お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

テリファイド

G
  • 吹替
  • 字幕

死の世界からの使者!彼らは、すぐそばに居る!世界中のファンタスティック映画祭を熱狂させた新感覚ホラー!!

ブエノスアイレスのとある住宅では次々に怪奇現象が起きていた。下水溝から湧き上がる不気味な声、歩く子供の死体、そして、ポルターガイスト現象。警察官のマザは超常現象を研究するチームと力を合わせ、そこで起きている現象の謎を解明しようと乗り込むが、研究チームに殺意に満ちた最恐の悪霊たちが襲い掛かって来た!

詳細情報

原題
TERRIFIED
作品公開日
2019-01-11
音声言語
スペイン語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2019-01-11
制作年
2018
制作国
アルゼンチン
対応端末
公開開始日
2019-04-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

テリファイドの評価・レビュー

3.1
観た人
3217
観たい人
2359
  • 2.8

    トムヤムクんさん2021/06/20 03:28

    監督に「このレベルで怖がらせようとしてるの?」と言いたくなる。地方のお化け屋敷とかの方がまだ怖いレベル。

    ホラー映画なのに怖くできないんだったら、せめてストーリーくらいはしっかり面白くしてほしかった…。きつい言い方にはなったけど、まあ印象的なシーンは結構多いので、これをやりたかったのだろうという想いは幾つか伝わった。

  • 3.8

    薔薇乙女さん2021/06/18 23:45

    あらすじ

    ブエノスアイレスの住宅で、下水溝から不気味な声が聞こえたり、歩く子どもの死体が現れたりといった怪奇現象が続発する。

    警察官のマザはパラノーマル現象を研究するチームと協力し、真相を解明するべく現地へと向かう。

    しかし、殺意に満ちた恐ろしい悪霊たちが彼らに襲いかかり、、、というお話。


    ジャケット見て、これは、どうかな、、、と思ってましたけど、良かった☺️

    久しぶりにビックリと怖さを感じれる作品でした。

    徐々に怖さを出しますが、結構物理攻撃おおめでしたね、最後まで笑

    ホラーって感じです、ようやく久しぶりにホラーみたかなって感じでした☺️

  • 2.9

    みなとさん2021/06/17 09:59

    ストーリーが分かりやすくないのできつい言葉ではありますがつまんなかったです。
    2回ほど寝ました。
    音で脅かしてくるお化け屋敷みたいな感じ。

    とにかく分かりにくい。

  • 2.8

    ダライラマさん2021/06/16 03:35

    ひとつひとつのシーンが結構怖い。
    ホラー的怖さってより、精神的ショックで倒れそうな恐怖がある気がする。
    話はよくわかんなかったし、解説読んでみてもみんなそんなこと言ってる。
    個人的アトラクション映画に認定。

  • 3.5

    ぶんさん2021/06/13 20:14

    アメリカのホラーと違ってギャーギャー騒がないから逆に怖い。
    本気で怖い時、黙っちゃう心理分かる😨

    ただちょっと、時系列とか今調査してる部屋誰の部屋?とか慣れない人種で顔認識や立場も😅分かりにくかった。

  • 3.0

    HardestTrackさん2021/06/06 09:13

    2021/6/6鑑賞。60点。


    <見所>
    ・冒頭は近年のホラーでもベストシーン


    <あらすじ・ネタバレあり>
    ブレノスアイレスの住宅街。
    排水口から異音がすることに悩むクララ。
    夫・ホアンは、異音の原因が隣人・ウォルターだと思い注意しに行く。
    帰宅したホアンがバスルームに行くと、空中に浮かぶクララが壁中に叩きつけられえる姿が。

    クララは死亡し、妻殺しの容疑をかけられるホアン。
    取調べを行った人物は、ホアンが妻を殺したとは思っておらず、以前に同じような殺人があったと教えてくれる。無罪を証明するには証拠が必要だという刑事。



    事件から少し前。
    ホアンの隣人・ウォルターは、自宅の中で起きるポルターガイスト現象に悩まされていた。専門家・アルブレックに助けを求めて何度も電話をかけるが、受付にブロックされて相談の機会を得られない。

    ウォルターは、証拠の映像を撮るため、家の中にビデオカメラを設置。
    そこには、自分が睡眠中部屋一面を移動する1体の人影が写っていた。ウォルターは銃を手に取ると人影が向かった方向に発砲。すると背後に人影が現れて、ウォルターを襲う。

    翌朝。
    ウォルターの家のそばに近づいた少年は、家の中から聞こえる声に怯え、後ずさる。少年は走行中のバスに轢かれてしまう。
    数日後。
    事故で死んだはずの少年が帰宅する。警部・フネスが、少年の母・アリシアと親密な関係にあるため、本件を対応。
    アリシア曰く「息子は歩いて帰ってきた」。
    他の警察官たちは、死んだはずの少年が動くところを目撃していて、家の中には少年の足跡があった。
    フネスは【遺族の中には埋葬した死体を掘り起こして持ち帰る人もいるので、今回もそのケースに該当するのでは?】と思っていた。
    フネスは警察官たちに、「母親が墓から掘り起こした死体が痙攣を起こしたんだ」と説明し、死体が動いた理由無理やりを納得させる。そんなフネスも、部屋中の幾つもの異変を見返すと、少年が動いたような気がして、超常現象的な存在を薄々感じる。
    フネスは、少年が二度と墓から出てこれないように埋葬すると、セメントで土を固める。

    フネスと一緒に現場に立ち会った初老の検視官・ハノ。
    ハノは、アリシアの家の外にいたアルブレックに話しかける。
    彼は、アルブレックが超常現象の専門家と知っていた。
    ハノは長い検視官人生の中で、一度死んだ人間が生き返る事象に何度か立ち会っていた。


    ホアンの取り調べシーンに戻る。
    ハノはホアンに、「警察が非公式の捜査を行うことを承認しているため、サインさえすればアルブレックと彼女の同僚・ローゼントックがクララの死の調査を開始できる」と説明する。
    ホアンはサインをする。

    アリシアの息子の一件で超常現象を信じるようになったフネスは、ローゼントックとともにホアンの家へ。家の中ではポルターガイスト現象が起き、ローゼントックが負傷。
    アルブレックに連絡を取ったローゼントックは、「この家こそが【巣】だ」と報告する。
    アルブレックは、不可解な現象が起きたホアン宅、アリシア宅、ウォルター宅には人間に敵意を持つ【異次元の何か】がいると確信。
    ハルとアルブレックが襲われ、フネスは心臓発作を起こす。

    フネスの前に現れたアリシアは、「息子が生き返っていたのにそれを隠し、墓に踏めた上セメントで土を固めた」と責める。
    その場を車で去ったフネスは、部下・エンリケからの無線に対応。
    死者復活の件で、警察が対応に追われていると聞かされたフネスはアリシア宅へ戻る。そこには壁に吊られたアリシア&両目をえぐられたハルがいた。フネスはアリシアの家に火をつける。

    後日。
    フネスは生きた人間に火をつけ、妻を殺害した犯人として警察に追われていた。
    フネスの件で事情聴取を受けるホアンは、刑事たちのすぐ後ろにフネスとローゼントックがいると指摘。刑事たちが振り返ってもそこには何もいない。だが、勝手に椅子が動き出す。
    確実に見えない何かがすぐそこに存在していた。

    --------------------------------------------------------------------------------------------
    ・最初はとんでもない名作かな?と思ったけど中盤までの勢いに対して後半の失速具合が・・・。

    ・この映画は続編作って欲しい!


  • −−

    青天の霹靂さん2021/05/30 22:47

    びくってなる場面はあったけど、そこまで怖さを感じなかった。
    なんかよく意味が分からなかった。
    結局あれはなんだったんだろうか。

  • 2.3

    Kuboさん2021/05/30 20:09

    いいですね〜わかりやすくて怖がらせる演出...

    とか思ってたら、(自分が当事者であれば)
    立ち直れなくなるくらいのトラウマ級の出来事。
    冒頭からやりおる。


    とまぁ、あからさまに堂々と立ち振る舞う
    超常現象を前に当事者家屋周辺に関係者が集い
    何やら調査を開始するが...

    既存で考える恐怖の魅せ方を辞めたのか
    割と堂々とした超常現象への対峙は中々見もの!


    けれども、被害者?家族・原因・第二次被害・調査までの流れが雑なのか。それともアルコールを入れて鑑賞してたのが原因なのか
    余りにもピン、とこなかったのが本音でした。

  • 2.8

    梅ちゃんさん2021/05/30 19:39

    最初のショッキングシーンが個人的にこの作品のピークでした。予告で出てるヤツだけども。食卓の帰ってきた息子の画はとてもシュール。終始いやーな雰囲気が漂いますが、その点では『ヘレディタリー継承』の方が数段上。

    数字の4を『クアトロ』と言わなければならないアルゼンチンの人達、めんどくさくない?

  • −−

    灵さん2021/05/30 15:13

    人物の名前と顔が全く合致しなくて関係性もよくわからなかったけど適度にびっくりしたし動く死体が気味悪くてゾワゾワした

    浴室のシーンのインパクトが凄すぎて他が霞んだ感は否めないのでクライマックスに取っておいても良かったのではと思った

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す