お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

春琴抄

G

斎藤工主演、明治ロマンと究極の愛の物語。

明治初期、奉公人の佐助は、 9才の頃に眼病により失明し、音曲を学んでいた美しい主人・春琴を観音様とあがめ、弟子兼世話係として仕え世話をしていた。そんな折、春琴の美貌を目当てに弟子入りした名家の息子、利太郎が春琴を梅見に誘い口説こうとするのだが・・

詳細情報

作品公開日
2008-09-07
音声言語
日本語
作品公開日
2008-09-07
制作年
2008
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-07-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

春琴抄の評価・レビュー

3.3
観た人
193
観たい人
148
  • 2.5

    チヨさん2020/05/10 23:27

    ザッツ・低予算映画。
    低予算映画自体は嫌いじゃない。演出陣が頭を捻くりまわして工夫しまくったアナログ感は、むしろ好物だ。

    しかし、谷崎なのだ。
    あの贅沢好きの、着道楽で、美味しい物しか食べないあの谷崎の代表作を低予算でやるのはキツい。

    古めかしさとか雰囲気を出したかった故なのかもだけど、大学生の自主制作映画みたいなノワール調のエフェクトもチープに感じてしまった。

    あと、佐助が美男子なのはいかん。
    もっと風采のあがらない役者を使わないと春琴との対比と支配関係が際立たない。

    ああ...原作が好きなのでどうしても色々とケチ付けてしまう.......。

  • 3.0

    キューリソーダさん2019/12/14 23:53

    学生の頃、授業で見た。
    まだ斎藤工が売れてない頃で、こんな色気がすごい男性がいるんだ!って驚いた。
    原作とはイメージ違った

  • 3.2

    NIELSEN堀内さん2019/02/28 19:05

    盲目の春琴役に長澤奈央さん、佐助役に斎藤工さんと言う見目麗しいキャスティング。気高く我儘なまるで日本人形の様な春琴と、ただひたすらに春琴を敬い献身的な佐助の常人離れした絆。鶯でも一際美しい鳴き声の天鼓(てんこ)を愛玩し、お琴の音色に包まれながらマゾヒズムの極みを体現した今作。斎藤工さんの所作の美しさと色気には思わずはっとさせられます。

  • 3.1

    ゆいにしおさん2019/01/22 12:22

    授業で観た
    斎藤工の奉公人は似合わなさすぎる
    讃歌のほうが話のどぎつさが伝わって良かったかなあ

  • 3.4

    もずくちゃんさん2019/01/18 08:24

    よく分からないみすぼらしい子供の奉公人がオリジナルで追加され、その子が春琴抄の物語を語っていく手法に成っている。現実的な設定。

    陰気なところがなく、清潔でしなやかな佐助。
    この佐助は一家に一人欲しいかも。

    春琴は凛としており目を瞑った顔が綺麗。
    包帯してからも美しい。
    目を閉じてると髪型も伴い柴咲コウに見えるので、雰囲気的にも柴咲コウで見てみかった気持ちにもなったり。

    奉公人の足音が好きだと言った春琴だが、ドタドタとうるさくて、小説の彼女なら耳障りや、とお暇をだしそう…この作品のテンポが乱されていた。

    春琴抄の鳥びいきの話がメインで取り上げられているのは良かった。うぐいすの美しい鳴き声がたまらない。極上の音色。

    春琴のビジュアルとお琴の音楽は素晴らしかった。特にお琴の音色はとても上品で美しく、小説の情景が浮かんだ。

    あと特筆すべきは、針シーンの描写の丁寧さ。

    現代風にしたのはいいけれど、エンドロールの音楽セレクトがありえなくて、一気に台無しになってしまった。残念。

    丁寧に描かれていても、ダメなときはダメなんだなあと思った作品。

  • 2.5

    みさきさん2018/12/24 21:45

    原作がまぁ〜好きで好きで好きで…
    でもB級映画みたいになって、谷崎文学の良さを出しきれていなかったなぁ〜という感じ。幼い頃の春琴と佐助どんも見たかった。斎藤工は色っぽいけど…
    映像の方がよかったのは、お琴や三味線の音色、鳥の鳴き声、そして佐助どんが目暗になるシーン。小説で読むより迫力があった。

  • −−

    ますださん2018/12/20 04:46

    一番好きな小説は何かと聞かれれば、まあこの名前は少なからず頭に浮かぶでしょ。
    こんないかれた話だけど、演技がもう全体的にだめだった。
    ストーリーもあっさりし過ぎ。

  • 3.1

    chinaさん2018/11/06 14:02

    佐助の能動的な献身。
    理想の"お師匠様"を守るための自傷。
    映画だと従順なだけに見えるな。
    斎藤工の色気が爆発してる。

  • −−

    alchemistさん2018/11/04 15:08

    ものすごく深いストーリー。春琴の姿に観音様を見た佐助は春琴を宗教的に崇拝し、ことごとく尽くしていく。衝撃のラストの後の後日談がまた良い。

  • 3.0

    chisatoさん2018/09/11 08:11

    山口百恵の奴の方が何倍もよかった。お師匠さんの女優だれ?棒読み感。斎藤工時の人なのに勿体無い使い方したなという印象。クライマックスの直前の謎の仏像映像何あれ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る