつのことに熱中したひとりっきりの経験や時間によって培われたもので本当にいつか形をかえて役に立つのだ。「泣き虫」ていうほど泣いてないけれど、普段将棋に対してほとばしるような情熱がみえない分、想いが濃縮された涙は胸がくるしくなった。大人のいまでも誰かが松たか子みたいに大切なことを投げかけてくれているかもしれないな、それが自分に必要なときにちゃんと響くように、自分の好き!に正直に生きていたいな。

  • 4.0

    おいちゃんさん2021/07/13 22:04

    グッと来ました

    確かに、頭脳スポーツで年齢制限って必要?(´ε`;)ウーン…
    40歳までルールも知らなかった人がある日将棋に出会って天賦の才を開花させる可能性も全然あるよね??

  • 3.8

    はちさん2021/07/05 18:52

    私の周りには、私が成功することで喜んでくれる人がどのくらいいるのだろう?

    子どもの頃に出会う大人の大切さが心にしみた。そのくらい、小学~中学時代が丁寧に描かれている。また、挫折するまでの経緯もしっかりと盛り込まれており、それがあったからこそ叶った夢なんだとわからせてくれる作品だ。

    エンドロールが将棋の名札かけのようで粋だった。

    そして今回でやっと、野田洋次郎と早乙女太一の違いがわかった。笑
    脇役が豪華。

  • 3.7

    オマンピスさん2021/07/01 19:04

    松田龍平の幼馴染役のマンボウやしろみたいな人どこかで見たことあるんだよな〜と思いながら誰だろうとエンドロールみたら野田洋次郎でアンタ!!アンタやったんかい!!


    キャスティングが豪華で、豪華というよりは意外なところで意外な人がフラーっと出てきてそのまま消えていくんだよね

    妻夫木聡なんか急に出てきたと思ったらそのまま雨の中消えていき、奨励会のメンバーが誰かと思えば染谷将太だし、藤原竜也は通行人役、新井浩史なんか面白いことやってそのあと出番なかったし
    そう!新井浩史と松田龍平といえば!今作の監督・豊田利晃の過去作でもある『青い春』で共演していたよね
    このキャスティングは実は豊田利晃にゆかりのある人が多かったんだよ

    そんで豊田監督は実際に奨励会に在籍していたこともあったらしい
    てなった場合、この映画は豊田監督の半自伝的なものになってくるのかもな〜
    監督の出会い別れ、繋がり…

    いやぁステキな映画やん

  • 3.0

    さだももさん2021/06/28 18:31

    龍平のビジュアルがよすぎて死にました
    将棋の世界も大変なんだね
    でも夢見る道を作ったしょったんすごい
    かわいいみんなに愛されるのがわかる

  • 4.2

    bluemercenaryさん2021/06/15 10:24

    瀬川晶司五段の自叙伝を映像化。
    豊田利晃監督も奨励会出身だと云うから、リアリティには特段気合いが入ったでしょ。
    ストーリー配分で、どうかなと思う部分もあったけれど、気持ちのいい青春群像ドラマだったと思います。
    退会後が語られなかった若者たちの、その後が気になる。

  • 3.2

    パピコさん2021/05/22 21:19

    年齢制限で将棋のプロを諦めた男の、再挑戦の物語。
    終始静かに物語は進み、物語が優しく心に染みてくる感じ。
    映画ではあっさりしたものだったけど、再挑戦の権利を得るためにどんだけの人の情熱があったのかと思うと泣ける。

    夢に年齢制限があるって残酷なようで救いでもあるよなと観てて思いました。

    キャスト豪華すぎます。
    このキャストで任侠ものみたい笑

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す