お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

トイ・ストーリー4 本編

G
  • 吹替
  • 字幕

大人も夢中になるシリーズ史上最大の感動アドベンチャー『トイ・ストーリー』シリーズ第4弾!

“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは、ボニーのお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。フォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる冒険だった。ウッディが目にする新たな世界とは?ウッディやバズら仲間たちの新たな旅立ちと冒険を描く「トイ・ストーリー」史上最大の感動アドベンチャー。

5月12日までディズニーGW・フェス2021キャンペーン中のため、レンタル価格【高画質】220円(税込)/元値550円(税込)、【標準画質】220円(税込)/元値440円(税込)でご利用いただけます。(お一人様何度でもご利用頂けます。)※こちらの本編は、字幕でも吹き替えでもどちらでもお楽しみいただけます。

お得なパック(2)

詳細情報

原題
TOY STORY 4
関連情報
製作:ジョナス・リヴェラ,マーク・ニールセン 音楽:ランディ・ニューマン
作品公開日
2019-07-12
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2019-07-12
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-09-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

アニメーション洋画ランキング

トイ・ストーリー4 本編の評価・レビュー

3.8
観た人
106300
観たい人
62207
  • 3.4

    るさん2021/05/06 10:06

    これが1番良い終わり方なのはわかるけどどうしても受け入れたくない

    アンディからしたらボニーを信頼してウッディたちをあげたのに失くしたことにしかならないしバズたちとも離れ離れで嫌だ

  • 4.0

    aさん2021/05/05 22:45

    おもちゃたちの冒険譚健在。ただ所々製作側の意思が見え隠れする部分も。個人的には嫌いじゃないが一つだけ言えるのは、トイストーリーとともに成長してきたわれわれの子供時代が終わったこと。寂しいがウッディ同様前を向いて歩まねば。

  • 3.8

    ゆうさん2021/05/05 13:41

    トイストーリーだいすきで3の終わり方が好きだった。4は期待しつつも不安になりながら鑑賞。

    私はみんなで一緒に暮らして欲しかったので、
    4の終わり方はあんまり……派でした。
    友達に聞くと、「これが最高の終わり方だよ!」と言われたので賛否両論あるっぽいですね。

    改めてみたら感想が変わる気がするので、また見たいと思います!!

  • 3.7

    scbeさん2021/05/05 10:45

    おもちゃが動き出す物語、シリーズ第4弾

    おもちゃ側に立場を置いて考えさせられる本作。
    シリーズ化され、今回で4作目だが、どれもおもちゃの心情を上手に表現している。

    いつものようにギャグにさえ、子どもだけではなく、大人も楽しめる内容だ。

    私だけか分からないが、いつもと違う世界線を感じ、それはまた現実なんだなと感じた。

    あとグラフィックのレベルは高い。

  • 3.4

    taroさん2021/05/04 23:02

    アンディからボニーの元へ移ったウッディたち。おもちゃベテランのウッディはついつい老婆心からお節介をしちゃう。はぐれおもちゃとなり、すっかりレジスタンスみたいな生命力の高い女性になったボーと出会い、、ウッディはどんな選択をするか。

    トイストーリーってこんな話だっけ??おもちゃってなんなのかな。なんかおもちゃの言葉が普通に人間にも通じちゃってるけど。3で綺麗に終われたはずが、なんで4までやっちゃったんだろう。でもおもちゃたちのドタバタ劇と掛け合いはやっぱり面白い、バイクの人とか、あとホラーみたいな感じもある笑

  • 4.2

    ちよみさん2021/05/04 22:24

    はっきりと感じられたことは、今作は公開当時96年に子供だった人たちに向けて作られている。

    1の公開は96年、おもちゃで遊んでいた子供の時期に
    3の公開は10年、おもちゃを卒業し大人になった時に
    4の公開は19年、まさに社会の荒波に揉まれている立派なおっさんとおばさんになった当時の子供達に向けた映画だった。

    テーマは主体的な生と愛の人生讃歌の映画。

    感動の装置設計としてはシン・エヴァと似ている。
    エヴァが95年、トイストーリが96年、重ねた時の重さも同じくらいなので当然か。

  • 4.3

    minoriさん2021/05/04 21:59

    ずっとずっと観たかったトイストーリー4。
    トイストーリーの仲間たちはいつも誰かを思い合っていて温かい、改めてそう思える作品でした😌ラストは想定外のまさかの展開でしたが、ウッディの過去とこれからの新しい未来を想像していたら思わず涙が出てきました。この映画に関しては賛否両論ありますが、おもちゃたちが幸せになれるなら、もうそれで十分です😢

  • 3.7

    EriMaekawaさん2021/05/04 21:38

    終わり方が意外。女性の自立とかそっちについていきますとかジェンダー意識してます感を強く感じちゃって残念。

  • 2.6

    kurokawaさん2021/05/04 17:29

    なるほど、これはなんとも言えない。
    個人的に3は好きではないが、アンディとウッディーの別れには意味があった。
    しかし、ウッディーは新しい持ち主ボニーとの暮らしでもいつまでも一番でいられるわけではなく、新しい一番であるボニーの手作り人形フォーキーをサポートしていくわけだが…うーん、こういう展開になるとは思わなかった。
    そういうわけじゃないんだろうけど、子どもはオモチャを雑に扱う裏切る、だけどもオモチャを必要としてる子どもはたくさんいるって感じられちゃって、これまでのシリーズを観てきた身としては蛇足だったなぁ、と。

  • 3.7

    Reaさん2021/05/04 00:51

    映画としては面白いけど好みじゃない
    一年に数本あるなかなか自分の心がまとまらず、レビューが書けない作品でした

    ボニーに貰われたウッディが新しい仲間のフォーキーや懐かしのボーと一緒に冒険する話
    持ち主の一番じゃなくなってしまったウッディが苦悩している姿が印象的だった
    遊んでもらえなくなって自分自身の存在意義に悩んで中盤の「俺にはもうこれしかないんだ」というシーンは本当に胸が痛くなった
    あと映像美は本当に最高
    木の質感とか汚れた感じとか映像技術が3よりもさらに飛躍的に進化してた

    ラストの展開は好みじゃない
    3であんなに綺麗に終わったので4を作るならこういうストーリーでこういうオチになるのは理解できるけど受け入れられない
    PIXARの最近の作品は子供も大人も楽しめるのが続いてたけど、今作は大人が楽しめるにかなり比重を置いてるんじゃないかな
    「遊んであげないとおもちゃがどこかに旅立ってしまうかも」って子供が見たら思ってしまいそう
    確かにウッディの決断は非常に現代的で彼の才能が発揮できないあの場所に残るべきだったとは言い難いのだけど、、、
    1が25年近く前の作品で4を見るのは大人が多いって判断なのかもしれないけど、「おもちゃ」みたくいつでも待っていてくれる存在として世界のどこかであのおもちゃたちが和気あいあいとしているかもってのは壊してほしくなかったなぁ
    あまり仲間っていうのを意識させないために、旧作からのキャラの登場が少ないのも不服だし、バズが明らかに退化してるように見えるのも不服
    そして今作のような別れをさせるならもっとゆっくり時間をかけてお別れしてほしかったなぁ
    せめてウッディから全員の名前ぐらい読んでほしかった

    ウッディが人間なら今回の選択は大いに応援ができるのだけど、おもちゃのウッディがあの決断をするのは受けいれられないかな

    2021年32本目

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す