お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

教誨師

G

”教誨師(きょうかいし)”とは、受刑者に対して道徳心の育成、心の救済につとめ、彼らが改心できるように導く人。 独房で孤独な生活を送る死刑囚たちと心を通わせ苦悩し葛藤する主人公の物語。

プロテスタントの牧師、佐伯保。彼は教誨師として月に2 回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚と面会する。無言を貫き、 佐伯の問いにも一切応えようとしない鈴木。気のよいヤクザの組長、吉田。年老いたホームレス、進藤。よくしゃベる関西出身の中年女性、野口。面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な小川。そして自己中心的な若者、高宮。佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、悔い改めることで残り少ない “生” を充実したものにできるよう、そして心安らかに “死” を迎えられるよう、親身になって彼らの話を聞き、聖書の言葉を伝える。しかし、意図せずして相手を怒らせてしまったり、いつまで経っても心を開いてもらえなかったり、苦難の日々が繰り返される。それでも少しずつ死刑囚の心にも変化が見られるものの、高宮だけは常に社会に対する不満をぶちまけ、佐伯に対しても一貫して攻撃的な態度をとり続ける。死刑囚たちと真剣に向き合うことで、長い間封印してきた過去に思いを馳せ、自分の人生とも向き合うようになる佐伯。そんな中、ついにある受刑者に死刑執行の命が下される……。 2018年に惜しくも急逝した大杉漣、最初のプロデュース作にして最後の主演作。本人曰く、その膨大なセリフ量とユニークな内容ゆえ、「役者にケンカを売ってるのかと思った」と評したオリジナル脚本を見事に体現し、複雑な人物像を圧倒的な存在感で演じきった。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-04-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

教誨師の評価・レビュー

3.8
観た人
2820
観たい人
5025
  • 3.8

    写楽さん2021/10/15 21:28

    俺も死刑になる前にお世話になったなぁ〜

    教誨師というテーマにかなり惹かれたので鑑賞
    かなり賛否分かれそうだけど俺は好きだよ
    監督は何に触発されてこんな映画を撮ったんだろう
    過去作見た感じ少しピンクな雰囲気がするのだがそんなことも感じさせない程シリアスな雰囲気を醸し出すのが上手い
    なんたってBGMが一切無い
    これは俳優の声そして音だけで作られてるようなものだ当たり前だこの部屋にあるのは刑務官と教誨師と死刑囚だけだ

    2021年 445本目

  • 3.5

    あちゃんさん2021/10/15 18:32

    教誨師とは
    受刑者の心の救済に務め
    彼らが改心できるよう導く人



    おお、、重たい!!!
    胸焼け必須な内容ですねこれは
    口直しが欲しくなるが嫌いじゃない。

    最初は淡々と進むから
    苦手なジャンルかと思いきや
    途中から聞かせにかかりましたね。
    大杉漣最後の主演作ってことで
    キャストの演技が全員すごい。
    一言一句が重苦しい。

    「意味なんて無いんです
    生きているから生きるんです」
    深い。すごく深い。

  • 3.7

    blackflagさん2021/10/14 22:49

    牧師が拘留所に来て色々な人と話をする映画。

    一つの場所で話する映画です。

    文字が書けない老人の話がしんどいです。

    牧師さんが唐突に質問されて、
    えぇ?って返すのが人間味を感じました。

    そして若干のホラー要素ありです。

    光石研さんの強気なヤクザ役から弱気なクリエイター役まで幅の広さはさすがです。

  • 3.6

    東裕二さん2021/10/07 12:30

    20211007-372

    美術:安藤真人

    絵本『ザアカイさん』


    日本の死刑確定者は、刑務所ではなく拘置所内の独房で生活している。
    懲役囚と異なり、原則的に髪型・服装は自由。就労の義務もない。
    面会は親族などの他、’面会により心情の安定に資すると認められる者”に限る。

  • 3.5

    Nobさん2021/10/02 15:34

    本作は、死刑囚の心の救済に努め、彼らが悔い改められるよう導く「教誨師」と囚人達との対話を描いたヒューマンドラマ。大杉漣主演の遺作でもある。

    熱心に教誨師の話に耳を傾ける者、一方的に自分の話を捲し立てる者、博識で達観し常に他人を見下している者など、登場人物が皆個性豊かで、人間味溢れる演技に惹き込まれた。

    様々な事情を抱えた彼らとの対話の中で「救済とは何か?」という事を、真摯に向き合おうとする教誨師の苦悩が、観る側にもひしひしと伝わり切なくなる。

    分かりやすい感動ネタや気の利いた台詞回しを極力排除した、一見退屈とも思える脚本だが、張り詰めた重い空気感と適度な緊迫感が心地よく、観終わった後もしばらく心に残る、味わい深い作品であった。

  • 3.5

    おむおむさん2021/10/01 12:56

    変化は少ないのにずっと見ていられる。

    死刑の執行が決まっているのに赦される必要があるのかと思う反面、死刑囚かを疑うような人も出てきて赦されて楽になって欲しいとも思った。

  • −−

    クナイプさん2021/09/29 21:30

    後悔するのは馬鹿ではありませんよ
    それは素晴らしいことです

    生きているから生きるんです


    大杉漣さんの声と表情と演技すべてが重く沁みた

  • 3.8

    ミッチーさん2021/09/29 20:57

    教誨師、とんでもなく辛い仕事。人を悔い改めるというよりも人に寄り添って話しを聞く。大杉漣さんの最後の映画は彼にしか出来ない。

  • 3.3

    accoさん2021/09/27 20:26

    現実、
    支離滅裂、無理難題、無感情、自己顕示欲の塊などなど手に余る死刑囚や受刑者、はたまた冤罪の方など
    日本の拘置所や刑務所にはごまんといるんだと思う。
    そういう人物と、毎日顔を合わせる、心を添わせる教誨師や刑務官には頭が上がらない。


    でも、やっぱり「矯正」や「悔い改め」を目指すのであれば
    心 対 心で向かうしかない。

    死刑執行される彼の挑発に、「教誨師」としてではなく、人間として返答してしまい
    死刑囚の顔色が変わったところに、この職務の過酷さがわかる。

    死刑囚の若い男性を演じた役者さんもすごかった。

  • 3.0

    まおさん2021/09/21 04:14

    「賛美歌歌うってのもけっこう気持ちの良いもんだね、
    こんな真剣に謳ったのはガキの頃以来かな
    でも下手な歌なんざ、誰も聞きたくないだろうよ
    ここにいれば3食困らず、慣れれば快適だが…あとは酒さえあれば…
    獺祭 日本酒の。美味いんだよ
    この出された水も、そう思うと酔っ払う気分になれたり
    ここに入ってから想像力だけ鋭くなるもんだよな
    でも獺祭自体がどんな味だったかも忘れちまった
    弟が毎年最高級のやつを送ってくれたんだがなー
    今じゃミネラルウォーターの詰め合わせ
    情けないよ

    先生もストレス発散の方法見つけないとな
    まさかシャブじゃないだろ?
    そんな俺の時くらい窮屈なこと言わないで
    シャバにいるんだから、人生楽しまないと
    シャブじゃなくて、シャバだよ?」

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す