お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ご注意ください

本コンテンツはVIERA、BRAVIA、REGZA、PS4、Android TV、Fire TV、Apple TV(※)でのみ購入・視聴が可能となります(購入はクレジットカード決済のみ)。ご了承ください。(※FireTV・Apple TVは視聴のみ)

古畑任三郎(第2シリーズ)【FOD】第3話 ゲームの達人

G 46分

 高級住宅街の一角、人気推理作家の花見祿助(藤村俊二)の書斎で花見と友人の医師・乾研一郎(草刈正雄)が静かに話し合っていた。妻・常子(一色彩子)の不倫を乾に打ち明ける花見。しばし考え込んだ後、乾は「このまま離婚するのはどうか?」。花見に偽装自殺を持ち掛けるのだった。
 翌日、おもちゃのピストルを持って花見を訪ねた乾。本物と思い驚く花見だが、おもちゃと聞いて安心した様子。常子は風邪でベットに伏せていた。乾をベットに引き寄せようとする常子。常子の不倫相手は、乾だったのだ。
 三人で夕食を取っていた時、家政婦の亀井(松金よね子)が電子レンジを使ったためブレーカーが落ち、室内が真っ暗になるアクシデントがあったため、亀井は注意を受けた。

 「先生の様子がおかしい」と、花見からの電話を取った亀井から遊戯室にいた乾は呼ばれた。二階の花見の書斎に駆け上がるとドアは内側からカギがかかっていて、「開けてください」と乾が叫んだ直後、室内から銃声が。乾は、亀井にカギを取りに行くよう命じ、その間に常子の首を絞めて殺害した。
 花見の書斎のカギを開け、部屋に入ると額には真っ赤な血のりのメーク。救急車を呼ぶよう亀井に指示し、部屋から出した。ワープロで書いた遺書に署名がないと乾が指摘した直後に、またブレーカーが落ち、室内が真っ暗に。その薄明かりのなか、乾は自分が持ってきたピストルで花見を射殺する。
 登場した古畑任三郎(田村正和)に、乾は常子との関係をふてぶてしく打ち明ける。花見の妙な習慣と再三の停電から古畑は推理を巡らす。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:関口静夫 演出:河野圭太 制作:フジテレビ,共同テレビ
公開終了日
2022-03-31 23:59:59
制作年
1996
対応端末
公開開始日
2018-09-01 00:00:00
シェア
お気に入り
非対応デバイスです
この端末からは購入/再生できません

警察・刑事・探偵国内ドラマランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

俳優・女優で探す

キーワードで探す

ランキングで探す