お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

霊的ボリシェヴィキ

G

それは、あの世に触れる<恐怖の革命>

集音マイクがそこかしこに仕掛けられた奇妙な施設。呼び集められたのは、かつて”あの世に触れた”ことがあるという”ゲスト”と呼ばれる男女たちだった。その中の一人、由紀子には、幼い頃”神隠し”に遭遇した過去があった。強すぎる霊気により一切のデジタル機器が通用しないこの場所で、静かにアナログのテープが回り始める。やがてテープに記録されてゆくのは、人間の領域を踏み越える禁断の心霊実験だった・・・・。

詳細情報

公開終了日
2024-01-27 00:00:00
作品公開日
2018-02-10
音声言語
日本語
作品公開日
2018-02-10
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-06-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ホラー邦画ランキング

霊的ボリシェヴィキの評価・レビュー

3.4
観た人
991
観たい人
1174
  • 3.8

    nekoさん2022/01/06 01:39

    良いホラー!
    ボリシェヴィキと、この怪談お披露目会(降霊会か)の親和性はいまいちわからないんだけど、
    みんな今時の映画らしくなくてまばたき全然しないのとか、笑
    雰囲気あってよかった。
    舞台演劇見てるみたいだった。
    ほとんどワンシチュエーションだし。
    えっ舞台でやらないかなあ、無理かなあ。
    すごく長い暗転とかでめちゃくちゃ不安にさせてほしい…

    褒めといてあれなのですが、
    各々の怪談シーンは、なんかちょっとだけ、寝ちゃった。
    最初の死刑囚の話はとても興味深く聞いてたけど(すごく好きな系統の話だった)あとはまったく覚えてない…

    普段怪談師YouTubeばっか見てるのですが、思いがけず怪談師さんの語りの作り込みとリアルのバランスの良さを知ることに…

    あとスターリンは脚を引きずってたと思うけど、あんまり関係ないかな?

    結局、霊的ボリシェヴィキってどういう意味なんだろう。
    監督も、説明できる言葉がないって言ってた。映画つくるしかないと。
    同じタイトルでもうひとつ、まったく別の映画撮ってほしい…
    あと舞台化待ってます…

  • 3.0

    omizukayoさん2022/01/04 12:54

    語りがみんなうまい。

    何がしたかったとか、最後の展開が謎。

    オープニングが意外で引き込まれたけども。

  • 4.0

    ひばりんさん2021/12/16 23:57

    「さあ皆さん!こういう時は歌いましょう!」

    Jホラー好きのみんなが大好き高橋洋監督が、映画美学校のカリキュラムの一環として6日間で作ったという低予算映画であり革命的異色作。ずっと気になっておりましたが…ようやく観る事が出来ましたよ。

    人の死に立ち会った事のある7人の男女が集められ、「あの世を呼び出すための実験」の為に一人ずつマイクの前で恐怖体験を語っていく…というお話。
    「百物語もの」と言えば分かりやすいでしょうか。

    冒頭のただならぬ雰囲気からOPのあの歌……!度肝を抜かれましてここで一気に心を掴まれてしまいました。
    正直言って「何が何だか分からん!」(分からんが良い!)という気持ちもありますし、好き嫌い分かれそうな作品だとは思いますが、ボクはめっちゃ好きでした。

    やっぱりお話のメインはそれぞれが語る恐怖体験になるわけですが、下手に回想シーンなどを使わずに、役者の前にカメラを据えてじっくり語らせる演出が見事にハマっていた気がします。
    また役者の皆さんが語り口が上手く、間もすごく良いのでとても楽しめました。

    こういう一歩間違えば全く怖くならない恐れもあるような内容の映画を、実に見事に怖く仕上げているあたり、さすが恐怖演出を知り尽くした高橋洋監督でした。

    訳の分からない(誉め言葉)ラストもサイコー

    好みの分かれる作品なのは間違いないのでなかなか人に薦めにくい気もしますが……Jホラー好きにはぜひ一度見ていただきたい。
    オススメです。

  • 2.9

    wtnbmghさん2021/12/12 17:33

    西欧の交霊会と日本の百物語の風俗を掛け合わせたような雰囲気。そこにポリシェヴィキときたものだからこれはもう悪魔合体という他ない。

  • 4.0

    ホラーskさん2021/12/06 19:00

    実験
    わからないよ、けど面白い。
    見る映画と聴く怪談話の恐怖ってまた違う部分もあると思うから、同時に両方からアプローチしててなんだか倍怖いような。
    終盤の展開嫌いじゃないし、あの流れで面白くしてるのが凄い。ラストは予期せず穢れが外に出てしまったてことなのかあ。わからない…!

    結局1番怖いのは人間じゃないかってことですかね。
    今のは禁句です

    スターリンの恐怖政治こそがボリシェヴィキの究極の形態だ!

  • 3.3

    諒さん2021/12/01 10:21

    ラストはよく分からなかったけれど、それ以外は怖くて面白かった。
    映像で驚かせられるのではなく、ただ語っているだけ。
    それが頭の中で映像化されて、恐怖から逃れられない感じでとても良かった。
    ラストが惜しいので、少し説明欲しかったなぁ。

  • 3.3

    passarodesonhoさん2021/11/30 23:27

    ラストがチープな点を除けば、予想より遥かによかった。韓英恵のペンギンポーズが実にボリシェヴィキっぽいと言える。

  • 2.2

    たかちーさん2021/11/30 20:47

    独特の空気感は見るべきものがある…のか?
    面白いかどうかで言ったらエンタメ性はほぼ0に近いし、かといって哲学的なテーマがあるわけでもない

  • 3.7

    cinemaで逃避さん2021/11/21 00:43

    シュールになり過ぎない
    不気味さの演出が巧みな作品
    ただエンタメ味は薄い

    無機質で凝った映像も無いが
    ひたすらに演者に話をさせる
    ストロングスタイルな構成で
    役者陣は大変だったでしょう
    大役を見事にやり切る
    韓英恵は流石でした

    把握できない状況が
    ずーっと続く怖さと
    出て来る人間の感情を
    理解できない不快さの連続

    ラストの清算の仕方には
    しっくりきていませんが
    登場人物全員に見せ場があって
    良かったねとは思いました

    本物のゆきこはあの後どうなるのか
    穢れた場所の中を
    母を求めて彷徨い続けるならば
    なんとも言えない後味の悪さです

  • 2.9

    しようまちやんさん2021/11/19 01:03

    "あの世👻"を召喚するのが目的の
    心霊実験🎙で、
    場の霊気🔮を高めるべく集められた
    人の死に目に遭った経験がある数名。
    彼らは順々に自身の
    心霊体験👻を語っていく・・・


    実験の方法✏とか根拠📃とか
    よく分からないけど、
    メンバー👬の中に
    サイコ野郎🙃が1人混じってて、
    それが成敗🙏されたり
    何なりする流れは
    ちょっと意外性がありました。🤔
    撮影品質📹やカメラ・ワーク🎬の
    弱さは少し悪目立ちするものの、
    役者の皆さんが
    シンプルに怪談上手!👻👍

    "場が穢れてしまったので💥🔫👧"
    は全ッッく意味が分からず!
    どういうこと!!!🤔💦

    作品はB級でもC級でも
    ハナエ・カンの美貌はA級😳✋

    2021.11.18

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る