お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

運び屋

G
  • 吹替
  • 字幕

一度に13億円のドラッグを運ぶ“伝説の運び屋”の正体は…90歳の老人だった。

90歳になろうとするアール・ストーンは金もなく、ないがしろにした家族からも見放され、孤独な日々を送っていた。ある日、男から「車の運転さえすれば金をやる」と話を持ちかけられる。なんなく仕事をこなすが、それはメキシコ犯罪組織によるドラッグの運び屋。気ままな安全運転で大量のドラッグを運び出すが、麻薬取締局の捜査官の手が迫る……。

※本編終了後に『ミュージッククリップ Toby Keith “Don’t Let The Old Man”』が収録されております。そちらもお楽しみください。またこちらの作品は、字幕でも吹き替えでもどちらでもお楽しみいただけます。

詳細情報

シェア
お気に入り
この動画は《無料》で
ご視聴いただけます

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

運び屋の評価・レビュー

3.9
観た人
40173
観たい人
37201
  • 3.5

    うぢさん2020/06/06 16:45

    戦争行ってるとこうも肝が据わってるのか。それともアールがいかれてるだけなのか。どちらにしても犯罪してるんだけど、微笑ましく見てしまう不思議。
    カフェのシーンがよかった。結局悔やむことは時間なんだよなー。いい時間の使い方できてるかな

  • 3.7

    SaoriHatanoさん2020/06/06 13:58

    仕事に人生を捧げてきた爺さんを通して、お金と仕事は手段でしかなく、本当に大切なのは家族だよと伝えてくれる映画。

    イーストウッドさんも歳とったな〜

  • 3.0

    kazuuuさん2020/06/06 09:23

    イーストウッド祭り、第四弾。

    今回見た四作品の中では、最もいまいちでした。イーストウッド主演なのに。

    家族をほったらかしにして仕事ばかりしてきたイーストウッド爺が、麻薬の運び屋の仕事を始める、という話です。

    出ている役者さんたちはお気に入りの人たちでしたが、どうも話がつまらない。晩年の男の話だからですかね、私には早かったのかもしれません。

    個人的にお気に入りのシーンは、おじいさんが若者に「お前は家族を大切にするんだぞ」と自らの後悔を語り、熱いメッセージを送るシーン。しかしこの爺さん、こんなこと言いながら麻薬王のパーティで、若いお姉ちゃんとチョメチョメして喜んでいましたので、お前が言うな!と突っ込んでしまいました。イーストウッド爺なら、なんでも許されるのでしょうか。私生活でも生涯現役、元気なお爺ちゃんですね。おわり

  • 4.0

    みさん2020/06/06 02:09

    エンディングの歌好き、ブラッドリークーパーかっこいい!クリント・イーストウッド歳なのにすごいなぁ

    怖い人でもすぐに銃出して人殺すのやめて欲しい

  • 4.1

    とどさん2020/06/06 01:20

    仕事ばかりしていた人が、大切な職場を差し押さえられてしまい、家族にも見放されてしまったところに舞い降りてきた「運び屋」という仕事。
    「やらざるを得ない」から「やると大金が手に入る」に変わり、どんどん運び屋をこなしてしまい…
    というお話。

    この性格はひねくれてるんだけど、心の中ではすごく暖かい心を持ったおじいちゃんって感じがたまらなく好き。

    仕事を優先していたんだけど、実はそれは家族のためであって、でも恥ずかしくて直接は言えなくて…という想いがあるということがひしひしと伝わってきて本当にいい映画だなぁという気持ちになった。

    実話を元にしているらしいんだけど、人の感情だとか、想いだとかをうまく表現出来ていて🙆🏻👌✨

    娘さんの最後の言葉が今もすごく印象に残ってる。
    家族愛が感じられるとても素晴らしい作品でした。

  • 3.8

    まるわんさん2020/06/05 22:19

    結構好きだった。

    イーストウッドに偏屈な頑固じじい演じさせたら敵わないね。

    話の展開的に大体終わりが読めるなぁと思ってた作品だっただけに素直にこれは良い終わり方だったと思った。

    長く生きてるイーストウッドだからこそ作れる映画。いやすごい。

  • 3.9

    ピンフまんがんさん2020/06/05 17:37

    そいやイーストウッドは最近90歳になられたんだよね。いやはや、それにしても相変わらず元気なお爺ちゃんだなこの人は、Σ(´∀`;)(ृ ु ´灬`)ु。。。
    今回の監督兼出演ってグラントリノ以来なのかな?まあ屁理屈だけどウイットの効いたジョークが冴えわたっているのと、構成の間のとり方の凄さはホント経験値が語っているのかな。さすがに女とのラブロマンスはなくなったけど(笑)、こんな面白いドラマ、よく作ってくるわホントに。
    家族と仕事の狭間でも苦悩がよく描かれています。この人は、格好いい年のとりかたをしているようですね。

  • 3.8

    ひなひなさん2020/06/05 17:12

    こんなスマートで格好良いおじいさん早々いない。
    厳つい車もサラッと似合っちゃう。
    鼻歌ながらの長距離ドライブ姿はもはや青春を謳歌している
    若者のよう。

    さすがイーストウッド。
    分かりやすく心に沁みてくる。

    まだまだ沢山の映画を残してほしい。
    益々期待してしまう、
    裏切られることはないだろうから

  • −−

    myさん2020/06/05 06:17

    去年のベスト10位と書いてある。
    オレンジジュースのひと時と孫娘
    そしてラストは花壇にハイビスカスのオレンジ色の花を植える。ほとんどアワーミュージックである。
    あの傷だらけの顔、片目で、言い知れない瞳でカメラを見つめられると参ってしまう。それにしてもあの息遣いは異様だった。恐ろしい音だ。
    イーストウッドの近影は、エリック・ロメールにそっくり。

  • 4.7

    ろっちさん2020/06/05 03:26

    お年寄りの話。
    アールストーンは、90歳。家族とも疎遠になり、孤独で金もなく、商売にも失敗して、農場も差し押さえられていた。そんな時、簡単な仕事を持ちかけられる。それは運転するだけでいい簡単な仕事。しかし、それは麻薬カルテルの荷を運ぶ仕事だった。……ってあらすじ。
    単純な話だったけど、深く刺さるなぁ。心に深く入ってくるのはクリントイーストウッドさんの得意な所で、今回の作品もやられました。本当に観れば分かる。
    まぁ多くは語るまい(笑)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す