お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス

G
  • 字幕

ヴィヴィアン・ウエストウッドのパワーの秘密に迫る刺激と情熱に満ちたドキュメンタリー!

英国のファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドは、数々の伝説を纏っている。米国アカデミー賞Rの授賞式では、メリル・ストリープやヘレン・ミレン、ティルダ・スウィントン、ヘレナ・ボナム・カーターなど、演技だけでなく生き方までがパワフルな女優たちが、彼女のドレスでレッド・カーペットを飾ってきた。また、映画『セックス・アンド・ザ・シティ』でサラ・ジェシカ・パーカー扮する主人公のキャリーが着たウエディングドレスは、誰もが初めて目にするルックで一大センセーションを巻き起こす。その膝丈バージョンを作って公式サイトでネット販売したところ、一瞬で完売という記録まで作ったのだ。1993年には、ドラマティックなまでにヒールの高いシューズ“スーパー・エレベイテッド・ギリー”を履いていた、スーパーモデルのナオミ・キャンベルがキャットウォークで転倒。ファッションニュースのトップを飾るほど話題になり、同じ靴がロンドンの博物館に納められた。そして遂には、エリザベス女王から〈デイム〉の称号を授けられる。だが、何よりもレジェンドなのは、大企業の傘下に入ることなく、77歳にして世界数十カ国、100店舗以上を展開する独立ブランドのトップかつ現役デザイナーという、彼女の存在そのものだ。そんなヴィヴィアンを包んできた、最強にエレガントなベールの裏側に迫る、ドキュメンタリー映画が完成した。

詳細情報

原題
Westwood: Punk, Icon, Activist
作品公開日
2018-12-28
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-12-28
制作年
2018
制作国
イギリス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-07-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンスの評価・レビュー

3.5
観た人
1409
観たい人
5035
  • −−

    リサさん2020/06/15 02:10

    作品に意味を持たせること、デザインのことを勉強する上ですごく難しいことだとつくづく感じる。時代を作る人としての彼女の姿。
    何事にも正々堂々と声を上げ、自分なりに戦う強さ。始まりからエンドロールまで最高のドキュメンタリー。

  • 5.0

    おゆうこさん2020/06/13 17:11

    パッションのある服を選んで買っていきたい。
    誰かに見てもらう服を着るんじゃなくて、自分の着たい服を着ます。

  • 3.0

    lenoさん2020/06/09 00:38

    なんだろなあ、日本でも有名なヴィヴィアンのドキュメントだから面白いかと思ったけど思ったよりハマらず…

    彼女が凄い人でパンクな人であることはわかるんだけど、映画としての作りが良くなかったかなあ
    今まで見たドキュメント映画は俯瞰的な視点からの話もあったけど今回は当事者達の過去の話をただ述べているだけで演出もほぼなく、単調に見えてしまった…
    後半飽きてスマホ見ながら見ちゃった

    あと、今まで見たやつは何かに取り組んでいる凄い人の今を描いてたけど、今回はほぼ過去のことや思想を述べるだけの作りになってたのも微妙だったかも

    ますます、マックイーンのドキュメントは映画としてよくできてたんだなあと再確認笑

  • 3.2

    yumincinemaさん2020/05/26 00:14

    世界的なブランドに拡大するまでの苦労話、みたいな。
    もっとデザインとか、ショーの舞台裏とか、色々魅力的な切り口あったろうと思うと勿体ないドキュメンタリーだった。

  • 2.9

    Yuiさん2020/05/23 14:44

    ヴィヴィアン・ウエストウッドのパンキッシュさや、アイデンティティは面白かったし、興味深かった。それに、やっぱりショーの映像は圧巻で凄くカッコよくて素晴らしかった。

    でも、ドキュメンタリー映画としては余り良くなかったかな。心に響く、惹かれるものがなかった。彼女が悪いんじゃなくて、完全に作り方、見せ方。彼女の魅力を引き出せてないと思った。もっとドキドキワクワクしたかった。

  • 3.4

    JunkoHayashidaさん2020/05/23 01:00

    ヴィヴィアンのパンキッシュな魅力が伝わらず。。
    コレクションの素晴らしさ、アーカイブ的映像に助けられた感が。
    彼女の発言も過去のものは素晴らしいけれど、この映画で引き出されたものは何もなかった気がする。もったいない。

  • 4.0

    かくさん2020/05/18 15:31

    ヴィヴィアンを御すことが出来なかった息子たちが、俺たちどう転ぶか分かんないけど頑張るね…みたいな悲壮感を滲ませたドキュメントだった。
    ファッション系でこんなん初めてやわ。

  • 4.0

    sa0rianeさん2020/05/17 11:58

    「彼女は世の中をかき回すために産まれてきた」最後にパメラアンダーソンが放ったこの言葉がしっくりきた。
    非凡な才能を持っていて過激な性格なのかと思いきや、すごく人間味がある方。彼女はその時々で感じた問題意識をファッションで表現しながら、自分の正しいと思う道を真っ直ぐ歩いてきただけなんだと思った。もっと優れた経営者に出会っていたらどうなっていたんだろう…。

  • 3.5

    azuchanさん2020/05/11 21:36

    vivienneかっこいいなぁ〜
    「私はお金には興味ないの、企業拡大とかどうでもいいし目の前のお客様に最高のモノを見て欲しいだけ」
    のスタンスは同じファッション業界で働く身として考えさせられる。
    彼女の生き様に憧れるし一生パンクでいたい〜

  • 3.5

    yummyさん2020/05/10 01:06

    何を作るにしてもその人の想いや苦労、歴史とかが形になって価値あるものになっていくなって、、!!すごい深くてパンクだったもっともっと知りたいよまだ!!生涯現役かっこいいこんなパンクなおばあちゃんになりたい!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す