お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

バグダッド・スキャンダル

G
  • 字幕

200億ドルの巨額マネーはどこへ消えた!世界を揺るがした驚愕サスペンス!

フセイン大統領時代のイラク。国民は経済制裁の影響で生活が困窮。国連は「石油を販売したお金でイラク国民に食料を買い配る」という夢の人道支援プログラムを開始。しかし現実は、様々な国籍の人間がその計画に群がり食い尽くす悪夢の始まりだった。莫大な予算ゆえに欲望が渦巻き、汚職、裏切り、殺人が入り乱れ、銀行や実業家、政治家も次々に取り込まれていく。イラク戦争のその陰で実際に行われていた知られざる衝撃の事実!

詳細情報

原題
Backstabbing for Beginners
作品公開日
2018-11-03
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-11-03
制作年
2018
制作国
デンマーク/アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-06-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

バグダッド・スキャンダルの評価・レビュー

3.5
観た人
1070
観たい人
1260
  • 3.4

    わぞうすきさん2022/01/20 23:08

    遡りレビュー

    石油食料交換プログラムという表向き支援だけど、完全な政治的軍事的作戦を描いた実話ベース物語。
    考えさせられるもんはありました。

    あのハニートラップとかなんだったんだろう?とか疑問点あるけどまぁ許容でした。

  • 3.3

    Reonさん2021/11/26 21:54

    湾岸戦争後、イラクの人々を救済するための〝石油・食料交換プログラム″が国連をはじめ各国の企業や官僚が賄賂を受取り、不正の温床になっていたという驚きの実話。

    世界を変えたいと純粋な気持ちで国連職員になったマイケルが実名を公表してまでも告発した正義感と勇気が素晴らしいと思いました。
    (汚職に気付いていた人はたくさんいたらしいです)
    自分たちの欲ではなく本当に困っている人を助ける機関であり政治家であってほしいです。

  • 3.5

    すぽんじさん2021/10/24 00:15

    2002@ニューヨーク
    前に観た気がする。
    映画を観終わっても詳細がもっと知りたくて、
    "石油食料交換プログラム"で調べた。
    7年間で2000億円かぁ…途方もない額の汚職。
    人道支援が聞いて呆れる。
    しかも明るみになってもなお捜査協力に拒否とか出来るんだ…無理ゲーやん。。

    7年間の間で汚職に気付いていた人って何人ぐらい居たんだろう…
    でも7年かかっても"明るみにする人"が1人現れた事がデカい。ものすごくデカい。

    2021/06/05Amazon Prime Video*字幕

  • 3.7

    Lillyさん2021/10/14 00:53

    こんなことがあったなんて、うっすら記憶もない私、、、。アナン事務総長の退任が騒がれていたのはなんとなく覚えているような、、、。とにかく勉強になりました。国連って、、、大変。

    テオ・ジェームズさんの新境地が観れたのも満足。美しさはもちろん健在。

    2021-208

  • 2.5

    みーるさん2021/09/29 20:49

    国連主導の救済プログラムが実は汚職まみれだった、という実話を元にしたお話。
    国連事務次長の補佐となった主人公の視点から話しが進み、割と淡々と描かれてる。
    信じがたいスキャンダルなので実話なのに作り物感を感じてしまって、事件の背景を知らなかったので少し飽きてしまった。

  • 3.6

    クリームさん2021/09/02 16:33

    国連って、善良なる良い人達の集団なのだとアホな私は、そう思っていた。勿論、一部であって、殆どの人は、世界の為に働いているのだろう。それにしてもマイケル·サリバンの勇気は凄い。世界の大スキャンダルを自分の名前を公表してリークするなんて、命の危険が伴うのに驚く行動力。国連は、貴重な逸材を逃したと思う。彼なら世界の為に貢献出来ただろうに。知らなかった出来事なので、知る事が、出来て面白かった。
    ジャクリーン·ビセット格好良かったなぁ。この当時、ビックリ74歳だよ。

  • 5.0

    あやみっちさん2021/08/24 19:26

    難しい題材だけど
    サスペンスとしては見やすい

    現実にこんなことが起きてるなんておもしろい

    ニューヨーク行った時、国連で働いてる人とマッチングして
    ワンナイトしたの思い出しました
    いい思い出です くさ

    A24配給

  • 2.5

    ゴリアテの憂鬱さん2021/08/09 21:43

    国連の石油・食料交換プログラムの陰で行われていた莫大な金額の闇取引のスキャンダルを実話に基づいて描いた話。

    なぜ権力を持った人間は、それを利用して更なる欲を求めるのか。。

    そして、それができる人物ほど地位は約束されているという腐敗しきった構造が世界中にある。

  • 3.9

    もちごろうさん2021/08/07 11:08

    国連のイラクでの食糧石油プログラムに関するスキャンダルを映画化。常任理事国、、どうしようもないなぁと、世界に絶望しそうになる中、戦う人もいるわけで。ただ賢くやらないと、生命すらなくなる恐怖感。不条理、理不尽に耐える力と、正義を貫く強さと、ねぇ。R3 90

  • 3.5

    はるなさん2021/06/08 16:11

    この映画を見て初めて、石油・食料交換プログラムの汚職事件について知った。

    『100分de名著』でカント『永遠平和のために』を見たばっかりだったから、大戦後に世界の平和をめざして作られた国連が汚職してたという事実は結構ショックが大きかったな…。

    映画を見終わったあと事件についてググってみたのだけど、資料はあまりなし(大人の事情なのかな)。

    石油と食料を交換するには、一回石油がほしい人に売ってお金に変えて、それで食料を買うって過程を挟むと思うんだけど、石油を売ってたのはイラクの誰なのか、石油が売れたお金は誰がどう受け取ってたのかとかが描かれてないから、いまいち不正の全貌が分からなかった。

    本来無料で配給されるはずの医療品が闇市に流れて、市民のところには期限切れのものしか届かなくなってる…みたいな不正もありそうだったし。

    映画自体は、2002年〜2003年のできごとを描いたもの。2003年のバグダッドへの爆撃〜その後を描いたドキュメンタリー『チグリスに浮かぶ平和』と併せて見ると良さそう。

    私はこのあと『記者たち』を見ようと思っています。

    〜参考〜
    権力者はなぜ「堕落」するのか:心理学実験 | WIRED.jp
    https://wired.jp/2011/06/03/%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E8%80%85%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%8C%E5%A0%95%E8%90%BD%E3%80%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9A%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E5%AE%9F%E9%A8%93/

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました