お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

トイ・ストーリー4 本編

G
  • 吹替
  • 字幕

大人も夢中になるシリーズ史上最大の感動アドベンチャー『トイ・ストーリー』シリーズ第4弾!

“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは、ボニーのお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。フォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる冒険だった。ウッディが目にする新たな世界とは?ウッディやバズら仲間たちの新たな旅立ちと冒険を描く「トイ・ストーリー」史上最大の感動アドベンチャー。

※こちらの本編は、字幕でも吹き替えでもどちらでもお楽しみいただけます。

お得なパック(2)

詳細情報

原題
TOY STORY 4
関連情報
製作:ジョナス・リヴェラ,マーク・ニールセン 音楽:ランディ・ニューマン
作品公開日
2019-07-12
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2019-07-12
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-09-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

アニメーション洋画ランキング

トイ・ストーリー4 本編の評価・レビュー

3.8
観た人
116758
観たい人
62097
  • 5.0

    KSさん2021/12/04 23:02

    可愛くて切なくてほんと良かった
    メインは見向きもされないおもちゃと必要とされるゴミとの対比
    これにより今までの「おもちゃ」という世界観が今作は「物」にまで広がっている
    このテーマ選択がとにかく素晴らしい
    ただ脚本が乱暴
    おもちゃ達が全然潜まなくなってる

  • 3.9

    ざぼさん2021/12/04 13:39

    友人から賛否両論ある映画と前置きがあってからの鑑賞。言うほどか?むしろ賛成しかないんだが、と思ってたらそういう結末でしたか。。まぁ結論含めて個人的にはハッピーな映画だったので万事OK。

    バズ・ライトイヤーの単独映画が来年7月に公開なんですね。楽しみに待ちます。

    P.S.
    年初の目標眺めてたら、今年中に通算300本の映画を観ると書いてあったので、1日2本ペースで巻き返していきます。

    「Yes We Cenada!」

  • 3.8

    suamaさん2021/12/04 02:56

    トイ3でボニーはアンディにウッディを大事にして的なこと言われてたのに…
    なんか最初ら辺のボニーにイライラしたしウッディの扱い酷すぎた
    終わり方はトイ3の方も好きですが今作も良かったです
    (最初の方のボニーの違和感除けば良かった)

  • 4.2

    にのぽさん2021/12/03 20:11

    アンディのことが忘れられなかったウッディが、最後持ち主に縛られない道に歩み出したことが印象的だった!

    バズの最後の一言と、ウッディの行動には大人になった今でも勇気づけられた気がする

  • −−

    ダさん2021/12/03 14:59

    全編通してずっと泣いてしまった…
    最初は自己肯定感とかの話かと思ったけど、どちらかというと価値観の違いや、自分の在り方を受け止める話かな?と思った。
    バニーとダッキー可愛すぎる
    トイストーリーが完結したんだな〜としみじみと感じた。素晴らしい締めくくりだったと思う。

  • 4.0

    みなさん2021/12/02 19:57

    いろんな意見がありますが、私はトイストーリーの中でこの作品が一番好きです。

    ラストシーンに「あぁ、これを見てがっかりした子どもたちが、いつかこの結末を素敵だと思える大人になるんだなぁ」と思って、ほっこりしました。

  • 4.0

    ソニョンさん2021/12/02 05:11

    子どもは大きくなる

    その中でのおもちゃ達の葛藤
    また使ってもらえたら、おもちゃ達にとっても本望かな

  • 4.5

    風来のリヨナさん2021/12/01 12:30

    内なる声を聞いてみろ。
    無事ボニーちゃんに引き継がれたウッディたち。しかし、当のウッディはクローゼット待機が多くなりヤキモキしてる。そんな中、ボニーちゃんの体験登園が、心配で居ても立っても居られないウッディはこっそり鞄に忍び込んで同伴。ウッディのサポートもあり無事楽しく一日を終えたボニー。彼女がその時間に作り出したのはゴミで作ったフォーキーなる人形。
    正式な入園までの一週間に遊園地へ行くことになった一家。フォーキーは完全にボニーのお気に入りなんだけど、当人は自身をゴミと認識しており。率先してゴミ箱へ身投げする。面倒見してるウッディはついに車から飛び降りたフォーキーを追って道端へ離脱。何とか心を通わせて遊園地に辿り着いた2人。近場のアンティーク店に見覚えのあるランプ。かつてのウッディの友人ボーを探して入店するんだけど…みたいな。
    前作までがおもちゃの総体の話なら、今作はウッディという個の話なのかな。全体にめちゃめちゃCGのクオリティが向上してて映像美が凄い。お淑やかガールだったボーがめっちゃかっこいいコンバットガールになってたのは笑った。

    個人的に気に入ったのは、ハイタッチスルーされる人形と、内なる声を連打するバズ、怒りを堪えるパパです。

  • 3.6

    Junikさん2021/12/01 03:20

    過去三作品は子ども目線が多めだったのに対して、今作はより大人向けなのかな、3を子どもの頃見てた世代をターゲットにしてたりするのかなと思った。大きく違ってるポイントだと思う。

    多様性が拡張していく中で、今どきのトイ・ストーリーになっていたし、アップデートをディズニー、ピクサーはしたかったのかなと。

    男の子はヒーロー、女の子はプリンセスみたいな男女のステレオタイプや、高価で高品質なものほど素晴らしいのではなくオリジナリティだったりクリエイティビティの発露もまた素晴らしいという目線だったり、
    あるいは籠の中に閉じ込められているようでもあったお姫様は、外の世界を知ってたくましく生き抜いていっている様とか、
    一見完璧なことが価値があるかと思いきや、それが刺さらない人も、刺さる人もいる。

    報いのない忠誠心や常識で自分をゆっくり殺してしまうよりも、心の内の声に素直になることも救いになる、とか。

    なんとなく思ったことをつらつらと書いてみた。


    レビュー冒頭で今作はより大人向けだとか言ってるけど、今時分の子どもは、こういう感性も持ち合わせているのかもしれないなあ。

  • 5.0

    雪さん2021/11/30 22:56

    カナダの映画館で鑑賞。英語がよくわからなくてもディズニーは十分楽しめる!!
    "Yes, We Canada!"

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました