お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

デッドウォーカー・インフェルノ

G
  • 字幕

人間が襲われる地獄から脱出しろ!!

ハメを外して遊ぼうと人里離れた山奥のキャンプ場へやって来た特殊部隊出身のダンと仲間たち。大勢の人々がいる中で、大人の色気を醸し出す女性リーンに好意を抱いたダンは、仲間たちと楽しいひと時を過ごしていた。一夜明け、激しい頭痛で目が覚めたダン。二日酔いとは違う痛みに違和感を覚えたその時、背後からけたたましい悲鳴が轟いた。目を向けるとそこには、ゾンビ化した男の餌食となった女性の姿が!その後、どこからともなく姿を現し増殖し続けるゾンビの群れに襲われ、犠牲者が増え続ける中、ダンやリーンたちは“ゾンビ撲滅”を掲げ、あらゆる武器をかき集め、果敢に立ち向かうことを決意する。果たしてこの危機から無事に脱出することは出来るのか!?

詳細情報

原題
CAEDES
関連情報
製作 編集 スラヴィカ・シュピオニャーク:撮影 ニック・ムッセル:音楽 トレヴァー・コールマン
音声言語
ドイツ語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
ドイツ
対応端末
公開開始日
2019-10-01 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

デッドウォーカー・インフェルノの評価・レビュー

2.3
観た人
274
観たい人
94
  • 2.3

    例外さん2021/06/04 03:50

    週末の楽しいキャンプに出掛ける、一見チャラくておバカな大学生集団然とした主人公達。キャンプ場に着いて女をモノにしたり出来なかったりとめいめい楽しそうに過ごしていたと思いきや、次の日の朝目覚めたら結構サッサとゾンビに囲まれていた。バタバタとみんな食われて行くのかと思いきや、サクサクとゾンビを倒して回っており、どうも様子がおかしい。それもそのはず、おバカ大学生に見えた彼らは特殊部隊出身だった。この辺りのスピード感は好き。キャンプ場でわりと楽しそうに過ごしちゃう所もノホホンとして良い。最後のナチスのくだりはお喋りが多くてかったるかったけど、全体的にユルくて和む。主人公のダンは女の趣味が渋くて好感が持てるね。
    1番驚いたシーンは、リーンが尻出して男どもと一緒に立ちションしてた事。私も子供の頃やろうと思った事があるけど、あれ服にかからない?

  • 2.0

    chazmaさん2021/05/26 16:11

    低予算B級ドイツ映画を見たかったので良かったです。

    かなりスリムな特殊部隊出身の若者が近接格闘術以外の軽業でゾンビを倒したり、道すがら小突いたりします。
    むしろ女性キャラの方が骨太いや無論、良い意味で。

    怖がらせようとする演出が全く受けられなかったのは好感触
    もっと真剣にバカっぽくなってても面白かったと思うのは個人の好み。

  • 2.3

    miaさん2021/02/27 13:09


    ✔️ なんか思ってたのと違うけどちゃんとB級。

    ✔️ 謎のベジタリアンゾンビと無駄に強い主役だった。

  • 4.0

    ちたんさん2021/02/25 22:40

    アクションシーンがよかった
    テンポよく話が進むしほどよく頭がおかしくてよかった
    狂った状況で生き残るにはある程度頭がおかしくないといけないんだな

  • 2.1

    bibliophageさん2021/02/25 16:37

    キャンプ場でおじさん、おばさんがパーティ、目覚めるとみんな倒れていて、だんだんとゾンビ化して襲ってくる。どうやら、そのバックには恐ろしい黒幕が居るようで...ドイツ映画。となればボスキャラは…

    何か、見たいものと違う気がします。殴った時「ボコッ」っていう音がチープなのが気になります。

  • 2.5

    ゆゆゆさん2021/02/16 23:43

    森の中にあるキャンプ場でキャンプを楽しむ人々。朝 目を覚ますと途端にゾンビが襲いかかってくる。逃げ出そうと外へ走るも、何者かに包囲されており 一定距離進むとどこからか撃たれてしまう。
    このゾンビ達は何なのか。果たして無事脱出することはできるのか、というお話。映画『デッドウォーカー・インフェルノ』

    しゅぱしゅぱ死にます。ばしばし殺します。グロ描写もバッチリ。

    頻繁に笑いを挟んだコメディ、いわゆるB級的な映画。けど そのコメディ要素とか あらすじとかもおもしろかったと思う。

    前半の加速がすごくて 後半はちょとマンネリ、アクションぽくなっちゃったのは残念。
    気軽に何も考えずゾンビモノ観たい!って人にはオススメ

  • 2.0

    アルファさん2021/02/08 16:41

    特殊部隊出身の主人公らはハメを外そうと山奥へキャンプにやって来る
    そこで待ち構えているものとは…
    ゾンビを殴るのに救う女性に色目を使ってるしアレ必要か笑
    小人のオッサンをそんな目で見るんじゃない笑
    ナチスとゾンビって処刑山を思い出す
    笑いとツッコミのBゾンビ映画です

  • 3.1

    Bluebirdさん2020/12/08 01:15

    なかなか面白かった。

    コメディ要素は強い。
    結構グロい。

    主役級の見分けはつかない。

    黄色い人の身のこなしが好きだった。

    ドイツ語のゾンビ映画は初めて見た。

  • 2.1

    がっちゃさん2020/12/06 09:32

    パッケージのシリアスなゾンビ映画っぽいのに打って変わって中身はコメディ映画。
    草食系ゾンビは新しい。
    みんなゾンビに慣れるの早すぎ戦闘力高すぎ笑
    ゾンビ映画として観るとアカンかも…
    そこそこ楽しめました。

  • 2.8

    スコーピオン大統領さん2020/11/30 23:32

    ヨーロッパゾンビ巡り⑩
    【ドイツ編】

    本当は前々回でレビューした『黒騎士のえじき』とのカップリング『メサイア・オブ・デッド』も入れて【イギリス編】で終わる予定だったんだけど、まさかの『メサイア〜』がアメリカ映画だったんで急遽追加した1本。
    何か『メサイア〜』スペインぽいジャケだったのよね笑

    ストーリーは森にゾンビが出るやつ。

    アクション映画の『デンジャラス・ミッション』然り、ワニ映画の『グリード』然り、ドイツ人は映画にギャグを入れないと死ぬ病か何かなんか?

    そう書くってことは本作も御多分に洩れず、かまされるギャグは2秒ぐらい経ってから、あ、それボケね、てわかるやつ。くそー、ジャーマン・ギャグは難しいぜ!

    後ビックリするのが、インド系が普通に出てくること。移民が多いとは聞くけど、そっち系も多いのだろうか?敵さんはトルコ人と間違ってたけども笑
    そういや『デンジャラス・ミッション』も半分以上アジア人だったし、監督とか出演者が同じなのかな?と思って調べたら全然かすらない!何なんだドイツ映画界!!

    ということで、割と華麗なカンフーを披露しながらゾンビを倒すのは良いんだけど、後半明らかになる特大ボケが全く笑えず、むしろ何も解決せぬまま終わったことに関しては、監督に小一時間ジャーマン・スープレックスを食らわせたいと思う。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す