お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

映画「若おかみは小学生!」

G

累計300万部超、大人気児童文学、ついに映画化!両親を亡くした少女が、若おかみ修業を通して成長していく、笑って泣ける感動の物語

小学6年生のおっこ(関織子)は交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する花の湯温泉の旅館<春の屋>で若おかみ修業をしています。どじでおっちょこちょいのおっこは、ライバル旅館の跡取りで同級生の真月から「あなた若おかみじゃなくて、バカおかみなの!?」とからかわれながらも、旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼たちに励まされながら、持ち前の明るさと頑張りで、お客様をもてなしていくのでした。いろんなお客様と出会い、触れ合っていくにつれ、旅館の仕事の素晴らしさに気づき少しずつ自信をつけていくおっこ。やがて心も元気になっていきましたが、突然別れの時がおとずれてー

詳細情報

作品公開日
2018-09-21
音声言語
日本語
作品公開日
2018-09-21
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-03-29 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

映画「若おかみは小学生!」の評価・レビュー

4
観た人
8729
観たい人
5237
  • 4.0

    nacky8686さん2020/06/06 00:32

    子供向けの映画かと思って見たが、感動してしまった。
    ストーリーも声優もアニメーションも、すべて良かった。

  • 4.0

    茶葉さん2020/06/06 00:04

    星蘭ちゃん上手いなあ。。
    懐かしくてアニメ化に期待してたから、それを上回る完成度で大満足でした
    最後感動して泣いた
    温泉プリンは本当に美味しそう
    ウリ坊みよちゃん鈴鬼くん、もう子供の頃の友達に再会した気分


  • −−

    izukenさん2020/06/05 21:41

    何者も受け入れる湯というのが
    こんな形で試されるとは
    小学生というのが
    ここまで説得力をもつなんて
    衝撃

  • 4.0

    hisaさん2020/06/05 19:11

    タイトル通りのお話で、絵柄も可愛いので子供向けなのかと思いきや…しっかり泣かせていただきました。少女の正直さと健気さ、芯の強さ、心の成長とともに訪れる別れの切なさ…鑑賞後、爽やかな気持ちになりました!

  • 4.1

    ごまだんごさん2020/06/05 13:20

    序盤はおいおい大丈夫か?って思いながら見てたけど、最後はちゃんと感動しました

    おっこちゃんのたくましさに驚かされた

    あんなちっちゃい女の子が頑張ってんのに俺は・・・だらだらだらだら何をして生きてるんだと

    彼女から頑張る勇気を貰いました

    絵柄がちょっと気になったところはあったけど、まあ許容範囲かな

    エンドロールの原画?がすごい良かった
    なんかジブリっぽくて

    可能ならあの絵柄で作って欲しかった笑

    子供向けって敬遠せずに、ぜひ見てみて欲しい

  • 3.6

    StormHunterさん2020/06/04 16:38

    過去鑑賞です。
    たまにはこういう作品のレビューも。

    交通事故で両親が他界した小学6年生のおっこは、祖母が営む旅館「春の屋」に引き取られる。ライバル旅館の跡取り娘で同級生の真月や、昔から旅館に住み着いているユーレイのウリ坊たちと交流しながら、若おかみの修業に奮闘するおっこ。彼女は、失敗を重ねながらも訪れた客を懸命にもてなそうとしていた。

    ほんわか可愛い作品です。おっこちゃんが相当頑張り屋さんなので、応援したくなる映画でした。

  • 3.3

    タッくん弐さん2020/06/04 15:00

    おっこちゃんがこんなにがんばってるのにオレは一体何してるんだと

    逆境に挫けることなく笑顔で健気に暮らす彼女の姿を見て畜生、オレは悔しくないのかと

    鼻水垂らすしかなかった自らの小学生時代を回想しながらある種の敗北感に打ちのめされた次第ですが

    こんなに素直で良い子にどうしたら育つの? そう、成長とは時に切なさを伴う

    元AKB48メンバー渡辺麻友さんが芸能界引退を表明しましたね(令和2年6月現在)

    末席ながら小生も同じ埼玉出身ということもあり、浦和出身小嶋陽菜さんへのそれ同様に必死の応援を

    いわゆるひとつの彼女が捧げた青春は私たちの青春であり、チームBでチワワのように震えていた彼女を守らなければいけない義務感

    つまりそれは喜びであり、そして同時代に生まれた男としての自覚を促したと言って過言でない存在でありました

    『雨の動物園』でエース的存在である象の衣装に身を包んだ彼女

    外見からは想像つかぬミッシェル・ガン・エレファント推しの彼女

    『BINGO!』のMVで魅せた風に揺れる花の髪飾り

    まだメジャーでない頃、劇場で確かに目があった気がしたあの錯覚

    どれも忘れ得ぬ瞬間、小生にとっても大切な記憶な訳です

    ……完璧主義だったのかもしれない

    だからこそ硝子のように脆く、傷つきやすい存在であることは彼女を慕う者からすれば分かりきっていたこと

    しかしその透明感に誰しも目を奪われて、いつの間にか見えない痛みがキミを摩耗させていたんだね

    創設時の先輩達が卒業していく中、ひとり軸となり集団を正しい方向に導く手段を模索していた姿は

    その裏の孤独を感じさせ、なりふり構わず強くなろうと、大人になろうと、そんな意志がはっきり受け取れましていわば感動を呼ぶものでした

    人生は長いものでありましょう

    「満開の季節だけをきみは懐かしんでいてはいけない」

    そんな自身の唄った歌詞にあるように、目に見えて花が咲いた時期ではなく

    芽吹いた新緑の季節や枯葉散る別れの季節にも新しい価値を見出せるように、ただ元気でいて欲しい

    それがあの頃から何も変わらない小生の願いであります

    最後に月並みですが一言だけ

    「まゆゆ、今まで本当にありがとうだよ!」

    そういう映画です

    ときめきが消せやしない
    いま、あなたに伝えたい

  • 3.7

    喉が痛いさん2020/06/04 01:19

    あの最後の展開に若干引いた。すげ〜残酷だなと。もう少し大人なら何も思わなかったかもしれないけど、それを小学生に立ち向かわせるのかと。それを乗り越えたおっこに涙するんだろうけどなんか見ててただ辛くて苦しかったな。だって俺なら拒否するし。いや凄いとは思いますけどね。。。
    文部科学省選定作品ねぇ…そうなんだねぇ…へぇ…。

  • 4.0

    amemamemaさん2020/06/04 00:52

    最初から最後まで号泣でした。
    泣きすぎて偏頭痛起こしました。

    主人公の置かれた状況があまりに辛すぎること、その状況に説得力をもたせる作画が最高すぎること、そしてあまりに出来過ぎた主人公の健気さに「おっこちゃあああ〜ん!!」ってなんか変なテンションでずっと泣いてました。
    とくに、おっこちゃんと両親とのやり取りが、ほんとに愛らしくて優しさに溢れすぎて…。
    おっこちゃんだけでなく、全ての登場人物に秘めた過去や思いがあって、そこにも号泣。

    あと食べ物がやたら美味しそうでした。

  • 3.8

    kokottoさん2020/06/03 23:02

    交通事故で両親を亡くした主人公の織子(おっこ)が祖母の旅館で若女将として成長していく様を描く。

    笑顔を絶やさず前向きなおっこ自身や、幽霊や鬼が見えたりお客さんもクセがあったりと楽しい雰囲気だがツラい境遇にあるのは変わりなく、現実を受け止めきれてない様子が時折垣間見えて辛くなる。
    そこにきてあの事実はなかなか酷で、そこでおっこの感情が爆発してこちらも胸が張り裂けそうだった。
    でもそれを乗り越えたおっこは間違いなくひと皮もふた皮も剥け大人に近付いた事と思う。

    最初は子供っぽい雰囲気でどうなんだろと思ったけどなかなかの良作。

    宿泊客の一人でおっこの姉貴分のグローリーさん超素敵!辛い時に駆け付けてくれる、もはや保護者だ🤣

    ◆2020年 83本目

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る