お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ああ栄冠は君に輝く

G

孤高の人-加賀大介を支えた妻道子。そこには家族の物語があった。

2018年夏、第100回記念大会を迎えた高校野球選手権。大会歌は「栄冠は君に輝く」の作詞は、加賀大介(石川県根上町出身)でした。大介は1914年に中村義雄として、農家に生まれました。16歳の時、裸足で野球をしていて、右足指先をけが。治療を怠ったことで、右ひざから切断することになる。絶望の淵に落ちた義雄は、やがて文芸の道を目指し、”投稿生活”を始めたのです。「加賀野短歌会」を主宰し、昭和20年太平洋戦争が終わり、戦後民主主義のなか、演劇活動を始める。そのころ、運命の女性が登場します。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-07-17 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

ああ栄冠は君に輝くの評価・レビュー

3.2
観た人
6
観たい人
6
  • −−

    シデンさん2020/05/28 22:07

     あの名曲に纏わる物語。映画になっていると最近知ってAmazonで鑑賞。

     しかし…。劇中の時代考証はどうだろう。特に野球のシーンなんか罪が深い。製作側の意気込みなどこの程度なのかと落胆してしまった。この程度の作品は世に出すべきでは無いと思ったほど。

     ナレーションに仲代達矢、そして、この歌を加藤登紀子。ここで製作費を大きく使ってしまったのかと思うほど。

     わざわざ映画にせずとも、どこかのテレビ局が作り上げた方がよほど楽しめたのではないか。あの名曲に失礼だと思った。

  • 2.5

    lgKaoringさん2018/10/11 00:24

    高校野球で70年間歌い継がれた「栄冠は君に輝く」の誕生秘話と家族の物語。

    いい話だし、作り手の意欲は感じられる。
    だけど、いかんせん地味過ぎる。

    無名塾のメンバー総出であろうとも、あまり存じ上げないキャストばかりでハマれなくて…ごめんなさい…

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す