お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

G

あなたと過ごした日々は宝物でした――体は不自由、心は自由!

北海道札幌市。鹿野靖明は幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、体で動かせるのが首と手だけ。24時間365日だれかの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボラ(ボランティアの略称)たちと、自立生活を送っている。夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出したりする自由すぎる鹿野を介助するボラの一人、医大生の田中はいつも振り回される日々。ある日たまたま鹿野宅を訪れた田中の恋人・美咲まで新人ボラに勘違いされてしまう。おまけに鹿野は美咲に一目ぼれし、田中は彼の代わりに愛の告白まで頼まれる始末!最初は戸惑う美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。ところが鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。

詳細情報

作品公開日
2018-12-28
音声言語
日本語
作品公開日
2018-12-28
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-07-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の評価・レビュー

3.7
観た人
18607
観たい人
17678
  • 4.1

    あいふぉさん2020/07/11 15:41

    大泉洋、「水曜どうでしょう」俳優じゃなかった。鹿野さんにしか見えなかった。

    人と人は正直であることしか、心は触れ合わず、障害者であることは関係ないことに心が打たれた。

  • 3.7

    かりんさん2020/07/11 14:58

    人は迷惑をかけあって生きていく。
    自分勝手でやりたい放題の生き方だけれど
    、それ以上に誰よりも人を信じ、愛してるからこそその人のことを支えたいって思えるんだろな。高畑充希ちゃんのあのツンデレ感はたまらん〜〜!

  • 3.8

    suzumeさん2020/07/11 09:09

    面白いし明日も元気に頑張ろうと思える映画
    大泉洋に目いきがちで充希ちゃんと三浦くん出てるの見るまで知らなかったけど二人ともいい

  • 3.7

    MEさん2020/07/10 21:44

    ✔ 笑えるところもあるし、感動する
    ところあるし。
    ✔ 学べるところがある。
    ✔ でもなんか微妙だったなあ。

  • 4.3

    C3さん2020/07/10 15:37

    一言で言えば好きな映画!なんて言えばいいんだろう、大泉さんの演技力の高さなのか全く悲壮感なく強くて優しくて障害有る無い関わらず人間て良いなと思えた。
    命がけで自分の意志で自立生活している鹿野さん、カッコイイ!
    ボランティアをしたわけではないのに鹿野さんに映画を通して励まされた気がする。

  • −−

    あいさん2020/07/10 12:32

    何を始めるのも遅いことなんてないし、出来ないことは出来ない、といって周りに頼っていい。
    聞きなれたような言葉でも、鹿野さんが言うと全部違って刺さった。生き様がしっかりとその言葉たちを証明してくれていて、改めて沢山のことを鹿野さんが気づかせてくれた。

  • 3.8

    Purinさん2020/07/10 09:15

    鹿野さんの自分の全てをさらけ出しながら、強く前を向き生きていく姿と、その彼を支え喧嘩しながらも絆を深めていくボランティアの皆様の姿に泣かされます。

    鹿野さんのご自身の過酷な人生に真っ正面から向き合う強さと努力にはただただ尊敬の念しかありません。

  • 3.6

    ogakkosanさん2020/07/10 06:59

    序盤 こんなわがままでいいの!?って思っていたのに 徐々に慣れて(笑)
    前向きさに感心していた。
    彼の生き方に回りが励まされてたのかも知れない。
    医者に言われた寿命の倍は生きたのは凄いが ボランティアの存在あっての事だと思うと感謝しかないでしょう。
    もっと生きかたっただろうなと思うと 普通に過ごせる毎日を大事に生きなきゃと思った。

  • 3.6

    yutsakさん2020/07/10 01:07

    憎たらしいところもあるけど、一生懸命生きてる姿で人を動かす鹿野さんが素晴らしかった。実話ということで、本当はもっとワガママっぽかったのかな。それとも、もっといいところもたくさんあったのかなって思ってしまった。

  • 3.7

    あむさん2020/07/10 00:43

    2020/07/08 夜(半分まで)
    2020/07/09 夜 2回に分けて 初見鑑賞

    この作品はずっと気になっていたので、鑑賞出来て良かったです。
    実話と言うのがまた…病気物の実話は胸が締め付けられますね( ´・ω・`)
    筋ジストロフィーはとても過酷な病気ですよね。【 1リットルの涙】から初めて知って、色々と自分なりに調べた病気です。脊髄小脳変性症とは少し違うのかな?

    【1リットルの涙】はDVDBOXを持っている程に大好きな作品で、多分、過去一番涙を流した作品だと思います。
    今でも何度鑑賞しても、絶対に涙無しでは観られません。
    いつか必ず…意識はあるのに、身体が自由に動かせなくなる日が来るなんて…惨過ぎます。。。想像しただけで胸が痛い(;_;)

    どうしてこんなに悲しい病気があるんだろうと、苦しくなります。
    自分が病弱な事もあり、下を見ている訳では無いですが、苦しんでいる人は沢山居るんだと痛感させられ、前を無かなくてはと、そんな気持ちにさせてくれました。

    今作は難病が題材ではありますが、〝大泉洋さん〟が演じていらっしゃるので不思議と暗くなり過ぎないように描かれているように感じました。
    (最近、大泉洋さんの作品沢山観てるな!笑)

    原作を知らないので、多くは語れませんが、ノーマライゼーションの本質に触れているメッセージ性の強い作品だと感じましたので、是非とも沢山の方の目に届いて欲しいです!!!

    病気に対する偏見や、現実を作品を通して、触れた事の無い方や、知識の浅い方、聞いた事も無いもいらっしゃると思いますし、そう言った知らない方が、こんな苦しい病気があるんだと言う事に気付けたら、こう言う方々の人生もより少しは救われるのでは無いかと思います。(言い方が見下して聞こえたらごめんなさい。そんな気持ちは微塵もございません!)

    当事者でも無い、他人が言うと綺麗事かもしれませんが、ご本人だけでは無く、ご家族も、見守る周囲の方もとても苦しい病気です。
    看護師の母が昔【1リットルの涙】を一緒に鑑賞している歳に「こんなに綺麗な病気では無いよ」と言っていました。勿論、悪い意味でと言う訳では無く、現実ではもっともっと過酷だと言う事だと思います。
    目も当てられない事も多いと聞きました。

    ※以下、本編ネタバレ含む可能性有り⚠️
    (これから観るよって方は回れ右でm(__)m)

    そんな中でも、冒頭ワガママで傲慢だった鹿野さんが、美咲ちゃんにズバッと言われてから、その後も美咲ちゃん達と沢山の時間を共にし、関わる中で、人の事を想い、終始コメディ調ではありましたが、素直に人に感謝を伝えられる様になるストーリーとても素敵だなぁと思いました。
    最後の鹿野さんと美咲ちゃんと田中くんで語り合うシーンとお母ちゃんへのお手紙のシーンではウルウル来ました。
    でも、逆に病気を題材にしているにも関わらず、ここまで終盤まで涙ぐむ事も無く、見届けられた事の方がビックリ。その位に明るく描かれていました。

    自分の運命を分かった上で生きるのは、死ぬより辛いのでは無いかと思ったりもします。それでも、明るく在り続け、最期は家族の事も気遣える、鹿野靖明さんと言う方は素敵な方だったんだろうなぁ。

    夢は叶わなくとも、述べ500名を超えるボランティアの方が集まり、彼の人生を支えたと言うのは本当に彼の人柄だと思います。

    自分が如何に恵まれているのか、マイナスマイナスに考えず、自分の足で地を歩けている事に感謝したいと思います。

    しかし【こんな夜更けにバナナかよ】と言うユニークなタイトルに惹かれましたが、冒頭にあったボランティアスタッフさん(多分、美咲ちゃんなのかな?)が感じた事が由来だとかで…そこまで本編には関係無かったような?と。「バナナを食べたい」は一回キリでそれ以降一切バナナには触れられなかったので(ᯅ̈ )
    自分も何となく今日バナナを買って帰って来てしまったのにっ ̫ -˘
    せっかく夜更けに観たのに、一緒に食べられるシーンは無かったのが残念です!笑

    あとは個人的に高畑充希さんの演技が、どうしてもどの作品も同じに感じてしまうので…うーん。書籍の方が感情移入は出来るかなぁ?難しい問題ですが、田中くんも学生ですしね。何とも…重たい題材ですから仕方の無いことですが、あまりスッキリ!とはいきませんが、この類の中では、気持ち楽に鑑賞し切る事が出来ると思います◎

    また、死に至るシーンで感動を呼び込むと言うか、お涙頂戴が無かった事が、こう言った題材の物語には珍しく新しいなぁと思いました!お手紙も鹿野さんらしかった。

    沢山の病気への偏見が減り、車椅子の方が街中にみえれば、誰もが当たり前に押してあげられるような世界になると良いなぁと思うので、是非オススメしたいです(* ᵕᴗᵕ ))

    今日は3本!明日で今週のお勤めや学校等、大半の方が終わりですかね( ᷇࿀ ᷆ و)و
    明日、土日と映画沢山観るぞーっ!
    レンタル返却期限までに間に合って良かった✌︎❤︎(まだ【SAW2】が残ってるけど…)

    明日も頑張りましょう‪𓂃 𓈒𓏸◌‬
    それでは、おやすみなさい( ˘꒳˘ )♡♡

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る